Top > Diary > 2006-09-12

うひゃ

FAM0200.png

いろいろ仕様とか指示とか、あと CG の切り出しとか。
細々いっぱーい!
どころでディレクタっていうとまぁ【監督】なわけだけれども、映画の監督がどんな仕事かは知らないけれど、ゲームの場合【雑用係】である。ゲームのデータを作る以外の仕事全部をやるのがディレクタの役目である。
【ゲームのデータを作る仕事】って言うのは原画だったりシナリオだったり CG だったり音楽だったりそしてプログラムだったり……要するに、コンピュータで表現される視聴するためのデータだ。
で、ディレクタはそれらのデータの間を埋めるのが仕事なのだ。
プログラマにあがってきた CG がどのように使われ、どうやって動かすのかとか、シナリオはどうつながりどこに何が起きて、何の素材が必要とされるのか、さらにデータを作る人たちの愚痴も聞く。
【このデータだとシナリオに組み込めないんだけど】【くらい雰囲気ってどんな暗さですか? 黒くて良いの? 濃い青?】なんていうデータ作成者からあがってくる様々な質問や問題を片付ける。
ほかにもデータのコンバート、作っていたら出てきた矛盾(組み込んでみたら重くて使えなかったり、シナリオの分岐で辻褄が合わなくなったり、昼と夜を間違って彩色してしまったりなどなど無数にある)の解決方法を導き出すのもディレクタの役目である。
つまりディレクタとはデータ作成者が気持ちよく仕事をしてもらうためのいわゆる使用人というわけなのですな。というか、その使用人的働きをしてこそ、みんながディレクタの言うことを聞くわけである。

「キミキミィ、ここのシーンには萌えが足りないんだよ、萌えが! こまるねぇ!!」

なんてディレクタが偉そうにいえるのは、彼がスタッフたちの使用人をやっているからこそいえることなのだ。そうじゃなかったらただの邪魔なヤツである(笑)。
もっとも名前が出るだけで売り上げが変わるようなディレクタだったら偉そうに言うだけってのもありかもね。なにせその人がディレクションしたっていうだけで売り上げが上がり、スタッフの報酬も上がるわけなのだから(あがらずに経営者が搾取するだけだったら、やっぱりただの邪魔なヤツだけどね)。

ボクは現在ディレクタはやっていない。ひたすら連絡かがりをしているだけである。
「このデータが足りません!」「そのスケジュールだと無理です」「そういうことをやりたい場合は、こういう風にデータを作れば OK ですよ!」「このままだと組み込めないので、データを組み替えてみますね」などなど。
おかしい……ディレクタは何をやっているのだwww

だが実はこのジレンマはウチの部署にも問題がある。というのもほとんどボクの人脈で成り立っているため、どうしてもボクが介さないといけないのだ。なので今それを少しずつほかの人間でも出来るようにシフトしようとがんばっている。
そもそもボク自身にも【データを作成する】という仕事があるのに、【雑用】をやっていたのではいつまでも自分の仕事ができない。さらにボクに万が一のことがあるとウチの事務所ならず、雇い主の会社が麻痺してしまう。
しかしそのためには【職人気質】というのだろうか、そういった考えを持った人材が必要なのだ。ゲーム業界に来る人はやはりどこか【アーティスト気質】の人が多い。これはこれで大いにけっこうなのだが、【スランプ】【鬱】【モチベーション】という言葉をよく使って仕事から逃げるのである。
ボクもその傾向がないわけではないのだが(というかシナリオ面では確かにある)、単純に目の前にある仕事をこなすだけでも使うのだなぁ……。
確かに創作活動だけどさ、ゲームって、でもさ【仕事】なのよ、【仕事】。
というわけで、仕事としてちゃんとゲーム作れる人を探し中www

とりあえず、募集掲示板でも行ってみようかなぁ。

#comment


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: (4593d)