Bar Hasegawa Style と Nick Stock

今日のお昼はどうしようかなぁ~と道玄坂の裏側の道を彷徨いあるいて、気になるカレー屋があったので入ってみた。同僚の話によると、量は少ないよとのこと。アレかー、女子向けかー。
入ると確かにその通りで、店員も女子、客も女子しかいなかった。

ううむ……場違いか……とは思う。

しかし、カレーは好きなので「お前みたいなヤツ、くんじゃねーよ」視線に負けずに、注文する。あ、やい、店員がそんな目でボクを見ていたのかどうかは知りません(何

タイカレーっぽかったので、パクチーを大盛りにしてもらったよ!
ルーはスープカレーのごとくさらさら。味はほとんど忘れてしまったが、パクチーが非常に合う味だった。パクチー苦手な人でもたぶん大丈夫だと思う。ボクも苦手な部類の人間だから。ただボクは何故かタイ料理にパクチーが入ってる分には平気なんだよねー。

ところでこのお店、今では名前が違うみたい。『Japanise Whisky & Sprits 蕾』って言うらしい。

さて、その帰り、やっぱり量的には物足りなかったんだろうね、道玄坂沿いに新しいお店ができて、そこでホットドックの持ち帰りができたな~ということを思い出し、寄ってみた。名前は『Nick Stock』。肉と Nick がかかってたりするのかな(ぇー

とりあえず一つ買ってみる。

680 円……たか!! ショバ代ってこと?? これで不味かったら許さないからな!!
って許さなかったからどうなるのかよく解らないけど(ヲイ
味の方は、確かにソーセージは肉汁がしっかり閉じこもっていたし、あー、手間かかってるんだなってのは納得ではあった。しかしホットドック一つで 680 円かー……ボクの価値観だと高く感じてしまうなぁ。

カイラスの持ち帰り

前に紹介した、渋谷のカレー屋さんカイラス。並ぶし、出るまでけっこう時間かかるし……じゃぁ、持ち帰りはどうなんだろうと思って、行ってみた。
前は出るまでけっこう時間かかったんだけど、今回はけっこうすぐに渡された。
時間にして煙草を一本吸うくらいの時間(同僚と一緒に行って、その人が煙草を吸ってる間に出てきたのだ)。

というわけで、並んでいたら持ち帰りを頼むのもイイかもしれない。

しかし大盛りカツカレーを頼んだんだけど、重いwww
持って帰るとき、これが胃袋におさまるのかと思ったら、ちょっと戦慄した(ぁ

まぁ、結局ペロって食べちゃうんだけどね(汗)。

そういえばこの日帰りに乗った西武バスの車内、ボクが座ったところは足の臭いがすごかった。でも場所を変えても臭かった。まさか自分か!? と思ったものの、ボクは足の臭いはしないので、自分のではない……はず。

あれは誰のだったのだろうか……。

カイラス

渋谷でいつも並んでいるカレー屋さん『カイラス』についに入ることが出来た。
ここは出向先の社員お人も美味しいと言ってたので、前から行きたかったのだ。
たまたま前を通ったら、並びがいなかったので入ってみたしだいである(ただし店内は満席で、入り口で待つことになった)。

しかし、渋谷はインドカレーじゃないいわゆる日本のカレーの専門店(もしくはカレーを売りにしている店)が多いなぁ。

でね、出てくるのにけっこう時間がかかった。いつもそうなのかは初めてなので解らないが、この出てくる時間が行列を作ってしまう原因なのかなと思った。

味は、わりとルーはサラサラで辛さがストレートに来る感じ(コクとかに覆われてない感じ)。とは言え、メチャ辛いというわけでもない。あとからコクとかがじわーっと来る感じ。おいしいのだけど、う~んどうだろう、行列が毎日できるほどかと言われると……
お値段もそれなりにするし(写真のカツカレー大盛りは 1000 円)。

なんか持ち帰りもやってるらしい。今度は持ち帰りを頼んでみよう。

 

  • 今夜のヘビロテ -> Asas / Adriana Calcanhotto

マサカレー二回目

マサカレー』で二色カレーを買ってきた。食べるのは二回目。ここはカウンターの 4 席しかないので、だいたい満員なのだ。繁盛してるなとは思うけど、たぶん儲けはかなりギリギリなんじゃないかと思う。店主は夜もやりたいとおっしゃっていたが、なかなか難しいらしい。
頑張って欲しい。

お味はひよこ豆たっぷりのカレー。わりと真面目に作ってあると思うんだけど、その分、味に遊びがない。なんていうんだろうね、コクの中に甘みがあったりとかそういうのがないというか……そこが良いところだとは思うのだけど。

 

パク森カレー

渋谷にはけっこうカレー屋さんが多い。客が並んでいる所もある。
今日は『パク森カレー』という所に入ってみた。ウチの会社からボクと同じ所に出向になっている同僚から教えてもらった店だ。
気になるのは入り口に貼ってあるキャッチコピー。

「いろんな国のいろんなカレーのいろんな美味しさを追求したらこんなカレーになりました」

ぼぼう、期待が高まりますな。

入るとけっこう混んでいるというか、ほぼ満席。ボクで席が埋まってしまった。
繁盛してますな。
ちらっと隣の人のを見ると、どうやらキーマカレーにさらに別の種類のカレーのルーを合い掛けしていた。なるほど、あまりないタイプかも。
ますます期待が高まるが、ちょっと高めすぎたかもしれない。

と言うのも、食べてみた感じ、うまいんだけど、コクが足りないと思った。
フルーツや野菜がだいぶ溶け込んでい入るらしいのだが……それがだいぶ殺されているように感じた。いや、好みの違いかもしれないなぁ。もうやんカレーが好きな人間には少しコクが物足りないかもしれない。

以下、雑談。

電車通勤していてふと思ったんだけど、Google Street View で電車の路線もやって欲しいなぁ。楽しそう。
確かに地図としての利用価値はあんまりなさそうだけど、飲食店の中や観光施設の中なんかも GSV で見られるようにしてるなら、線路沿いもありだと思うんだよねぇ。

SNS とかあと Skype とかコミュニケーションをとるためのアプリとかはとにかく誕生日を尋ねてくるところが多い。この間も某サイトから「プロフィールの登録が最後まで完了していません」みたいな告知を受け取ったので、あれそうだっけと思って見に行ったら誕生日の登録がされてないからだった。

べつにええやん。誕生そのものはとても喜ばしいことなのだが、誕生日を祝って欲しくない人もいるんやで。
この手のサービスは誕生日になるとそれを告知してきたりするからウザイのだ。しかも自分に告知するだけでなく、ボクを友達として登録している人にも通知しやがる。やめてほしい。
門松は冥土の旅の一里塚とも言って、歳を取る=死に近づくことでもある。
めでたいことでもあるが、嫌なことでもあるのだ。

もちろんあくまでもこれはボクの価値観の話ね。祝って欲しい人はいるわけで、他人はちゃんと祝うよ……といいつつ、今まで付き合ってる人とかの誕生日を祝わないことは多いかもと言うことに気付いた。
気をつけよう……。

CONROW のタイカレー

渋谷のランチ事情~。
同僚に教えてもらったタイカレーのお店『CONROW』。
ガイヤーンというのはタイの鳥料理らしい。この店のガイヤーンは鶏肉がすごい量! そしてココナッツミルクのコクが深いグリーンカレー。おいしい! おいしいよ!

夜も来てみたいなぁ。でも夜は呑み屋になるのかな?

欠点は店内が狭いこと。ボクみたいなデブにはちょっとつらい(ぁ

マサカレー

1/19 に行った『惠本将裕』と同じビルに、カレー屋さんが入っているのは 1/19 に見つけてはいた。ところがこのカレー屋さん、4 席しかなく、いつ行っても満席。そこで今日は満席でもテイクアウトしようと決意し、向かった。

名前は『マサカレー』。

案の定満席だったので、テイクアウトで買ってきた。
ひよこ豆のカレー! 珍しい~。

写真の左側はコク重視、右側はチキンカレーみたいなあっさりベースの辛味中心なカレー。
二種類味わえるのはいいね。しかもひよこ豆がスゲー入ってるんだけど、これがジャガイモみたいな役割を果たしていて、イイ感じ(ジャガイモ NG の人はだめかもしれん)。
ピクルスも地味ではあるけど自家製みたいだし?

一人でやってて、本当は夜もやりたいんだけど忙しくてランチだけと言っていた。
これからも行きますので、頑張ってください!