和歌山初日の食事事情

さて、清里を出発して最初に我々が口にしたのは、マックだった(ぁ
場所はすでに和歌山県に入っており、R371 沿い。マクドナルドからは川を挟んだ向こう側にけっこうな規模の住宅街が見えた。地図によると三石台という所らしい。すぐ近くに林間田園都市という駅があるようだ。いかにも開発しましたって感じの住宅街。

もちろんマックはポテトで済ますつもりでしたよ? だってせっかく和歌山に来ているのに、マックってこたぁないでしょ、マックって事は。って、ローストビーフとビーフカツの東西対決、まだやってる! というわけで、ハンバーガーを二つも買ってしまった……orz

そうなのだ、この時マックは東西対決と銘打ってローストビーフバーガーとビーフカツバーガーを出していたのだ。どちらも食べたことがなかったのでつい注文してしまった。同乗者の話によると大阪が買ったとのことなのだが、なるほど確かにビーフカツバーガーの方が食べやすく仕上がっていた。ビーフカツにマッチしているパンズを選んでいるし、タレも甘みを押したご飯にも合う感じで、なるほどと思った。
それに較べるとローストビーフは少しパンズが固すぎたかもしれない。味付けもだいぶ大人向け。これはビーフカツの方を選んでしまうのは納得である。マックも解っていたのではないだろうか?

夜はしみず温泉で教えてもらった『赤玉』という料理屋さん。
ここの売りは『わさびずし』というもの( 5 枚目の写真)。その名の通りワサビの葉で巻いた寿司で、中の寿司は押し寿司に近い。サバ、鮎、ワサビをいただく。言う程ワサビは強くなく、わりと優しい味だった。サバはしめさば、鮎は甘露煮にしてあった。これ、何個でも行けるな(笑)。

他もどれもうまいモノばかり。味付けがやはり関西、出汁メインでしょっぱくない。
ただ、焼き肉定食だけ謎。同乗者よ、何故それを頼んだ?ww
うどんは猪だ。こちらも全然臭みなどなく、出汁のしみたうどんを堪能。

イイお店を紹介いただきました。ただ赤玉って言う名前が……(何

和歌山へ行く

前日のうちに東京を離れた我々は朝 6:00 、西に向けて出発していた。
目的地は和歌山県、九度山である。これから三日間、和歌山県を縦断する計画である。
和歌山県! 四国生まれのボクでもまったく縁がない県(汗)。まぁ、お遍路の最後の地は和歌山県だけどさ。

スタート地点となった別荘は中央道沿いにあるため、中央道名神高速を使って一路九度山を目指す。平日と言うこともあって渋滞に遭うこともなく、わりとすんなりとお昼前に九度山に到着。これはいいペースなんじゃないかしら??
と、九度山駅に降り立った我々は、衝撃の事実を知る。

九度山ミュージアムは月曜定休wwww

そうだよね、土日がかき入れ時だもんね(汗)。
駐車場も全然車がいないもの……orz
まぁでもその他、真田ゆかりの地は巡れるらしいので九度山をそぞろ歩くことにした。

▼九度山駅とその周辺

▼真田神社

▼真田古墳

▼歩いてる時気になったもの
 

一通り九度山を散策して、真田グッズをしこたま買ったあと、今日の宿泊地へ。
初日は宿を取らず、キャンプ場で泊まることにしてある。キャンプ場もすでに決めていて、管理者にも連絡済み。しかしこの『北寺オートキャンプ場』は管理人も常駐していない、かなり寂しいところで、川っぺりにぽつんとあるキャンプ場だった(まぁ管理人がいないのは慣れっこではあるが)。平日のせいか、もちろん我々しか利用者はいない。
着いたら管理人に連絡すると、管理人がやってきて「好きな所使っていいよ」と言うので、一番広いところに車を乗り入れてテントを設営。

それから温泉と食事に行くことに。先にキャンプ場に来たのは、暗くなってからではテント設営が難しいからである。

初日の温泉はしみず温泉と言う所。客はほとんどおらず、ほぼ貸切状態でゆっくり浸かった。そりゃそうだ、平日だもんなwww
ところでこの和歌山という場所、妙に「しみず」「たまき」という名称の場所や施設がある(清水はボクの本名の苗字である)。どういうことなの? なんかメシ屋とか検索しても「清水○○」とか、「○○たまき」とか。この地はボクを歓迎して止まないのである(ヲイ

食事はなかなかイイ店に巡り会えた、こちらは別記事に譲る。

夜はボクは車中泊になったのだが、いやー、やっぱ 8 月は熱いね!!<当たり前
防犯と虫の理由から窓は閉めて寝たのだが、一時間くらいで暑くて目が覚めてしまう。
でもテントには同乗者が寝ているから、エンジンかけるのはぎりぎりまで我慢するんだけど、やっぱだめだーつってかけてしまうことが何度かあった。
車のドアにかける網戸を持ってくるべきだった。あと USB 扇風機ね。これとモバイルバッテリーで一晩くらいは風が送れたはずだ。

ところで以前キャンプ場で泊まったときは、動物の声や動物の動く音を何度となく利く子とができたのだが、今回はまったくなかった。なんだ、和歌山の山は鹿も住んでいないのか? と思ったのだが、テントに泊まった同乗者の話によるとテントの近くまで鹿が来ていたとのこと。えー、さっぱり気づかなかった。

そんなこんなで、第一日目が終了したのであった。