帰り道

rural_yn02c
帰りは国道二号でノロノロと大阪くらいまでは帰ろうかなぁなんて考えていた。でもそういうことをする場合は事前に地図を見ておくべきだった。どこを走っているか感覚的に解らなくなり、結局途中から高速に乗ってしまった。
小谷 S.A. に 16:00 着。2 時間ほど仮眠して 18:00 発。
23:30 に名古屋着。
ここで晩御飯を食べたりどしたり。
11/4 に変わって AM1:00 に名古屋発。3:30 に山梨県は双葉 S.A. に到着。
ここで仮眠……とか思ってたら、目が覚めたら朝 8:30 だったwww
結局双葉 S.A. から直接出社した。11/1 の 0 時から始まった旅はフルに三日間を使い切った旅となった。振り返って見れば短いけれど、感覚的にはずいぶん長いこと旅していたという気になった。
ボクはもともと車中泊はあんまり好きではないのだが、エスティマに乗り換えてからというもの、車中泊が苦ではないということは解った。とは言え、やはり車中泊に頼らない旅は心がけたい。特に、冷暖房を使うのが環境にも良くないし、エンジンにも良くない。

もう一つは、やはり一人旅というのは気軽で楽しいものだと改めて感じた。10 代後半~ 20 代前半の頃はよく一人旅をしていたが、いつしか一人ではあまり旅しなくなっていた(複数人で車の旅をすると旅費がとてつもなく安くなるのが、一人旅が減った同機である)。ただ翻ってみれば、今回のような行き当たりばったりでしかも宿に泊まれるかどうかも解らないような旅は、他人を一緒には連れて行けないなとも思った。

さて、初めての山陰であるが、まず感じたのが言葉は関西弁に近いのだが、人間性はまったく異なるということだ。さすがかつて中央と張り合うほどの勢力を誇っていた……からかどうかは解らないが、なんとも言えないプライドの高さのようなモノを感じた。そしてお風呂などで気軽に話が出来ない。こんなこと、初めてである。
ボクはよく旅に行くと現地の人と世間話をするのだが、今回の旅ではほとんどなかった。つけいる隙がないというかなんというか、そして逆にこちらに対しても、無干渉なのだ。
石見銀山で少しだけバスの運転手と会話できたが、ものすごく島根への郷土愛というのだろうか、また来て欲しい、他にも見るところはたくさんあり、歴史は京都には負けていないからという気持ちがヒシヒシと伝わってきた。

次に山陰地方の考古学的考察だが、非常に面白く取材できた。特に京都と同じ金型で作られた銅鐸なども発見されており、当時の交流の深度がうかがわれ、面白い。しかし取材としては中途半端であり、まだまだ見なければならない場所があると言うことが解った程度である。
古事記日本書紀万葉集がどこまで正しいかは別として、国譲り以前の島根の正体に少し近づけたと思いつつも、その後、ここに住んでいた人たちはそのままなのか、それとも他へ散って行ったのかなどなど疑問に思うことは尽きない。
荒神谷遺跡にせよ加茂岩倉遺跡にせよ、結局の所、謎な部分が多く、全容解明にはまだまだ時間がかかるように見えた。と言うことは、こちらとしても想像を豊かにして憶測で物事を決めなくてはならないのだが、説得力を持たせられる設定にするにはさらなる研究と情報収集が必要であると思われる。

1411034119 1411044122

 

広島県の夜

rural_ay00i
石見銀山を見終わったあと、さてどうするかという問題が上がった。日付は 11/2 で、明日も休日である。まだ山陰にいるべきか、それとも、南下すれば広島である。じつは広島には 5 年以上つきあいもありながらまだ一度も出会ってない外注さんが住んでいる。
その人に挨拶に行くのもアリじゃなかろうか。

というわけで、広島に出ることにする。

石見銀山を出たのが 18 時過ぎ。広島は尾道に着いたのが 20:20 であった。
さてせっかくなのでお好み焼きを食べようということで尾道に出てみたのだが、これがなかなか店がやってない。タクシーの運ちゃんとかに聞いて、遅くまでヤっていて有名なお好み焼き屋を教えてもらうも、駐車場を探している間に満席になってしまた……orz
結局福山に出てもこれといった店は見つけられず、居酒屋になってしまった。くそー。

外注さんとのご飯が終わった後、せっかく広島側に出たのならと明日は厳島神社に行くことにする。宿は取らずこのまま宮島近くまで行っておき、そこで仮眠をとることにした。外注さんと別れたのは日付の変わった 1:30。給油をしてから宮島 S.A. へ向かう。宮島 S.A. には 3:00 着。そこで朝まで寝た。
起きたのは 8:00。宮島 S.A. の近くに温泉があることは予め調べていたので、そこに入りに行く。
ひとっ風呂浴び、厳島神社の駐車場に到着したのが 10:00 だった。

1411023930和民の不思議な
飲み物
1411033936
朝風呂した所から
見下ろす瀬戸内海


(MP4 / 720p / 30fps / 10Mbps / 0’22” / 8 倍速 / 26.5MiB / iPhone 4S)

たまき(出雲蕎麦

rural_am00g
出雲市に着いた初日から「たまき」という名前の蕎麦屋を見付けていた。ただその時はすでに羽根屋に寄ったあとであり、お腹も空いているわけでもないので素通りしていたのだが、遺跡を見終わったのがお昼すぎと言うことと、朝食も食べていないと言うことでぜひ自分と同じ名前の店に行ってみようと思った。

ところが本店は激混み。車を駐めるのも待ちが出るほど。
看板の写真だけ撮って諦めるも、国道を走っていたら、支店か何か、同じロゴのたまきを発見! そこは少なくとも車は並んでなかったので入った。それでもほぼ満車に近い。
店内に入ると、ずらりと人が並んでいた。
とは言え、20 人前後であろうということでそのまま並ぶことにした。
出雲蕎麦のために並ぶの二回目(ぁ

こちらの方が羽根屋に較べてさらに出汁が甘かった。蕎麦はクセがなく食べやすいが、蕎麦の風味は羽根屋の方は上だった。そう、こちらはどちらかというと食べやすく、心地よい味に心がけているように見えた。
食べログの点数はそんなに振るわず、3.08(2015.03.23 当時)。

うどんの方は羽根屋と同じ印象。ちょっとぬるぬるが残る柔らかめのうどん。ボク的には余り好みではないので、知っていたら頼まないかなぁ……(ぁ

1411023813 1411023814 1411023816 1411023827 1411023819 1411023820 1411023823 1411023824

遺跡と石見銀山

bs_ryok01k
二日目はこの辺りの遺跡を回り、最後に石見銀山に行く計画である。石見銀山は今回の取材とはまったく関係はない。これは単純に前から行きたかっただけ(ぁ。

遺跡は例の銅矛が大量に出土したという荒神谷遺跡とそこからすぐ近くにある加茂岩倉遺跡を回ることにした。朝 8 時には出発したのだが、荒神谷遺跡は 10:00 からだった……orz 仕方がないので先にお風呂に入りに行く。荒神谷遺跡の近くにたまたま温泉があったのだ。ここでひとっ風呂してから、荒神谷遺跡へ。それから加茂岩倉遺跡を回った。
天気はあいにくの雨。傘を差しながらの取材となったが、やはり土地に詳しいわけではなく、そもそも遺跡以外に神社も回るべきであると言うことを知ったのは、遺跡を回った後だった。
大社ならず、出雲には古墳時代頃から奉られていたものが方々に存在しており、またそれらが遺跡と関わりを持っていたりして、神社込みで取材しなければならないことが解った。また関東以上にこの地方の人たちは、その時代からの流れを大事にしているようで、しっかりと記録や祭事が残っていることも解った。
この教訓を元に、ここへは計画を立ててから、再度来る必要がある。

まぁ、今回はそのことが解っただけでも良しとしよう。

あとは写真でこの地に思いを馳せていただければ……。

1411033770 1411033772 1411033775
この辺からの景色。出雲の田園風景
1411033780
ここから東向きの風景

▼加茂岩倉遺跡

1411023783 1411023783a 1411023783b
総合案内板
1411033805
あんな高いところに…
1411033788
昇った(汗
1411033790
出土の状況
1411033786
出土の状況
1411033794
出土の案内板
1411033792
出土の状況
1411033798
なんか、穴(ぇ
1411033800
実際の穴
1411033802
実際の穴

1411033810 1411033807
紅葉はまばらだった

石見銀山

加茂岩倉遺跡を出たのが 12:30。石見銀山に行く前に、朝食兼昼食を食べたいところ。で、昨日から出雲を走ってて気になるお店があった。それは「たまき」っていうお店(笑)。出雲蕎麦の店らしい。
まずは本店に言って見るも、そもそも駐車場に入れるのに並ばないと行けないような状況。
諦めたのだが、他にも店があるらしく、国道 9 号沿いの店になんとか入ることができた。この 9 号沿いの店だって、店内では並んでいる状態だった。すごい人気だな、たまき(ぁ
まぁ食事の記事はまた別記事で。

石見銀山は 15:00 ごろ到着。さすが世界遺産と言うこともあり、こちらは今までの遺跡と違ってたくさん人がいた。何も下調べをしていなかったので、案内人の言われるがままにバスに乗ってしまう(案内人には、当時の関連施設や壕を歩いて回りたいと伝えた)。すると銀山公園に連れて行かれる。って、そこに駐車場あるじゃん……orz
さて、ここからはハイキング コースである。要するにこの近隣山全体が鉱山になっており、見たかったら山に登れ、というスゴい投げやりな観光地なのだ(笑)。というわけで、雨の中 2 万歩、歩いてきた。
途中、見たいところには本格的に山登りをしなければいけないコースもあり、それらは断念した……orz
せめて雨降ってなければなぁ、行ったんだけど、そういう山道は傘さしながら歩くのはかなり危険な場所だったのだ。残念!

まぁーしかし、この投げっぱなしな観光地はなんだろうね(笑
ある意味不親切なわけだが、ボクみたいに一人であっちこっち行きたい人には、逆にこういう投げっぱなしの所の方が好きかもしれない。ぶっちゃけどこ歩いてもいいしね。山全体が鉱山だから、かなり長いこと時間がつぶせると思う。

▼銀山公園から関係者墓地、清水谷精錬所などを経て、龍源寺間歩までの道のり
1411023829 1411023832 1411023834 1411023837 1411023838 1411023842 1411023846 1411023849 1411023853 1411023857 1411023858 1411023859 1411023865 1411023867 1411023869 1411023870 1411023873 1411023876 1411023881 1411023883 1411023886 1411023893 1411023897

▼龍源寺間歩
1411023902 1411023904 141102DSCF6249 141102DSCF6250 141102DSCF6253 141102DSCF6257 141102DSCF6259 141102DSCF6260 141102DSCF6261 141102DSCF6262 141102DSCF6265 141102DSCF6266 141102DSCF6267 141102DSCF6268

▼龍源寺間歩から佐毘売山神社を経て、元来た道を戻る
1411023907 1411023912 1411023913 1411023916 1411023917 1411023920 1411023922 1411023924 1411023925 1411023927

羽根屋(出雲蕎麦

bs_yuta01b
さて、今回の旅行一番最初のご飯である。出雲に来たからには、出雲蕎麦を食べたいと思っていた。とは言え、山陰に来るのは生まれて初めてで土地勘もあるわけじゃないし、元々東北に行こうと思っていたところを急遽山陰に変更したため、下調べをしているわけでもない。
と言うわけで、今回の旅は食べログに頼りっきりとなった。

食べログがオススメしてくれたのは「羽根屋」というお店。3.68(2015.03.23 当時)という高得点のお店。

行ったら、並んでた。
すげー。13:44 でこの混みっぷり、と思ったが、今日は土曜日だった(ぁ
駐車場はいくつかに分散されているようだが、運良くボクは店の前の駐車場に入れることが出来た。
並んでいる間にメニューを見て注文するものを決める。
なんと、うどんも有るではないか。と言うわけで、蕎麦とうどん両方頼むことにした。

出雲蕎麦の食べ方は独特である。割子という重箱に入って出てくる。まぁ、ボクが下手な解説をするよりも Wikipedia の方がちゃんとしているので、そちらを参照

出汁は東京並みにしょっぱい。甘みは東京よりも強く、出汁もおそらく違う。ただ東京と違い、割子の上に直接出汁をかけるので、濃いめに作られているような気がする。
蕎麦は蕎麦の風味がけっこう残っており、悪い言い方になってしまうがざらっとした感覚が残っている感じ。様々な薬味とともにいただく。

割子は段数を選べる。1 段~ 3 段まで。
常連客が多いのか、店の事情を知っている人が多く、さっさと食べてさっさと出て行く人が多かった。この割り切りが気持ちがいい。

と言うわけで、割子三段にうどんまで食って腹一杯。
満足満足。
あ、うどんのこと書くの忘れてた。
うどんはちょっとぬめっとした感じで、麺は柔らかめ。ぬめっというのは釜揚げ的な。水で絞めてない感じのうどんだった。

1411013682 1411013675 1411013676 1411013678 1411013680

10 月燃費、まとめ

bs_zuho01a
今月は大きな旅行はなかったけれど、細かなドライブがちまちまあったのだが、その割には燃費はあまり振るわなかった。やはり都内移動が効いているのだろうか……。9 月よりも悪く、400m/L 落としている。うーむ、なんとか月 9km/L を維持したいモノだ。

Date 走行距離(km) 給油量(L) 単価(\) 燃費(km/L) メーカー 油種 給油地
10/09 465.2 56.82 169.0 8.187 昭和シェル ハイオク 東京都杉並区今川
10/15 466.9 54.68 163.0 8.539 ESSO ハイオク 東京都杉並区井草
10/23 482.4 58.69 160.0 8.219 ESSO ハイオク 東京都杉並区井草
10/28 550.2 57.56 159.0 9.559 ESSO ハイオク 東京都杉並区井草
10/31 546.8 57.42 159.0 9.523 ESSO ハイオク 東京都杉並区井草
まとめ 2511.5 284.17 171.25 8.838  -

中国人の店の不思議

bs_yasu01m
最近ボクの中で疑問というか、気になっていることがある。
それは中国人がやっている中華料理屋が定期的に(?)変わることについてだ。きっかけは勤めていた会社の近くの中華料理屋が一年くらいで名前が変わることだった。当初ボクは名前だけ変えて目新しさを演出しているのかと思った。
ところが二回目にその店の名前が変わったとき、料理人やフロア担当の人間が違うことに気付いた。つまり、本当に違う店になっていたわけである。
思い返してみると、中国人がやっている店は往々にしてそういうことが多いことに、今頃になって気付いたのだ。

店の名前が変わるだけでなく、確実に中の人も変わっている。
なので味も変わるし、メニューも変わる。また、メニューはそのまま継承していることもある。

しかもそれは東京の至る所で行われている。浅草橋でも見たし、中村橋でも見たし。
このビジネスモデルは誰が考えたんだろうか?
今度日本語が通じる店長がいたら聞いてみようかと思っている。