Top > Diary > 2006-09-07

社員旅行??

0609070736.jpg

9 月末から仕事がとんでもなく忙しくなるため、その前に命の洗濯と言うことで事務所のみんなで草津に行くことにした。決まったのはものすごく急な話で、先週にボクがぽつりとそういう企画をしゃべったら、わりと事務所の人も OK な感じだったので、雇い主に許可を取り、行き場所を決め、宿の予約はなんと前日にするという超いいかげんな旅。
ルートは川原湯温泉というダムに沈む温泉地を経由して草津でのんびりするというもの。
帰りは草津から少し北にある、尻焼温泉に入ってから帰ろうという計画だった。
前日のうちに親戚のオデッセイを借りに行き、朝 6 時に起きる。
天気はあまり良くなかったが、どうせ宿の中でごろごろして温泉につかるだけだと思い、出発。うちの事務所は埼玉の人が多いので、一路大宮へ。そこで合流し、川越 IC から関越自動車道に乗り渋川伊香保 IC を目指す。道路は川越手前でもたつきがあったものの、昼の 12 時には渋川伊香保 IC を抜け、13:00 には川原湯温泉へ。途中で建設中のヤツ場ダムを見に行く。
こんな発破の合図の看板なんかあったりした。

0609070733.jpg

この川原湯温泉は 10 年後にダムの底に沈むらしい。建物とかもだから古くなっても立て替えずにずっと居るらしい。でも、温泉は最高。硫黄の臭いはぷんぷん。湯温はなんと 80 度!
水で埋めながら入った。
ついでにここで昼食もいただく。群馬はなぜかうどんが有名なので、うどんを頼む。釜揚げうどん。
なるほど、讃岐とは違うがうまい。ただやっぱりだし汁がいただけない。出汁は取れているがどうしても塩辛い。だがすり下ろしたゴマとショウガでおいしくいただいた。ほかのメニューものぞいてみたがどれも味はよいようだった。
こういうふつうの食堂でも素材の味が確り楽しめるのが田舎ならではである。
それから一路草津へ。
途中道の駅に寄ったりしつつ、草津へは 15:30 に到着。
あとはまったりモード。
書くのが面倒になってきたので、この辺でww(ぉ

  • 群馬は小麦粉の生産地。だもんでうどんが有名。ちなみに団子などもある。 -- ken1? 2006-09-10 (日) 08:41:32
  • それって昔からなのかな……暇になったら調べてみよう(忘れる気がするけどw -- たまきん 2006-09-11 (月) 14:05:30
  • >群馬県は古来から優れた麦の産地で、群馬の小麦粉は一般的に「地粉」と称され、素朴で深みのある味わいは、家庭の味・母の味として昔から親しまれ郷土料理となっています。 -- ken1? 2006-09-13 (水) 05:46:08
  • http://www.seifun.or.jp/chiiki/2006_06.html 群馬県で検索してちょ。 -- ken1? 2006-09-13 (水) 05:46:55

#comment


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: (4593d)