電子マネーとやきとん

今日のランチはトリ&ハイというお店に行ってみた。
同僚がチラシ(5 枚目の写真)をもらって来たので、言ってみようと思ったのだ。

特色はなんと言っても現金が使えないこと。
クレジットカード、電子マネー、PayPay オンリーのお店だ。
そして先払い。

キャッシュレスにする意味って、個人店だとメリット少なそう……って思うんだけど。どうなんだろう? 売上げとか税金とか正確に把握されちゃうし(ぇ
しかも、店員さんがあまり機械に慣れてないせいか、決済に時間かかったしw

そして味のほどは!?
ボクが頼んだのは鶏南蛮なんだけど、これすごい。すごいよ!
なにがすごいって、お肉がふわっふわなの。
ナニコレ?
柔らかくて、ジューシーで、さらに口溶けがよくて、不思議な鳥肉。
なんか国産銘柄鶏らしいが……思わぬあたりでした。

しかしながらカレーは外れとのこと(笑)。
カレーとボクの頼んだ鶏南蛮が値段が一緒なのはおかしいと同僚はしきりに言っていたw

焼き豚が食べたくなった。食べたくなったのは昨日なんだけど(ぁ
っていうか食べたいものたくさんあるのにwww
本来は今日、車で来て、帰りに浅草橋に行く予定だった。でもわけあって、昨日車で行ってしまったので、今日は電車で来たのだ。電車で浅草橋に寄るのかー。でも、やっぱり食べたい。それに浅草橋は三田から一本だ。

というわけで会社が終わってから、浅草橋に向かった。

目的の店はいつ行っても混んでる。案の定、いっぱいだった。
人を書き分けて中に通して貰う。
といってもそんなに食べる気はなかったんだけど……。

お目当ては三枚目の写真にある豚の軟骨だ。
ボクはこれが大好きなのだ。
あと意外な当たりが 7 枚目の写真のイカの塩辛とジャガイモ。バターと塩辛がこんなに合うなんて! いやーおいしかった。

持ち帰りに豚の軟骨を 10 本頼んだ。土日は楽しく過ごせそうだ。
帰りの電車の中で、焼き鳥のタレ臭をまき散らしてしまったかもしれない(汗

やきとんバンザイ

rural_am00f
肉片を串に刺して焼くと言えば、焼き鳥の方がどちらかというとメジャーな気がする。小学生の頃から父親の買ってくる豚の軟骨で育ったせいか、ボクはやきとんの方が好きだった。
でも大人になって自分で買うようになり、世間を見渡してみると、どこも焼き鳥屋ばかり。やきとん屋ってないものだなぁなんてことを思って過ごしてきた。
ボクが勤める浅草橋はやきとん好きから言わせると聖地らしい。しかしそれを知ったのも、浅草橋に勤めるようになってから、1 年以上経ってからだ。「西口やきとん」がとくに聖地らしい。

というわけで、西口やきとんへ。
ここはやきとんを腹一杯になるまで食べることができる。何故か。それは炭水化物がお酒以外にないからだ。白ご飯もない。ボクはお酒を飲まないので、となるとやきとんで腹を膨らませるしかない。
まぁつーても基本的に豚の軟骨を食べるんですけどね(ぁ
なんでこんなに好きなんだろうなぁ……。

ここは生レバーも出している。非常に美味しいのだが、最近 E 型肝炎の患者が増えており、その理由は牛レバーを禁止されたため、豚レバーに走るかららしい(豚レバーを食べる人が多くなった)。別にこの店を信用していないとかそういうわけではなく、単純に生のレバーを食べると言うことはそういうリスクがあると言うことは、認識しておいた方がいいと思っている。

あー、でもやっぱり白いご飯が欲しくなる。
今度はご飯を別途用意して、テイクアウトして会社で食べようと思った。

1409023099 1409023103

西口やきとん

rural_am00g
先日、やきとん屋に行ってきた。その後、浅草橋という場所はやきとん屋がけっこうあることが判明。その中でも、やきとん屋の聖地とまで言わしめる「西口やきとん」へと足を運んだ。食べログだとこんな感じ。期待が高まります!!
で、入ったら、楽しい店員がいっぱい。初っぱなからダジャレでお出迎え。注文する前からボクらの会話がちょっと聞こえたらそのメニューを持って来たり、間違えて作りすぎたメニューを「食べる?」とか言って持って来たり。まーもう何でもアリ。初っぱなから常連気分が味わえる、非常に面白い店だった。そもそも店に入って注文したら「軟骨8本!?」とか焼いてる人に驚かれてしまい(笑)、そしてそれが会話のきっかけだったような気もする。
さて、味はと言うとやはりこの手のお店で重要なのは「焼き方」である。そしてそれは非常にうまい。ボクも学びたいぐらいにうまい。どれ食っても絶妙な焼き加減。個人的に羨ましいと思ったのが、適度な焦げ具合。ボクも焼肉などに行ったとき、ホルモンとかかなりいい感じで焼けるようになったのだが、この店みたいに外に焦げ目をつけて肉汁を閉じ込める焼き方がまだまだなんだよねー。
とにかく、店員さんと色々会話が出来るのが面白い、いいお店でした。
店の中は基本的に満席。出て行っても、すぐ新しいお客さんが入ってきて、大繁盛だった。酒も飲まずに 1 時間も居座った客に付き合ってくれて感謝。お土産まで買ってしまった(笑)。

1212200439 1212200447 1212200445
1212200442 1212200440

串矢(浅草橋のやきとん/やきとり屋)

rural_rn00l
19 時頃、会社の人が帰るとき、食事に出ようと誘われたので、出ることにした……のはいいんだけど、さて何を食べようか。するとちょうど、別の人が「やきとん」っていう有名な焼き鳥屋が浅草橋駅の近くにあるらしいですよと教えてくれた。結果的にこの情報は少し間違っていたのだが、なんとなく胃の中は焼き鳥になってしまった。ただ「やきとん」という名前で焼き鳥っておかしいよな、とこの時思ったのだが……。
で、いつも気になっている焼き鳥屋に行こうと思ったのだが、満席。そこで、駅の方にフラフラ歩きながら別の焼き鳥屋を探していたら、高架の下にやきとんやがあったので、そこに入ることにしたのである。名前を「串矢」。そもそもボクは焼き鳥より焼きトンが好きである。というか、軟骨が豚が好きなのである。
その昔、保谷駅前に、持ち帰り専門の焼きトン屋があった。隣りに焼き鳥屋ができてしまい、程なくしてつぶれてしまったのだが、その焼きトン屋の軟骨が好きで好きでたまらなかった(親父がよく買って帰って来ていた)。それからというもの、軟骨と言えば鳥よりも豚が大好きな人間に育ってしまったのだ。
池袋に焼きトン屋を見つけて、そこでようやく食べられるようになったのだが、池袋なんてここ数年はずっと用事はないし、まさか浅草橋で焼きトン屋に巡り会えるとは思わなかった。しかも値段もけっこうリーズナブルだぞ。味付けも、塩、タレ、ニンニクダレの三種類から選べる。鳥刺しも 350 円! 安いじゃないか。
そんなわけで、たらふく食ってしまった(汗)。それでも一人 2500 円(飲み物 2 杯)。うまかったー。
1212140413 1212140414 1212140418
1212140415 1212140421 1212140423

ちなみに会社の人が言っていたやきとん屋は、「西口やきとん」という名前で、焼きトン屋の聖地とまで言われているほど有名らしい。食べログの点数も、3.60 と高得点。帰りにちょっとのぞいてみたのだが、ものすごい人だった。平日なのに! スゲー!! でもちょうど席が空いたらしくて、店員さんに「今空いてますよ!」って声をかけられてしまった。ごめんよ、もう食べちゃったんだ。というわけで、こっちも来よう!
ひたすら豚の軟骨だけくいたいわ~~~<ヲイ