Top > Diary > 2009-05-05
これらのキーワードがハイライトされています:カテゴリ: 旅行

というわけで(東京~直江津~草津)

rural_rn00l.png

お昼頃に起きて、ドライブに行ってきましたよ、と。
どこに行こうかいろいろ悩んだあげく、東尋坊が思い浮かんで、地図で場所を確認したら、福井県……これは遠い。現地で泊まらないとダメだ、とあきらめる。でも東尋坊=日本海ということでじゃぁ新潟だと思いついた。
でもただ関越をまっすぐ新潟まで行っただけじゃつまらない……そこで、上信越から直江津に抜けようと思いつき、行き先が直江津に決まった。直江津は有名な港町だし、きっといろいろ港の写真が撮れるに違いない、なんて勝手に夢をふくらませたのであった。

ドライブ・プランとしては、往路は高速で。休日だし、関越で 1000 円、上信越で 1000 円の合計 2000 円でいけるはずだと勝手に決めつける。そして復路は下道で、峠道を楽しみながら帰ることにした。直江津から群馬県に至るまでの道路はかなりのワインディング・ロードがあり、楽しめるはずである。しかし、帰りは深夜にならないと他の車がいる。
せめて 21 時以降にならないと、自分のペースで走れないだろう。
まぁでも直江津は有名だし、写真とかとっているうちに日も暮れて、それからご飯を食べれば、20 時とかになって、夜中にワインディング・ロードを走れるに違いない。

と、ここまでがボクの脳内シミュレーションであった。

で、時間の部分はほぼ予想通り。
問題は直江津港っていうか、直江津そのもの?
なんていうんだろう……すっごい寂しいよ!
涙が出てくるくらいに、どよ~んとしてて、活気が伝わってこなくて、人もいなくて、寂しすぎる。
びっくりしたよ!

港も思ったより大きくないし……。
お土産物屋とかなくて、結局ラーメン食べただけ。
あー、もう、ほんとにびっくりした。

で、ラーメンを食いながら地図を確認。
R18R292 で草津に出ることにした。この R292 は飯山~湯田中~志賀高原~草津と、ずっと標高の高いところを走っており、延々とワインディングロードが続くお気に入りのドライブ・コースである。以前知人と行こうとして、行けなかったルートでもある。
ところが直江津を出たところで、めがねの右蝶番がぽきっと……。
ボクは普段は眼鏡をしていないが、車の運転の時は眼鏡が必要なのだ。というのも、裸眼の視力は 0.6。これは道交法で定められている運転可能な視力なのだが、夜はちょっときついのだ(昼間は裸眼でも運転できる)。
そこで急遽、近くのスーパーに入ってアロンアルファとセロテープを購入。
駐車場で応急処置をして、ドライブ再開。
志賀高原には 21:30 頃到着。しかしここから、霧。
下にそのときのムービーがあるが、本当にあのムービーで写っているところまでしか見えないのだ。だがくじけないぜ!<ヲイ

結局 22 時過ぎ、草津に到着。
で、実は草津には離婚した親父の別荘があるのですな。
ちょっと冷やかしにいってやろうと、お邪魔してみる。

0905053707.jpg0905053708.jpg0905053710.jpg
渋滞中、雪山が姿を現すなかなか雄壮。たぶん妙高山~火打山?
0905053711.jpg0905053713.jpg0905053718.jpg
手前にピントがあっちゃった全体はこんな感じ新緑
0905053722.jpg0905053723.jpg0905053724.jpg
寂しい直江津港看板ほんとに寂しい
0905053725.jpg0905053726.jpg0905053728.jpg
どよ~~~んブイ?R18 果ての看板
0905053730.jpg0905053732.jpg0905053734.jpg
直江津駅駅前ホテルとタクシー待機場タクシー&バス乗り場
0905053735.jpg0905053737.jpg0905053739.jpg
線路(ぉ北口表札入り口
0905053740.jpg0905053741.jpg0905053743.jpg
発券機南北連絡通路連絡通路から新潟方面
0905053745.jpg0905053746.jpg0905053747.jpg
こちらが金沢方面電光掲示板
0905053749.jpg0905053751.jpg0905053752.jpg
ホーム時刻表
0905053755.jpg0905053757.jpg0905053759.jpg
お、113 系改札口直江津で食った味噌ラーメン
0905053760.jpg0905053763.jpg0905063765.jpg
味噌ラーメンのアップ標高 2100m、気温 2 度!別荘のストーブ

草津の別荘

草津より若干南に降りたところに、羽根尾という別荘地があるのだ。そこに今年、親父が別荘を購入したのである。しかも薪のストーブまで導入し、薪まで集めているらしいのだ。買ってからというもの、来い来いとメールがよく来ていたので、のぞきに行った次第である。
で、行ってみたんだけど、思いの外広いのでびっくりした。
中央に広いリビング。その両側に 6 畳と 8 畳の和室、さらに洗面所・バス・トイレがそれぞれ独立。キッチンも別にあって、ダイニングもある、至れり尽くせりの別荘であった。まぁこちらは、翌日の日記で写真を紹介する予定である。

燃費

給油:41.09L(走行距離:454.0km/燃費:11.048917km/L)
単価:122 円 /L(ハイオク、セルフ、ENEOS、東京都西東京市中町)
↑この給油は出掛ける前の給油。地元で満タンにしてから、出発した。

  • 1850円ってなんだろう。 -- ときたみ 2009-05-07 (木) 02:06:39
  • ボクもよくわかりません。計算方法がいまいちわからん……。 -- たまきん 2009-05-07 (木) 02:24:08
  • 関越大泉から入りました?
    おそらく大都市圏料金と地方部料金だと思うんですけどね。850+1000。 -- へぽかる? 2009-05-07 (木) 17:48:56
  • これですね。こういう仕組みだったのか。NEXCO 管理の道路でも 1000 円上限が適用されない区間があるのね。時間帯によって 3 割引、 5 割引と……。 -- たまきん 2009-05-07 (木) 22:36:38

    #article


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 07 May 2009 22:37:23 JST (3505d)