Top > Diary > 2007-09-22
これらのキーワードがハイライトされています:カテゴリ: 旅行

塩原温泉

FTS0400.png

朝 10 時頃目が覚め、うだうだとやり、お昼頃やっと朝ご飯。
それから何を思ったか、那須塩原に行こうと思い立ち車に乗り込んだ。
というのもボクが行くドライブコース&温泉というのは、群馬県・埼玉県・山梨県・神奈川県であり、自分の住んでいる地点から北西・西・南西に限られていたのである。特に群馬県の万座・草津が大好きなボクはあまり栃木の温泉に明るくないことに気づいたのだ。
栃木の温泉といえば、日光・鬼怒川・那須・塩原は言うに及ばず、川俣・川治・奥日光とかなりの名湯を有している。でも日光・鬼怒川は人が多いだろうし、那須は遠すぎるということで、那須の途中にある塩原温泉に行ってみようと思い立ったのである。

なぜ那須が遠すぎるのか。
それは今回、全ルートを下道で行こうと決めていたからであった(汗)。
8 月の東北旅行はほぼ全線下道での旅だった。ボクは遠隔地への移動はお金をかけてでも高速道路で移動すべきと言う固定概念があって、特に首都圏内の移動で下道を使うこと自体あり得ないと思っていたのだが、平均時速 40km ~ 50km 感覚で移動することを念頭に計画を練れば、下道だけでも面白いドライブが楽しめることが解ったのである。
そこで今回は 13:00 頃自宅を出発し、17:00 頃に塩原につくことを想定してみた。
ルートは保谷から浦和に抜け、R463 を使って R4 に出てそこからひたすら塩原まで北上するというものである。
しかしながら東京の道路をあれだけ走っているにもかかわらず、ボクは保谷~浦和間の時速までも 40km/h と見積もってしまったのですな。んなわけがないwww
出発して荒川を渡るぐらいまでは結構順調だったのだが、荒川から R17、R463 は渋滞気味。動いても 20km/h ~ 30km/h のノロノロ運転。途中本屋によって日帰り温泉の本を買ったり、ロイヤルホストでその本を見ながら、塩原のどこの温泉に入るかなんてのを検討したりした時間があったにせよ、R4 号に出た頃にはすでに 15 時を回っていた。 その時点で宇都宮まで 77km という表示をみて愕然とする。
ちょwww 17:00 に塩原になんか着かないからwww

R4 もさすが東北方面の動脈と言うこともあり、交通量も多く、走っては渋滞、走っては渋滞の繰り返し。ようやく小山を抜けたあたりから順調に走り出すも、この時点で 17:30 を回っていた。
目的の温泉は 21 時まで。せめて 1 時間はつかりたいから、余裕を見て 19:30 には脱衣所にいたい。そう願いながらも車を走らせたのであった。

みやこ家ラーメン

途中腹が減ったので飛び入りでラーメン屋に入ることにした。
ラーメン屋は当たり外れが激しいって言うか、基本外れしかないと思っていたので味の方はあまり期待していなかった。しかも豚骨ベースという表記を見て「ああ、家系ラーメンなのか」と想像。
ところが注文してからよくよく店内のメニューなんかを見てみると、あっさりとこってりがあって、あっさりの場合は鶏ガラスープに海鮮出汁(かつおとシジミだったかな?)と書いてある。がーん、もっと速く気づいていれば……。こってりの方を頼んでしまった。
こってりの方は豚骨に海鮮だし(かつおと昆布)らしい。

早速味わってみると、これがけっこうおいしい。ボクは塩を頼んだのだが、豚骨ベースではあるものの、海鮮の出汁がけっこう強く、塩気よりも目立つ上に関西のように甘くない(醤油じゃないからかな?)ので、なかなかすっきりとした味わい。豚骨と海鮮だしはケンカすると思ったのだが、豚骨が思ったよりも自己主張をしていないのでかなり食べやすかった。とはいえ豚骨とチャーシューがやはりこってりとした味を残すので、トータルとしてはこってりなのだが……(汗)。6br; 麺は太麺ちぢれ。これがなかなかスープにうまくからまってうまかった。しかも国産小麦を使って自分たちで打っているという
同乗者は味噌を選んだのだが、こちらは味噌の味がうまく出ていて海鮮の味が押さえられている感じ。どちらもケンカせずに調和しているように思えた。

手放しにうまい、というわけではないが、具・スープ・麺がちゃんと調和しているので、ボクは充分おいしくいただくことができた。
また来てみたいのだが……場所が場所だけにもう二度と来られないであろう(汗)。

塩原温泉は鉄なのね

というわけで 19:30 頃、なんとか到着。目的の温泉は川の畔に掘っただけの外から丸見え状態。
しかも 19:30 なんていったら、もう真っ暗ですよ。
当然明かりも何もない。
さっぱりわからんwww
聞こえるのは温泉のお湯が注ぐ音と、川の音だけ。
シャワーも洗い場も何もない。本当に川の畔に穴をほってそこに温泉をいれてるだけ。脱衣所は一応屋根がついているが、ロッカーもなければカゴもない。しかも「熊出没注意」の看板がいたるところにwww

そんな温泉ではあったが、気分は最高。
川の音に耳を傾けながら、ぼーっと入る。のぼせたらあがってまたぼーっとして、また入る。
それの繰り返し。
なんだかんだで 21 時過ぎても入っていた。っていうか本には 21 時までって書いてあったけど、それは便宜上もうけられたものであって番頭さんがいるわけでもなく 24 時間入れるみたい(汗)。
まぁだいたい塩原温泉郷の規模も解ったところで 22 時頃撤収。

帰りは R400 を会津若松方面に北上し、途中 121 号線から日光方面へ南下を開始。122 号で伊勢崎、R17 で熊谷、R407 で東松山、R254 で川越を経由し帰宅。総走行距離約 500km の旅であった。
帰宅は日付変わって AM1:00 であった。

今月中に、あと山形か金沢どちらかに行きたいなと思っている。

  • 長距離運転は私はできない人になりつつあるようです~。2時間かからないようなところに行くだけで、すっかり疲れてしまいます~。こういうのは車によったりするのかなぁ? 日付変わって明日は本番です~。がんばってきます~。 -- へぽかる? 2007-09-23 (日) 23:28:41
  • 公演はいかがでしたか? 思う存分、力を発揮できたことを祈っております。
    さて運転の件ですが、車による疲れの違いはあるとは思いますが、休み休み行くのが一番いいと思います。ボクは結構特殊な方かもしれません。 -- たまきん 2007-09-25 (火) 00:13:32
  • ありがとうございます~。無事に終了しました。かなりたくさんのお客様が来て頂けました。来年も行う予定なので良ければおいでくださいな~。 -- へぽかる? 2007-09-25 (火) 22:27:46

#comment


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 07 Mar 2008 14:25:52 JST (3911d)