Top > Diary > 2008-02-17

TV 番組の話

FRO0102.png

土曜日の深夜~朝方にかけて、友人二人と温泉に行ったのだが、その中でなかなか興味深い話題が出たので、備忘録も兼ねて日記のネタにしてみた。
いわゆるワイドショーと言われるみのもんたとかがいろいろ事件やニュースの解説をしつつ、いろいろ話題をふくらませる番組。まぁ、もともとボクはテレビを見ないので、実際の番組の内容というのは解らないのだが、「午後は○○思いっきりテレビ」(正確は番組名は失念)なら、よくお昼を食べに行くと、定食屋などでかかっているので、だいたいどんな番組かは解っているつもりだ。
あれの視聴者層というのは、どういう人間か。
ボクは共働きではない場合の家にいる夫もしくは妻が見ているものだと思っていた(そして今の日本だと妻の方が圧倒的に多いと思われる)。かつてはそうだったのかもしれないが、今、そう言う番組は日曜日などにも拡大されているらしい。
そしてそれらの番組を見る人たちというのは、活字から情報を得られない人たちだという。具体的に言えば、たとえば何か事件があったら、それについてボクらはよく考え事をする。「動機は?」「そもそもそんな夜遅くにどうして親は子供を外に出す?」「背後関係は?」などなど、いろんな事を思うだろう。
しかし上記の番組の視聴者達は、それを考えはするのだろうがまとめられない、解らない。そもそも考えようともしない人もいる。ではどうしているのかというと、その思考部分もコメンテーターが代弁してあげるのである。そしてそうすることによって、視聴者は自分も考えた気になり、なおかつ自分の考えを持ったかのように錯覚するというのである。
こういう人たちは新聞や本を読めない(別に文字が読めないわけではない、その書かれていることの意図を読み取れない)人たちなのだという。そして、筑紫哲也や古館がやっているようなニュース番組はそれよりも少しランクが上で、新聞も読める社会人をターゲットにしているらしい。

まぁよくテレビは愚民政策の一環なんていう見方もあるらしいけど、上記の話はそういった視点からのテレビの解析の仕方であろう。正しいかどうかは、残念ながらボクではちょっと調べきれない。ただ思うのは、価値観、モラルといったものもこういったテレビ番組によって作られているような気はしている。
そして視聴者がその一方的な見方しかしなくなっているというのも感じる。もしテレビを作っている側の人間が、上記のことを解っていてわざとやっているのだとしたら、彼らはかなり頭がいいかもしれない。
同時に自分がマイノリティであり、将来、自分の価値観が世間と乖離した場合、自分がこの社会で生きていけるのか不安に思わんでもない。

ところでこれとは少し違う話ではあるのだが、ボクの信頼している友人に金融界出の人間がいるのだが、彼が言っていた「マクドナルドのマニュアルは実はすごく良くできている」という話を思い出した。
本家アメリカを含め、マクドナルドのバイトに応募してくる人間というのは低所得者層である。日本でもろくに漢字の読めない人間がぼんぼん入ってくる。「新聞の見出しよりも小さな文字を普段読まない人間/読めない人間」とボクの友人は表現していて、おもしろいなぁと思った。
そう言う人たちに接客から店内の機器の扱い、掃除、マナーなどなどをしっかり教え込むことのできるマクドナルドのマニュアルは実はすごいんだと。

ボクは受け売りそのものは実はそんなに悪くないと思っている。影響を受けることは誰にだってある。問題は、それが自分の中で消化し切れているかということだ。みのもんたの言うことにちゃんと考えてから賛同しているか、ということが大事なのだ。
彼がこういった。うん、そうだよね、で終わりではダメなのだ。
なぜそう言ったのか? 実際の事件はどうだったのか? 他の意見を言っている人はいないのか? 自分が犯人だったら動機は何だろう? 自分に多額の借金があって、毎日とりたてが来たら、どうなっちゃうだろう? しかもそのことが親戚や近所、職場まで伝わってしまったら……などなど自分が考えられることを吟味した結果、うん、みのの言う通りだと思うと納得したなら、自分がその事件を語るときにみのと同じ意見を言うのはボクはかまわないと思う。
さぁ、これからの日本、どうなる!?ww
みんな、自分の考え方ってのを模索しようぜっ!ww

ホルモン焼き (えん)

さて、そんな話はさておき(ぉぃ
龍英に新しい焼き肉屋を教えてもらったのでご紹介。
韓国の焼き肉というのは、ツボにたれを入れ、そこにつけておいた肉を焼くのだが、西荻窪駅、南口にあるこの「縁」という店はまさにそう言う韓国焼き肉を食べさせてくれる焼き肉屋(正確にはホルモン焼き屋)なのである。
まず値段が安い。
たれに漬けて食べるので、肉そのものは安物の肉であったとしても、しっかりと味がしみており、柔らかくなっておいしいのだ。カルビが一皿 780 円。
しかも肉一つ一つは巨大。
どうやって食べるのかというと、焼き上がったときにはさみで切りながら食べる。
そしてなんと言っても様々な種類のホルモンがあるというのも嬉しい。ボクはどれがなんだか解らなかったが(ハツとレバーとミノだけわかった)、9 種類もあるそれらホルモンは様々な食感と味を楽しめる。
というわけで、縁、お勧めである。

ちなみに、ここは三件も焼き肉屋が並んでいる(笑)。その中には牛角もあるのだが……たぶんみんな牛角に行っちゃうんだろなぁ。

壺カルビとユッケホルモン 9 種盛りキムチ
0802160028.jpg0802160029.jpg0802160030.jpg
  • テレビは、多くは何も考えていないから無意識に自分の思想を発言に乗せてしまうのだと思っていました -- L.Entis 2008-02-17 (日) 21:59:37
  • 朝日なんて見てても、ポリシーがあるんじゃなく、空気読んで川の流れに成すがままになっているようにしか思えませんけど………戦前から(-_-; -- L.Entis 2008-02-17 (日) 22:06:15
  • まあ民放は”無料の情報提供”という一種の利権みたいなもので、結局広告提供の企業の主導になってしまうので、たまきんがコメントしたような流れになってしまうのかも知れません。しかし逆に”タダだからこそ”その裏に潜む製作者の意図を考える”思考”が必要なのではないでしょうか。 -- 龍英 2008-02-17 (日) 22:56:25
  • ちなみに焼き肉は、俺なら迷わず牛角ではなくモーパラに行きますけれどね<大ウソ。流石に本場のキムチ、ユッケは美味しかったですね。またぜひ行きましょう。 -- 龍英 2008-02-17 (日) 22:58:21
  • Entis
    ボクもそうは思うのですが、このネタは深読みに値する部分かもしれませんね。ただ流れに流すままなのか、流れを創り出しているのかは個人的には知りたい所です。
    龍英
    まぁ些細な情報も気にかけて、日々考えていくことが大事なのかもしれません。焼肉は上手かったです。今度は富士見台の焼き肉屋に行きましょう! -- たまきん 2008-02-18 (月) 17:29:17

#comment


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: (5951d)