カレー左派

食べ物には色々な論争がある。たとえば目玉焼きにかけるのはソースか醤油かケチャップか? とか、納豆にネギを入れるのは有りか無しかとか。そんな中でふとこんな記事が流れてきた。

実はボクは意識したことがない。が、記憶の中を思い返してみると、左がルーで右がライスな気がする。で、時々、真ん中にご飯を盛り、左右に違う味のルーを入れることがある。贅沢なカレーである。
だが先にも書いたとおり、正直、ルーの左右はどちらでもよい。
ボクは右手でスプーンを使うので、右にルーがあると言うことは、ルーをご飯に混ぜながら食べるのだろう。ちなみに別に左右に分かれてなくても、上からかかっててもよい。

ところが世の人はなかなか器が狭いらしく、このカレーひとつ取っても違う食べ方をする人を殺してやろうかくらいの勢いで批難する人をリアルでもネットでもよく目にする。たとえばカレーならば、以下の様な感じである。

  • ルーとライスは別れていた方がいい
  • ライスの上にルーをかける
  • ルーはソースボート(もしくは別皿)に入れるべき

左右に分かれてたら、食べる計画を立てないといけないのが面倒だなとよく思う。ルーを食べ過ぎてもいけないし、ライスを食べ過ぎてもいけない。上からかかってればそんなこと気にせずに食べられる。
だが、気分というものもある。ルーを存分に味わいたい時などは、ライスとルーが別れていた方が、先にご飯を多めにルーを残しめで食べることが出来るので助かる。
一番の解はソースボートでカレーを出すことであろう。そうすれば左右にも分けられるし、上からかけることも出来る。え、ご飯が皿にまんべんなく盛られてたらどうするかって? 別にご飯を左右どちらかに寄せればいいんじゃないかな。

ちなみに TV の知識だが、一つの皿にカレーもライスも持ってしまうモノを「ライスカレー」、ルーが別皿になっているものを「カレーライス」と言うのだそうな。ハウス食品のサイトだとあくまでも説の一つのようではあるが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。