Top > Diary > 2007-12-27
これらのキーワードがハイライトされています:カテゴリ: 旅行

舎人←→牛久を実際に走ってみる

FAM0100.png

今日も牛久だった。
いろいろ打ち合わせ。なんだか形が見えてきたようで、イイ感じ。
っていうか、最初からそっちを考えて欲しかったじぇ、と思わんでもない。
ところで保谷←→牛久の交通費をちょっと計算してみた。

高速を使うと、外環大泉 IC →つくば牛久 IC は 500 円 + 1250 円かかる。
深夜は谷田部 IC から乗るので(牛久駅~谷田部は昼間は混むポイントがあるため、使わない)、谷田部 IC →外環大泉 IC は 550 円 + 250 円で 800 円。高速代で往復 1750 円 + 800 円で 2550 円だ。
電車だと保谷駅までは歩くとすると保谷駅→池袋駅→日暮里駅→牛久駅という道のりになり、片道 1180 円。往復 2360 円。電車の方が 190 円安い。
現地は駐車場が用意されているので、とりあえず駐車場代は考えないとしても、車の場合ガソリン代がかかる(他にも細かいことを言えばタイヤの摩耗やオイルの消耗があるがそれはとりあえず除外する)。
高騰しているガソリンは東京でハイオク 1L=163 円ぐらいである。
高速走行が多いので、燃費は 11km/L としておこう。
保谷→牛久は片道 72km で往復 144km。
144 / 11 = 約 13.1。つまり 13.1L のガソリンを使う。
これに 163 円をかけると約 2134 円。つまり車で往復すると電車より二倍以上高い 4684 円かかるのだ。

うーわー。二人乗っても鉄道の方が安い。

下道を使うとどうなるか。下道では燃費が 9km/L まで落ちる。
すると 144km / 9 で 2608 円。
高速代はかからなくても、電車より高いのである。う~む、困ったもんだ。

閑話休題。
さて、将来的に引っ越そうと思っている舎人。打ち合わせの終わった 0:40 からどれくらいで帰れるか試してみた。
AM0 時~ AM2 時台の国道 6 号はまだ車も多く、ボクのペースで走り続けることはできない。
それでも 1 時間、約 35km 地点で外環の内側へ。それから 10 分程度で舎人に入った。
1:10 程度で深夜はこられるらしい。
昼間だと予測される渋滞の箇所から想像するに、1:30 ~ 1:45 程度ではないかと思われる。
ということはおおむね、まぁ通勤時間としては許される範囲内かなぁ。

洗車した

そのあとは鳩ヶ谷、川口を抜け、和光→練馬と来て 1:40 であった。
車が汚れていることを思い出し、そのまま近くの洗車場へ。
結局家に戻ってきたのは 3:00 過ぎだが、寄らなければ 2:00 には帰宅できていたであろう。深夜だと下道では牛久→保谷は 2 時間かかるらしい。

#comment


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 07 Mar 2008 18:53:30 JST (3910d)