rural_am00g
久々に夢を見た。しかもオチ付きの夢だったので、起きても強烈に記憶していた。しかし、今振り返って見ると、オチはもう忘れてしまった<ヲイ!
内容は自分が小学生高学年ぐらいで、学校のみんなで遠足に行くというもの。ところが記憶は今のままで、そしてクラスメイトもごちゃ混ぜ。当時の小学生の同級生もいれば、大人になってから知り合った人もいるし、中学・高校時代の人もいる。とにかく今までの人生で出会った人たちがごちゃ混ぜなのだ。でも見た目は小学生。みんな小学生。なので容姿もけっこう違うんだけど、何故か誰か解るんだよね。
で、行った先ってのがよく解らないんだけど、蒸気機関車で巡るんだ。
山有り、湖有り、海辺有り、かと思うと色んな博物館を巡る。
恥ずかしいのが、片思いだった子とか出てくるんだよね。んで、ムリヤリ話しかけたりしている痛い自分がいるんだなこれが。で、何故か最後、汽車が動かなくなって山の中に取り残されるんだよね。で、みんなで協力し合いながら山を下りていくんだけど、このあとがオチにつながっているが、今はもう憶えていない。
結局、汽車が待ってて、山も降りることも行事の一つだったか、山を下りると現実に戻って、博物館とかそんなのはなかっただったか、なんかそう言う様なオチだったと思う。

最近、夢を見ていなかった(正確には、見ているんだけど覚えてない)ので、なんだか夢を見るということ自体が新鮮で面白かった。かつてボクの見る夢というのは世界は一つで、まったく違う夢を見ていても、「この道はあそこにつながってるんだよ」とか「ここを抜けると、前に夢見たあそこだな」なんていう感じで色んなところがつながっていたんだけど(実際はそう思い込んでいるだけかも知れないけど)、大人になってから見る夢は一つ一つが単発で、過去見た夢とまったくつながりがない。これって何かボクの脳の思考や記憶に変化が出たのか、それとも衰えたのか……とにかく何か変わったのかなぁなんて思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。