諏訪大社

朝 8 時頃に起床。清里の別荘から、一路、長野県へ向かった。
今回の旅行は、雪の資料写真を撮ることがメインだが、他にも諏訪大社・松本城も取材してくる予定である。
清里から諏訪大社はそんなに離れていないので、すぐについた。
出雲大社が人気なので諏訪大社もさぞかし人が多いだろうと思ったら、来た時間が早いせいか、そんなに人はいなかったので、けっこう写真は撮りやすかった。

ボクの今までの取材では、この諏訪の地が出雲国の最東端と言え、大国主命が築き上げたいわゆる国津神側の国が影響力を及ぼした一番東の場所である。この頃すでに首都は今で言うところの奈良に有ったとボクは見ている。
また、『いろは』の若先生こと『建御名方神』が奉られている神社でもある(ぁ

建物の資料としての写真は撮れたのだが、この地で出雲的な、もっといえば弥生時代~古墳時代的な何かを調べることはできなかった。地元の郷土資料館も回るべきだったかもしれない。とは言え、諏訪神社の成り立ちや奉っている神様の現状など、リアルに知ることはできた。

以下の写真は縮小前のもあげておいたので、資料にどうぞ(iPhone、68 枚、ZIP ファイル、193.24MB)

1602138236 1602138282 1602138241 1602138243 1602138245 1602138247 1602138251 1602138252 1602138257 1602138259 1602138261 1602138263 1602138267 1602138270 1602138273 1602138274 1602138281 1602138284 1602138384 1602138233 1602138290 1602138294 1602138296 1602138300 1602138304 1602138308 1602138312 1602138316 1602138318 1602138320 1602138321 1602138326 1602138335 1602138337 1602138339 1602138341 1602138344 1602138349 1602138355 1602138350 1602138356 1602138358 1602138362 1602138364 1602138365 1602138369 1602138371 1602138373 1602138376 1602138377 1602138378 1602138387 1602138389 1602138393 1602138396 1602138402 1602138400 1602138404 1602138408 1602138412 1602138421 1602138423 1602138425 1602138428 1602138430 1602138431 1602138432 1602138434

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。