CHESS GARDEN

今日はなんかヤバかった。
ワケありのドラマ CD の制作を依頼されたので、作らなければならなかったのだけれど、さっぱり PC の前に座る気にならなかった。ここまで気力が仕事を邪魔したのも、自分が驚くほど珍しい。
どれくらいひどいかって言うと、もうベッドから一歩も動かないの。
頑なにボクの身体のどこかが仕事をすることを拒否していて、まったく身体が言うことを聞かない。頭の中ではやらなくちゃいけないって気持ちと、作業の段取りとか組み立ててあるのに、身体がちっとも動かないのである。
なんだろうねぇ……。そんなにいやなんだな、この仕事(笑い
自分でもびっくりしたわ。
まぁそれだけワケあり物件だったんだけどさ。

さて、さすがに一日中ベッドの上で寝転がってても仕方がないので、前々から気になっているハンバーガー屋に行ってきた。会社の同僚が発見した。
場所は幡ヶ谷、名は『Chess Garden』。この名前が後で効いてくる(何

メニューは本当にハンバーガーしかない。お酒の種類も凄く少ない。
22 時閉店で 21 時に来たんだけど、お客さんはボクら入れても二組だけ。
物腰の柔らかいご主人が、お相手。
同乗者はこの店の定番メニューを、ボクは味噌と豆のバーガーを注文する。
面白いのが付け合わせのポテトが、おからチップスも選べること。下の写真で一見ポテトに見えるヤツは、おからです。

で、バーガー。まずここの基本バーガーは別皿のサラダをタルタルソースとかき混ぜます。タルタルソースといいつつ、中にはけっこう大きな野菜(ブロッコリーとか)も入ってます。
で、こいつをハンバーガーを食べながら、足していきます。
これがもう新感覚。
もちろん最初からレタスとトマトは挟んであるのだけれど、その他のモノはこのタルタル ソースに仕組まれているのだ。そしてなかでソースがぐちゃってなることがないので、中の具も崩れることなく、いつもシャキシャキの状態で食べられる。
さらにバンズが汁を吸わないので、パンもいつまでもふわふわだ。
なるほど、これはアイデア勝ちだなぁ。
非常に良く練られた食べ方だと思う。

ボクの方は味噌とビーンズの味が効いたハンバーガー。
全然しつこくない。
ハンバーガーと言えば、ジャンクフードであり、しつこくってボリューミーって感じだけど、味噌と豆の素朴な味に、ちょっと赤身を残したしかも調味料べったりではないハンバーグとサクッと焼いたパンズが……んも~~美味しいんだ。
本当にここでしか食べられないハンバーガー。

オニオン リングも、すんごく軽く上げてあって、タマネギの甘みがふわ~っと口の中で広がる、とても優しくて軽い味だった。塩とかなくてもそのままでもタマネギの味で充分いけちゃう。
ちょっとかなり気に入ってしまいました。

最後、会計の時にちょこっとだけ店主と話をしたんだけど、この店の BGM はずっと Blues がかかってたのね。しかもかなりマニアックなヤツww
有線の Bluse のチャネルもそこそこマニアックだけど、これはきっと店主の趣味だろうと思って聞いてみたら、やはりそうだった。CHESS もあの Chess レコードからだった。いやぁ、ニクいなぁ。っていくかボクよりもたぶんお若い方だと思うのだけれど、それで 50 ~ 60 年代の Blues を聞くなんて、カッコいいなぁ。

1511287634 1511287621 1511287615 1511287618 1511287620 1511287616 1511287623 1511287625 1511287627 1511287630 1511287633

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。