東京亭が侮れなくて、よかった

夜、飯に出た。中華が食べないな。
そうだ、砂川の方に万豚記があったんだ、行こう行こう。

あぁ……なくなってた。
どういうことなの!?

なぁに、まだ 24 時間営業の福実があるさ。
と、店の前に車を着けたら、なんか店主が閉店の準備というか片付けしてる!!!
24 時間営業のはずなのに……orz

腹は中華だ。今いる場所は福生市だ。いつものお気に入りの中華料理屋に行くのもちょっと遠い。どうでもいいが福生市はハゲの人たちに非常に需要のある名前だと思う。なんかそういう人向けのイベントや御利益のある神社を作ってはどうか?
というわけでネットを検索した結果、あきる野の方に中華料理屋があることがわかったので行ってみることに。というか、その店自体は知っている。というのも、その店の前の五日市街道はよくドライブの時に通るからだ。
例の赤い看板シリーズの一つである。美味しいのかなぁ?? と、ちょっと疑問に思いつつ、とりあえず行ってみる。
名前は『東京亭』。たぶん「トンキンテイ」と読むんだと思う。なんでも 24 時間営業だという。

いくと客がすごくたくさん入ってる。というか、ほぼ満席というか、ボクらが入ったら満席になったんじゃないかなぁ。なんなの? もう夜中の 0 時過ぎてるのに。金曜の夜だから?

さて、腹が空いているので本能の赴くままに注文するwww
うまい中華料理屋というのは、注文したものがすぐ出てくるというのがボクの中での条件の一つだ。
すぐに出てくる。ほう、ということは美味いかも、と期待を込める。

うまい!
うまかった(笑)。
東京亭は特にご飯系の方がおいしいようだ。麺はねー、なんていうんだろうね、麺そのものが普通というか、ただのかんすい麺でちょっと伸び気味だった。食べててすぐに飽きてしまう。その点、ご飯系は味付けもいいし具も盛りだくさんだし、今回頼んだヤツはお焦げもあって美味しかった。
おかずもどれもよかった。油淋鶏もどきと茄子と豚肉の炒め。どちらもご飯が進む味。ということは、濃いめではある。

いつも通りがかるだけで入るのを遠慮していたけど、また来ようという気にさせる味でした。
今までの無礼を詫びつつ、

 

動画を編集するときいつも 60FPS の動画を扱うので、時々 TV を見るとカクカクしているように見えてしまう(汗)。特にスクロールが顕著だ。人間の目の慣れって恐ろしいね。ただ前から疑問だったのが、人間って 1/24 秒以下のものは残像として残ってしまうので 24FPS より細かくても意味が無いみたいな話を聞いたことがあるんだけど、現実問題 30FPS と 60FPS の差って認識できるよね……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。