ムービーメーカーの HDD の食い方が尋常じゃない

ドラレコを装備してからと言うもの、旅行に行くたびにその記録をとってある。ただそのままだと巨大なので、720pH264 にリエンコードしている。TAMA Networks でどっか行くたびに動画が貼られるのは、ドラレコのものである。
ドラレコは 1080p で録画され、5 分で 460 ~ 500MiB の容量を必要とする。32GB の SD カードには、約 5 時間録画できる。なので旅行などの場合は運転時間が 5 時間近くなると、SD カードを交換するのである。まぁ、時々交換し忘れて、撮れてないなんてことがあるのだが(汗)。
ちなみにカードが一杯になると、古いファイルが消されてどんどん記録は続く。

でね、例えば出雲大社に行ったときなんかは、二泊三日の旅行で 200GiB 越え。これを 720p の MP4 にして 107GiB になるって感じ。
このドラレコの動画から MP4 にするには Microsoft のムービーメーカーというのを使っている。特にちゃんとした編集をするわけじゃないし、なんかするっつってもせいぜい文字を入れるくらいなので Premiere だぁ Acter Effects だぁみたいな大がかりなアプリは使わずに済んでいる。
が、このムービーメーカー、すっげー HDD を食うんですな。まぁ、元ソースが QuickTime の MOV ファイルだからってのもあるんだろうけど。

iPhone やドラレコで撮った動画は MOV ファイルになる。
で、ボクは Quicktime が大嫌いなので入れてない。そうすると、Premiere や After Effect では扱えないのだが、このムービーメーカーだけは MOV ファイルを扱えるのだ。ただ扱う前になんかよく解らん作業ファイルを作成するため、ムービーメーカーに MOV ファイルを読み込ませただけで数百 GiB、HDD の容量がなくなる(そして、編集できるようになるまでけっこう待たされる)。
しかもこの作業ファイルはムービーメーカーを終了してもなくならず、HDD 上に居座り続ける。コイツを消すには、ディスクのクリーンアップをするしかない。
ただ消さないのには理由があって、この作業ファイルがあると、以降、同じ MOV ファイルを読み込んだらすぐに編集できるようになる。なのでこれは仕様なのであろう。

と言うわけで、ドラレコの画像を MP4 に変換するだけで、300GiB ~ 400GiB くらいを必要とするという、けっこう嫌な自体に……。ボクの作業用の HDD の空き容量が 460GB なので、けっこうドキドキする(汗)。
なので編集が終わるとすぐにディスクのクリーンアップを実行して空き容量を空けて、また次の動画の編集とかやっっている。
え、HDD を買い換えろって? まぁ、それがいいのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。