福籠と鯛焼き

仕事納めの日。世の中は、27 日が仕事納めだったようなのだが、我が社も実は 27 日だった。が、一部が 30 日まで。で、残っている社員と一緒にフラリとご飯へ出た。行ったのは、福籠(過去の記事はこちら)。味噌ラーメン屋、とボクは思っているが、実際は醤油も塩もある。
ただ噂では北海道の味噌ラーメン「すみれ」譲りだという。

今回は辛味噌を頼んでみた。

出てくると、辛味噌は別皿であった。
味は悪くないというか美味しいんだけど、やっぱり脂が多いんだよねー。おかげで途中で飽きてしまう。どうしても油の味が先に立ってしまうため、口の中で飽きが来てしまうのだ。生姜を上手く使えばいいんだろうけど、ボクにとっては少ない。もう少し生姜が多ければ途中で味が変えられるのになぁ。
そこで辛味噌である。

これ、最初はなんてことないんだけど、あとからけっこう来るね。
でもおかげで飽きずに食べられるし、別皿なので辛さを調節できるのがイイ。でも結局全部入れてしまったw 一緒に食べに行った会社の人に少しスープを飲ませたが、辛すぎると言われてしまった(^^;

あぁ、北海道のすみれも食べてみたいなぁ……。
1312300273 1312300276

 

鳴門鯛焼本舗

浅草橋には鯛焼き屋がなかった。1/2 summer を作っているとき、原画家さんからよく「鯛焼きを食べたい」と言われたのを思いだした。浅草橋にはなかったので、冷凍の電子レンジで温めて食べるヤツを差し入れしたのも思い出した。
あれから 2 年、浅草橋に鯛焼き屋がやってきた。「鳴門鯛焼屋本舗」というお店。最近色んな所に出来つつあるらしい。で、このお店、できたばかりの頃は大行列だった。今日はもう行くの 4 回目くらいなんだけど、流石に並んでいなかった。
金時とあんこを一つずつ頼む。

ここの面白いところは、包装の蓋を開けておくことだ。持ち帰るときに、店員から言われる。蓋を閉めてしまうと、水蒸気で衣がふにゃふにゃになり、おいしさが損なわれるとのこと。冷めるのは早くなってしまうが、蓋を開けたまま持って帰れば、パリパリの衣が保たれる。
中はもっちもち、外はパリパリな、なかなかイイ食感の鯛焼き屋さんなのであった。
131230DSCF5791 131230DSCF5794 131230DSCF5796

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。