また奥塩原へ行く

またまた奥塩原の泥の温泉『白樺荘』に行ってきた(汗
マジで月一ペースかもしれん。完全にハマってるね。
今回はゲーム業界や旧知の知人と一緒に行った。しかし白樺荘は大人数で行ったらあまり良くないことがわかった(汗)。露天風呂は男は使えないので狭い風呂に浸かることになり、長時間駄弁りながら入るのに全く向いていなかった……。まぁ少し考えればわかりそうなものではあるのだが、硫黄の温泉が近くにあるんだよというのを自慢したくて、そこまで頭が回ってなかった<バカ

露天もあって広くて硫黄の温泉が求められる<身勝手

帰りに飯という話になったのだが、ボクは栃木県のグルメに詳しくない。
というわけでチェーン店ではあるが、ステーキの宮に行くことにした。ステーキの宮について過去の日記に説明があるかなと思ったら、軽く検索しただけでは出てこなかったので、おっさんの宮への思いを聞いて欲しい(何

ボクが宮に出会ったのはもう 20 年近く前、仙台出身の知人を仙台に送り届け、その後東北の山々をドライブしまくった帰り、腹もへりまくりここはガツンと食うぞと思ったものの、深夜にやっているお店など東北には全然なく、悲しみに暮れていたところにポツンと道路脇に輝くお店だったのだ。聞いたことのない名前だったのだが、今ならなんでもいいと思い入った。
しこたま注文した後、最後に「ご飯は大盛りで」と言うと店員がにこやかに「はい」と応えた。そして、お皿の上に山盛りにこれでもかって盛られたご飯が出てきたのを今でも憶えている。あぁ、感動! ファミレスでこんなことしてくれるなんて、コレ絶対規格外の盛りだよね!! 東京のお店じゃ、こんなサービス絶対してくれないよ、やっぱ東北は神! とか心の中で小躍りしていた時、店員が言い放ったのが「ライスはお代わり自由となっております」の一言だった。

いや、先に言えよ。そしたら大盛りなんて言わないからww

いやね、メニューには書いてあったんだと思いますよ、ええ、ええ。だけど空腹で朦朧としていたボクにはそんな文字には気付きもしなかったわけですよ。まぁそれがボクと宮の出会いであった(何なんだ
ちなみにその頃乗っていた車は、カリーナ ED(T16) だったのを思い出した。

というわけで、ステーキの宮 大田原店に行った。360g のステーキを注文。もちろんご飯はお代わり自由だが、なんとガーリックライスもお代わり自由だという。素晴らしい。いやー、肉もなかなか柔らかかった。ブロンコビリーにも引けを取らないうまさ。値段はブロンコビリーよりちょっと安いくらい?? 驚いたのがステーキ丼(三枚目の写真)。盛り付けがすごく面白いw 見た目もゴージャス。頼んだ人曰く、コレで 980 円は大満足のこと。こんどボクも頼もう。あとステーキの宮は JAF の割引が利く(8%)。これもありがたいね!

HERMES E2

渋谷の出向から戻ってきてから、ずっと使わないでいたキーボードの Enter キーがおかしかった。押しても反応しないことがあるのだ。それでもなんか時々だしいいかなぁなんて思って使ってたんだけど、いい加減ダメになってきたので新調することにした。
ボクはメカニカル キーボードじゃないとダメな人で、伝統的に FILCO を使ってきた。自宅も FILCO のキーボードである。ちなみにテンキーはない(と言うか不要)。で、ゲーム用キーボードというのを買ってみた。青軸らしい。ちなみにこの軸による差異は、実はボクはそんなに気にならないという……<なんだよ

使ってみた感想は、音がチャチい(ぉ
すごく軽い音。これは青軸だからなのか、それともこのキーボードからなのかは、解らなかった。が、とりあえず反応速度は問題なし。てきとーにどばーっと入力してもおかしなことにはならなかった(ボクのキータイプはトタン屋根の上に豪雨は降ってきたかのような音がするらしい)。

伊集院のラジオで聞いた話。国税局も風俗店の調査とかするんだ? ああいうところってみんな税金払ってないのかと思った。もしちゃんと税金払ってるなら、もうちょっと尊敬されてもいい仕事だと思うんだけどなぁ<そういう問題か?

下の写真はわかきのステーキ。安くて大きい、赤身中心のステーキ。うまいわ~

わかきのW(ダブル)

浅草橋でおそらく最も安くステーキが食べられるお店『わかき』行った~。
サーロインとプライム ステーキを一枚ずつ頼んだ。
ただプライム ステーキがどこの部位なのかはよく解らず(ぁ
たぶん肉質のことだと思うんだけど。

実は肉はそこそこ固い。霜降りを期待するとよろしくないが、食べやすくてしっかりとした赤身を食べたい人向け。赤身いいよ、赤身。

ちなみにサーロイン 200g が 972 円、プライム 180g が 896 円である。

わかきのプライム ステーキとファンタのすいか+塩

今日は元気付けたくて『わかき』に行った~。
プライムステーキ(180g)のダブルを頼んだ(360g)。このプライムがどこの部位なのかはよく解らない(汗)。ただ赤身である。霜降りでもないし、脂身もない。それでいて、そこそこ柔らかい。これでご飯をお代わりしても 1700 円。ボクが最近気に入っているステーキ ハウス『ウッドストック』のウッドストック ステーキ(200g)が 2260 円ってことを考えると、かなりリーズナブルだ(どちらも、サラダ、スープ、ごはん付き)。
但し、肉の柔らかさ、食べやすさはウッドストックの方に軍配が上がるが。あと、この値段なのもランチタイムだから何だろうなとも思う。ウッドストックにもランチあるのかなぁ?
ちなみに写真の右側は同僚が頼んだオニオン乗せた奴。こっちのはあっさりとお肉が食べられそう。

  • 過去のわかきの記事

1607080812 1607080810

ところで近くのスーパーで見たことないファンタ売ってたので買ってしまった。
すいか+塩味。
なんか、薄いスイカ味に後味がしょっぱい感じ。
別に嫌いではない。

ところで夏になるとこんな風に水分だけでなく、塩分もとれるようにしてる飲み物が増えるけど、正直肉体労働やスポーツマン以外の人はいらないと思うんだがどうか? と言うのも、サラリーマンやデスクワーク、営業の人たちは、外食などで塩分を摂りすぎてると思うんだよね。逆に汗でどんどん塩分を出してやったほうがいいんじゃないかと思うんだけど、どうだろうか?

1607080813 1607080816 1607080817

シャワーとポテチとカウボーイ

自宅のシャワーがいよいよダメになった。シャワーヘッドとホースの付け根が破れてしまい、そこからぴゅーぴゅーと水が漏れるようになったのだ。頸動脈切ったら、こんな感じなんだろうか、とか訳のわからないことを思いつつ、ドイトへ向かう。
そして以前からシャワーを替えるなら、スーパー銭湯なんかでよく見る柔らかいお湯が出るやつにしたいと思っていた。

とは言え、店頭で見ても、どれがそれに相当するのかよく解らなかった。

ので、テキトーに、a-cube とかいうのを買ってきた。
決め手は水の出る穴が小さかったから。

で、実際に使ってみたら、ほぼ思い通りの水が出てきた。
体への当たりがすごく柔らかい。コレコレ、コレですよ。
しかも節水効果とか書いてあったけど、今まではシャワーの蛇口は全開にしてたんだけど、1/4 回転で充分な水圧が出る。これは凄い。のはいいんだけど、絶対的な水の出る量は少ないので、洗面器にお湯が溜まる時間は当然かかる(^^;
この辺、難しいね。

下の写真は、スーパーで 50 円で投げ売りされていた、お菓子類。
スコーンサワークリームオニオンは確かにちょっとスコーンに合わなかったけど、チップスターの香ばしエビは普通に食えた。

1605069662 1605069664 1605069665 1605069668

夜、知人と食事に出たのだけど、結局何を食うか決まらず、カウボーイ家族になってしまった。まぁでも、安くてそこそこのステーキが食えた……のかな。一応、ロイホのステーキのはずだ。しかしまぁ、こう言うところ来ると、ボクはひたすらカレー食ってるなぁ(汗)。

1605069669

わかきとかペプシとかガソリンとか

門前仲町に出向する前、ボクは出社する時間が 14 時以降のことが多かった。となると浅草橋ではだいたいどの店もランチタイムが終わっていて、お昼はチェーン店系かコンビニで済ます事がほとんどだった。
出向で 11 時に出社するクセがついたため、今日はずっと行きたくても行けなかったお店に行った。
ステーキ屋の『わかき』である。1000 円でがっつりステーキが食えるお店。

焼き具合はミディアムレアを頼んだ。
肉は赤身主体。
柔らかさはウッドストックに負ける。食い応えは充分。
ステーキソースが、ガーリックとオリジナルの二種類あって、どちらも

1603169132 1603169133 1603169137

そして最近投げ売りされている、ペプシのサクラ。80 円とかで売られているので、わりと最近飲んでいる。カロリーもそんなに高くないのよね。

1603169144 1603169138 1603169140

帰りに給油しようと思ってガソリンスタンドに寄ったら…… 118 円 /L!
先月末頃に減産するってニュースが流れてたんだよねー。ボクが見たハイオクの最安値が 109 円 /L だったから、それと比較すると  9 円も値上がってる(T_T)
あ~あ……また 180 円くらいまで上がるのかなぁ……やめて欲しい。

1603169150

ウッドストック、再び

並ぶステーキ屋さん『ウッドストック』。前回で並ばなくても済む時間帯を知ったため、今度はハンバーグを食べに行ってきた。今回はさらにソースもホワイトクリーム(?)を選択。

調理の出し方が、さわやか形式だった。いわゆる棍棒状のハンバーグを持って来たときに半分に切り、中の赤い部分を、まだ熱い鉄板に乗せてさらに焼く形式。これをボクは勝手に「さわやか形式」と呼んでいる。この方式を採用しているのは、ビッグボーイをはじめ、ブロンコビリーやフライングガーデンなど、けっこう多い。

お味はと言うと、みっしりとつまった食感はとても良い。肉汁はけっこう逃げがちなのだけど、たぶんいいのだろう。そしてホワイト ソースがうまいというかなんというか、イイ感じに焦げるのよね。そしてチーズとホワイトソースのクリーミーな味と、ちょっと香ばしく焦げた味がなかなか絶妙。

そしてデザートも充実しているところが嬉しい。ケーキは素朴で、悪い言い方をしてしまうと野暮ったいって感じだけど、その分、甘さ一辺倒じゃなくてちゃんとベリーの味もしっかりして(酸味もある)、ステーキ後にはイイ感じ。

おいしかったー。

1602118199 1602118201 1602118203 1602118205 1602118207 1602118210 1602118213