AWS の固定 IP とか Instagram とか日乃屋カレーとか

サーバ関係の仕事AWS を使っているのだが、無料期間中だったりする。
無料で使うには月に稼働できる仮想マシンの時間とかネットワークの転送量とかが決まっているので、土日に仮想マシンを落としておいた。そしたら月曜日、IP アドレスが変わってしまった(当たり前か)。

そこで調べると IP を固定する方法がわかった。しかもこれも無料だった。
ほうほう、太っ腹ですな。
と思ったら、この固定 IP は稼働している間は無料だが、無可動だと金がかかるらしい。なるほど、確かにそうした方がイイと思う。というのも固定 IP を設定したままにして放置してしまうユーザが少なからずいると言うことは想像に難くないからだ。
とくに IPv4 はすでに枯渇しており、たとえ Amazon といえど、無尽蔵に使わせるわけには行かない。だから動いている限りは無料だけど、使ってないなら金取るぞというスタンスなわけである。

飯stagram の投稿が 100 件を超えた。頑張ってるなヲレ(ぉ
まぁこのあとすぐに失速するんですけどね!

下の写真は日乃屋カレーのいつもの三種盛りと日乃屋カレーのお向かいにいつの間にかできた東京メロンパンのメロンパンとアップルパイ、そして伊藤園が出したほうじ茶ラテ
日乃屋カレーはちょうど作ってるところを写真に収めることができた。巨大な昆布を入れていた。なるほど。そして東京メロンパンは外がかなりカリカリ、中が弾力のあるパンで美味しかった。けどアップルパイはイマイチだった(汗)。
ほうじ茶ラテは後味のほうじ茶の味とラテの味が喧嘩しているというか何というか。わりとまったりとして芳醇ではあるんだけど、その後味がボクはダメだった。でも逆にあれが好きって人もいるのかも。

尿とか Amazon とか実の娘とか(何だそれ

くだらないなぁ……。今振り返っても自分がいかにバカであるかがよく解る。
自販機には女の子の生写真とプロフィールが貼ってあるんだろうな。で、この娘のおしっこが欲しいと。今ふと思ったけど、ブレンドしたらどうなるんだろうか?つーか、別に飲みはしないか。
その子をテーマにしたフレイバーがついてる飲み物だといいのかね?

ところで他人のおしっこって飲んでも大丈夫なんだろうか? なんか他人の大を食うのは命に関わるらしいじゃない? 腸内細菌とか違うと、色々ダメなようで。

2011 年の 1 月から Twitter を初めて、ようやく二万ツイートを超えた。
ボク的にはもっとつぶやけると思ったんだけどねぇ……意外とつぶやいてないよね。
一年で二万ツイートぐらいいくんじゃね? とか始めたときは思ってた!

Timepiece Ensemble の Vita 版、プレミアついてるよって教えてもらって Amazon の売り場に行ってみたら、上のツイートのような表示が出た。ちゃんとこういうことしてるんだね、Amazon。がんばってるなぁ。

これ、すげーキモい話だなとは思ったんだけど、実の娘をレイプしてしまうよりは健全かなと思い直した。好き嫌いってさ、まぁいつかは理論的に解明されるのかもしれないけど、今はどうしようもないじゃない? 例えば性的趣向や異性の好みってさ、別に自分がそう言うのが好きになりたいと思ってなったわけじゃないじゃない? まぁそういうこともできるのかもしれないが……。
娘を性的に好きになってしまった人も、なりたくてなったわけじゃないと思うんだよね。
でも好きになっちゃったんだよ。セックスしたいと思ってるんだよ。
とはいえ、手を出したら虐待だし犯罪だし、たとえ相思相愛だったとしても娘が未成年の場合はその娘からの愛情は正確なものではない。

そうやって娘を傷つけてしまうくらいなら、イメクラにでもいって娘を演じてもらう方がまだマシなのかなと。とはいえなぁ、人間はエスカレートしちゃうからなぁ。そういうことしていると偽物では我慢出来なくなって本当に手を出してしまうのかもしれない。

性産業って難しい。性犯罪の抑止に役立つ面もあるし、エスカレートさせてしまう面もある。