Top > Diary > 2008-12-24

広報簡単メモ

rural_yn02a.png

ここ一週間で学んだことをリストアップしてみた。

  • 広報開始はだいたい発売日の 3 ヶ月前。

大作や大手の看板作品はともかく、売上本数 1 万本以下中堅以下のソフトの場合、だいたい 3 ヶ月前に雑誌に載り始める。発売日の 1 ヶ月前とか 2 ヶ月前に初出された場合、その作品のプロジェクトは何か問題を抱えていると考えていいと思う。
たとえば広報素材が用意できなかった、プロジェクト進行がヤバい、でも会社にお金がないから出さなくちゃいけない、みたいな感じである。

で、発売 3 ヶ月前の雑誌に載せると言うことは、雑誌の記事の締め切りはそのさらに 1 ヶ月前なワケで、開発陣からすれば 4 ヶ月前には素材を雑誌社さんに渡さなければならない。

  • 体験版は発売日の 1 ~ 2 ヶ月前

体験版の公開は発売日の 1 ~ 2 ヶ月前。ただこれにも注意事項があって、エロゲの発売日というのはだいたい月末の金曜日に設定されることが多い。と言うことは、発売日の 1 ヶ月前だと前月のエロゲの発売日とかぶってしまい、ユーザーさんは体験版よりも製品をプレイするのに忙しい。
なのでそれよりも前に出す方が良い。そのあとでもいいはいいんだけど、予約の締め切りが逆に近すぎてしまうため、体験版をプレイしてもらえないまま予約を閉じてしまうことになってしまう。

ここで開発をかなり圧迫する事態が発生する。と言うのも、体験版 1 ヶ月前ということは、シナリオはそれよりもさらに 1 ヶ月前に終わっていなければならない。なぜなら「音声の収録」というのがあるからだ。もちろんお金持ちのブランドさんは、体験版の分を先に収録するということも出来るが、ボクらみたいな弱小はそんな資金はないので、収録は 1 回で済ませなければならない。となるとシナリオはマスターアップの 3 ヶ月前に監修も含めて終わらせ、1 ヶ月で収録しなければ 2 ヶ月前に体験版は出せないのである。

  • 主題歌やデモ・ムービーは体験版より前

体験版の前振りとして、主題歌やデモ・ムービーの公開を心がける。

  • ウェブサイトの更新は週末に

ウェブサイトの更新は金曜に日付の変わる 0:00 までに済ませ、金曜日に仕事を終えた人たちに新しい情報が提供できるようにする。

とまぁ、セオリー的にはこんな感じらしい。他にも雑誌社さんや流通さんへの個別対応ややるべきことなども教えてもらったけれど、これらは公開することはできない。上のはあくまでも広報の方法やスケジュールを組み立てるときの枠組みなのである。
でも、正直「ユーザーの琴線に触れるかどうか」が全てのような気もしている。そしてその部分に関して言えば、ボクというよりも江古田事務所は「マイノリティ」すぎるのかもしれない。ボクも含めて彼らが「イイ」と思うものは、世間では「どうでもいいもの」なのだ。まぁあたりまえか(笑)。そうじゃなかったら、そもそも江古田事務所にいる人はボクも含めてもっと売れているはずだしなぁwww
ここで一つ気づいた。

エロゲ・ユーザーからは「どうでもいいもの」なんだけど、ボクたちにとっては「イイッ!」と思い込んでいる作品を、どうやって売るか。

残念ながら、ボクは世間で売れているとされているものを作ることができない。これは正確に言えば、いわゆるユーザーと逆で、ボク自身、そういうものに全く興味がないからなのだが……他人が「くらだねー」「興味がない」「どうでもいい」と言われようが、ボクにはボクの作りたいものがある。金にならなくてもボクは全然いいんだけど、それでは会社は困る(笑)。
というわけで、とりあえず漠然としていた「どうやって広報しようか」っていう問題に関しては、出来るかどうかは解らないけど、方向性は見えてきたような気がする。

でもさ、やっぱりそうなると「道楽」でやるしかないような気が増々するよね。
パトロンを見つけるか自分が大金持ちになってやりなさいよ、と周囲は言うだろう。
まぁそんなわけで来年は広報&営業の一年になりそうである。

  • ぼくとしては売れようが売れまいが関係ねぇよ!良いモノは良いんだよ!ってぐらいの作品は好きですが、伝わらなくては分からないというのが難しいとこですね(汗)逆に製作者が良いと思ってなくても勝手に解釈されて売れてしまう作品もあるかもしれませんし。ぼくとしても出来る範疇でお手伝い出来ればと思いますので何かあれば言って下さいね -- ぼくかけ 2008-12-28 (日) 19:57:39
  • ありがとうございます。いろいろユーザならではの視点をどんどん発言してもらえると助かります。ボクはボクで自分の道を突き進めるようにがんばります。 -- たまきん 2008-12-29 (月) 03:57:10
  • まあ、コレクターにとっては箱は大事な要素なんですが。http://netamichelin.blog68.fc2.com/blog-entry-3033.html -- ときたみ 2008-12-29 (月) 07:57:10
  • DVD トールケースになればなったで、それを収集すると思います。レコードから CD になって「ジャケットの絵が小さくなった」と嘆いていたファンもいたようですが(ヲレだけど! でも LD でおっきくなったもんねー、と思いきや DVD でまた小さくなった! と一喜一憂ですよ!)。コレクターはモノが変わればそれにちゃんと追従していきますし、変わったら変わったで古いモノは価値が出ると言うことでそれもまたコレクター冥利に尽きるでしょうし。元コレクターのボクが言うのだから大丈夫です!<そこかよ! -- たまきん 2008-12-29 (月) 15:49:27
  • あまり目立たない話なのかもしれませんが、開発が発売時期を遅らせないのが大前提ですな。 -- こじいち 2008-12-31 (水) 04:15:11
  • それは大切です。そもそも遅れていると、広報に出す絵やキャッチ・コピーなんかも「まだできていない」という状況になるので。しかし早速シナリオ面で問題が発生しています……orz -- たまきん 2008-12-31 (水) 15:28:15
  • ウェブサイトの週末更新はどうなんでしょう?金曜の情報サイトのチェックはうんざりで、知らないブランドはすっ飛ばしたりすることが多いですし。 -- 難波鑑? 2009-01-01 (木) 01:41:25
  • そうですね、弱小ブランドは、日曜日や月曜日に更新した方が、「最後に回ってくる」人が多いと聞きます。あと、金曜日に更新すると、いろんなメーカーがこぞって更新するので、情報サイトの「メーカー・サイト更新情報」がどんどん更新されて埋没してしまうのだとか。なので日曜とかに更新しておくとその情報サイトの更新情報の上の方に表示されるので、むしろ遅れて更新した方がいいという話もあるようです。 -- たまきん 2009-01-01 (木) 16:43:26

#comment


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 01 Jan 2009 16:47:17 JST (3010d)