Top > Diary > 2008-12-22

かんなぎ事件

rural_rn00f.png

かんなぎ非処女事件はエロゲの作り手からすると、すごい冒険しちゃいましたね編集さん、って感じなんだけど、エロゲとはまったく無縁の知り合いから「やっぱりエロゲ・ユーザーは怖い」なんてことを言われた。で、その知り合いが「女性ユーザーにはそういう怖いのはないの?」って聞いてきた。いわゆるボーイズや乙女ゲーのユーザのことを言ってるんだと思う。
うーん、どんなのがあるかなぁ、なんてネットを徘徊していたら、たまたまタイムリーなネタがねたミシェランというサイトに上がっていた。

まぁ、女性だとこんな感じなんじゃないだろうか。まぁこれは乙女ゲーやボーイズ・ゲーではないけど。
ちなみに処女厨と言われている人たちの行動力はなかなかすごくて、発売日前のソフトの登場キャラクタが全員処女かどうかをサポート宛にメールで尋ねてきたりする。ボク的にはそれに返信しちゃっていいんじゃないかなぁなんて思っていたんだけど、別のブランドの知り合いの人から、「絶対相手にしちゃ駄目!」と言われた。
特に処女じゃないキャラクタがいる場合はなおさらなのだそうだ。
というのも、なぜそのキャラを処女にしないのかという彼なりの持論(というよりもお説教に近い)を毎日のようにメールで粘着されるらしい。その知人はそれで 1 ヶ月ほど粘着され、大変な目にあってしまったのだ。とはいえ、返信しないと処女厨のメールは毎日のように送信され、挙げ句の果てには一日で何通、何十通と来るようになってしまったりするのである。

一方、女性ユーザーは女性ユーザー特有の怖さがあって、深く作品を愛してくれるが故に、彼女たちを裏切ったときの反動がすごいなぁというのがボクの印象。もっともボクは女性向けの作品の「内容」には関わったことがないので何とも言えないのだけれど。
あと同じ作品でもカップリングでケンカになるのは女性ユーザー特有かも知れない。もちろん男性向けのエロゲでも、「この子がコイツとくっつくわけがない!」みたいなのはあるんだけど、女性の場合、カップリングが異なると同じ作品のファン同士でもケンカになってしまうのだとか。だからたとえば同人誌即売会での席を決めるときも、同じ作品でまとめればいいかというとそういうわけではなく、どのサークルがどういうカップリングを扱っているかというのを主催者側は把握していないといけないらしい。

エロゲはコアなユーザーが多いと言うけれど、それはその通りで、ちゃんと作り手側もそれを理解してユーザーさんたちと接していかないといけないのである。

#comment


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 25 Dec 2008 23:43:54 JST (3016d)