レスポンシブ デザインのめんどくささ

今回はレスポンシブ ウェブ デザインの話。レスポンシブ ウェブ デザインって何かっていうと、一つのデザインですべてのプラットフォームとブラウザに対応することである。つまり PC でアクセスしてもスマフォでアクセスしても、同じデザインで出力される……というわけではなくて、一つのデザインしか定義してないんだけどそれで PC でもスマフォでもちゃんと表示されることである。

今やっているスマフォのゲームも最初、レスポンシブ デザインで作っていた。
このレスポンシブ デザインの肝は簡単に言ってしまえば%で作ると言うことである(ぁ
どういうことかというと、例えば 2 段組をするとき、全体幅が 1024 ドット、左側がメイン コンテンツで 640 ドット、右側がメニューとかで 384 ドットにしよう……ってのが今までの作り方。
レスポンシブ ウェブの場合は、全体幅は 100% で作り、本文左側は 62.5%、メニューとかの右側は 37.5% にしようってこと。そうすればどんな機器だろうが割合で区切られるので、それらの機器に従った大きさになる。
これはレイアウトだけでなく、画像の大きさに至るまで何もかも%で指定する。

ところが、この作り方には二つの欠点がある。

  • 文字の大きさは変わらない
  • ドット単位の微調整は不可能

ブロック要素や画像などは画面の大きさに従って勝手に変わってくれるのだが、文字の大きさはそれに追随してくれない。なので細かいディスプレイに出しても、荒いディスプレイに出しても同じ大きさ(ドット)で表示されてしまうため、要素の中に表示される文字数が変わってしまい、結局レイアウトが乱れる。
これはディスプレイの画素数と CSS ピクセル比ごとに文字の大きさを定義しておく必要がある。
さらにゲームではインターフェースに凝るため、ドット単位でのボタンやゲージ(メーターやプログレス バー)などの表示が必要となる。ブラウザは小数点第三位くらいまでの%値しか見てくれず、ドット単位での微調整はできない。これの回避方法は、ドット単位で組んだあと、Javascript や CSS の ZOOM を使って最適な大きさに表示するのだが、iOS の Safari などでバグが発生し使えないことが多い。これに関しては、まだボクの中では特に解決策は見いだせていない。
今回はドット単位で調整が必要なところは、合成した画像を変化する種類分作って対応するというわりと原始的な方法で回避した(^^; どういうことかというと、下地があってその上にボタンをドット単位で並べなければいけないような場合、下地とドット単位で並べたボタンを合成してしまい、どのボタンが光っているかというパターン分の画像を用意することによって、ドット単位での調整をしなくて良いようにした。ただこの方法は、パターンが膨大にある場合は使えない……。

まぁ、一番いいのは Javascript の ZOOM である。コイツさえ正常に動いてくれれば、レスポンシブ デザインは一気に楽になる。何故かというと、ドット単位で自由に作れるからだ。従来の作り方のように、例えば全体幅を 1024 ドットとか 640 ドットとかと固定して自由にレイアウトした後に、Javascript で機器のディスプレイの大きさに合わせて拡縮するようにすれば楽ちんなのである(爆。

他にも Table を使うのが難しかったり、横幅を必要とするモノがどうしてもスマフォなどだレイアウトが崩れてしまったりなど、一つのデザインで様々な機器に対応するのは一筋縄では行かない。TAMA Networks も燃費なんかの表の部分や、説明付きの画像の場合はスマフォで見ると崩れてしまう。
この辺、何とかしたいなぁと思いつつ……。
写真はこの日食べたもの。バーガーキングのブルーベリーのハンバーガーと、秋葉原の万豚記。

1412080730 1412080731 1412080737 1412080740 1412080741 1412080747

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。