Top > Diary > 2010-09-28

hosts ファイルを書き換えてみる

おほほ…

Windows には hosts ファイルというモノがある。コイツはありがたいことに(そして迷惑なことに?) DNS 参照よりも優先される。何の事か解らないって?(笑)
みんなが Firefox や IE などでインターネット上のデータを閲覧するとき、その閲覧している場所は URI というアドレスで知ることが出来るのは知っていると思う。例えばボクの運営する TAMA Networkshttp://amatsukami.jp/ だ。最初の http:// の部分はプロトコル(通信規約)を表していて、http という手段で amatsukami.jp というアドレスにアクセスしていることになる。
ftp:// とか、mms:// とか、通信手段によって先頭の部分は変わる。

ところでインターネットではあるコンピュータにアクセスしたいときには、そのコンピュータに割り振られた数字を使ってアクセスする。amatsukami.jp という名前がコンピュータに付いているわけではないのだ。
ちなみのこの数字は現在は 32bit である。つまりインターネットの世界は 232 台(4,294,967,296 台)までコンピュータが接続できるのである。まぁ実際は予約域とか歴史的な事情とかでこの通りの台数というわけには行かないのだけれど。
で、この一意の数字を IP アドレスと言い、8 ビット(0 ~ 255)ずつで区切るのを習慣としている。つまり amatsukami.jp というのは 110.4.189.232 という数字が割り当てられており、今この記事を見ているあなたのコンピュータはこの 110.4.189.232 という番号の機械にアクセスすることによって、この記事が見られているのである。で、amatsukami.jp が 110.4.189.232 ですよっていうのを教えてくれるサーバというのがこの世界にはある。それが DNS サーバというものだ。
つまりどこかのウェブサイトを閲覧するたびに、パソコンは DNS サーバに、このサイトの番号をおしえて~~~って問い合わせて、帰ってきた 32bit の数字のコンピュータにアクセスしているわけである。

で、hosts ファイルにこの名前と IP アドレスを羅列していくと、DNS サーバに問い合わせるよりも優先されて使用されるのである。たとえば、amatsukami.jp を google さんと同じ IP アドレスにしちゃったりとか、そんなことが出来てしまうのである。
もっともこれはそのマシンでしか効果を発揮しない。hosts ファイルに amatsukami.jp は google と同じ IP ですよと定義したところで、世界中がそうなるわけではない。

あぁ、前置きが長くなった。
で、何の話かというと、要するにアクセス解析をしているような URI や広告を表示するような URI を全部 127.0.0.1 という IP アドレスに設定してしまえ、という話である。127.0.0.1 は自分自身を指す IP アドレスである。つまり広告を表示しようとしても、127.0.0.1 のマシンに広告をとりに行き、もちろんそのアドレスは自分自身で、自分自身には広告の情報なんてないので、広告が表示されないというわけである。
広告をブロックするプラグインなどを入れなくても、この方法で広告などをブロックすることが出来るのだ。

で、今まではボクはこういうことはやってこなかったし、今回も試験的にやってみただけである。そもそも広告のおかげであらゆる記事やソフトウェアが無料で使えているという側面もあるわけで、広告そのものを消してしまうのはやはりどうしても忍びない。
ではどうして今回、こう言うことに踏み切ったかというと、ウェブの閲覧速度を速めるためである。とにかく広告が重い! 最近の広告は Flash てんこ盛りで容量もすごいし動きまくってそっちに目移りして記事が読めないし……そこでとりあえず hosts ファイルを書き換えて広告などをブロックしてみた次第である。

で、結果は、実はぜんぜん速くならなかった。
いや、逆に遅くなったサイトもある。
IE がね、広告が表示されるまで待っちゃうのよね、場合によっては。記事さえ表示してくれれば、広告の部分がいつまでも待っててもボクは一向にかまわないんだけど、サイトの作りなのかなんなのか詳しくは調べてないけど、広告が表示されるまで本文の記事も表示されないサイトとかが結構あって、広告の部分がタイムアウトするまで真っ白いままという……。

そんな結果でした。う~~ん、残念。

ただそうでないページもたくさんあり、そういう所では表示は速くなった。
あと嬉しいのが誤クリックが減ったこと。これは何かというと、最近のサイトってさ、本文以外は全部アフィリなどの広告じゃない? で、ブラウザをアクティブにするときテキトーにブラウザ上のどこかをクリックするじゃない? 広告が多すぎて無意識にクリックすると広告を開いちゃうのよ……orz
hosts ファイルを書き換えて広告を表示しないようにしたおかげで、広告のある場所にはエラー表示があるだけでそこをクリックしても何の問題もない。安心してクリックできるというモノである。

だがまぁ、数日使ったら hosts ファイルは元に戻そうと思う。パフォーマンス的にはそんなに意味もなかったし、そもそも広告あってのインターネットの世界という部分はやはり受け入れなくてはいけないしねぇ。ウチのサイトも広告、置いちゃってるし (^^;


さて、今日紹介するのはボクが小学校の頃に聞いていた Genesis。このバンドはメインの人が入れ替わったりしているので、紹介するアルバムによってまったく雰囲気が違うんだけど、今回は敢てファースト・アルバムを。日本もプログレで沸いていた時代があって、ボクもちょうどその頃に聞いていたと思う。

#article


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 02 Oct 2010 10:20:41 JST (2548d)