iPhone 7 に機種変した話と iTunes に泣いた話

かなり悩んだ結果、iPhone 7 に機種変更した。
何を悩んでいたのか? 元々選択肢は三つあった。

  1. iPhone 7 にする
  2. ZenFone にする
  3. iPhone 8 まで待つ。

iPhone 8 はディスプレイが有機 EL になるとか、インターフェースが Lightning から USB Type-C になるとか噂があり、個人的に iPhone 8 まで待つのがいいかなぁと思っていた。
ZenFone が選択肢に入っているのは、Apple 製品は Android の同等機種よりも高い上にテクノロジは一世代も二世代も古い(つまり Apple ブランドと言うだけで高い)のがムカついていたので、Android にした方がイイかなぁという思いからだ。

結局機種変することにした。一番大きな理由は実は上の三つは関係なくて、母の携帯電話(もう10 年以上使っているらくらくホン III)がいい加減ダメになってきたからだ。ボクが機種変し、ボクの iPhone 6 を母にあげれば良いかと思ったのである。
ちなみに ZenFone を選ばなかったのは単純に値段の問題であった(キャリアが割引して売ってくれるため)。

そこでまずボクがネットで iPhone 7 を注文し、データ移行などを全てすませ、iPhone 6 を初期化。この iPhone 6 を持って、母とドコモショップへ行った。

ところがである。ドコモの店員の説明によると、初めてスマフォを使う人は、『はじめてスマホ割』を適用するとボクが持って来た  iPhone 6 に変えるよりも新しい iPhone 6 / iPhone 6S を買った方が安いらしいのだ。

マジか!
ボクの機種変は何の意味もなかったってことか!?

結局母は iPhone 6S にした……orz

う~む、こういう大企業のごり押し作戦はなかなかすごいものがあるなぁ……。結局ボクの機種変は何だったんだ。

でね、今回ボクがはまったのが、iPhone 6 -> iPhone 7 へのデータ移行。
基本的に iTunes を使ってアプリやらデータやらをまるごとバックアップ。新しい iPhone をつないでそのバックアップを書き戻せば終わるのだが、iOS のバージョンが同じでないといけないらしい。
ボクの iPhone 6 は最新の iOS にしてあったが、送られてきた iPhone 7 は最新ではなかった。なので iPhone 7 をまずアクティベートして iOS を最新にしてから iPhone 7 を初期化。改めてバックアップを iPhone 7 に書き戻した。これで中身はちゃんと引き継がれた。
まぁこの辺のことは以前 iPhone 6 の液晶を割ってしまって、新しい iPhone にリカバリしたときの顛末にも書かれている。

あとで気付いたのだが、確か iTunes で文鎮化した iPhone に iOS をインストール出来るという話を思い出し、それで OS を最新にすることができたのではないかと思っているのだが、どうだろう?

まーとにかく疲れた……orz

母の携帯の機種変に行ったドコモショップは田舎な場所を選んだのに、すげー混んでたよっていう話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。