わかさぎリベンジ 坊主編

まぁ、タイトルがすべてである(爆)。
順を追って話す。
朝 6 時頃起きた我々は、さっそく松原湖へと向かった。天気は午前中はちょっと曇っていたが、10 時頃にもなると雲もすっかりなくなった。松原湖に着いたのは 7:00 頃、ところが松原湖入り口にある駐車場は満車。そこでみんなを降ろし、ボクは近くの駐車場を捜す。
するとその入り口の駐車場の隣にも駐車場があったので入ってみたのだが、その駐車場を利用するには、当然その駐車場の持ち主である店を利用しなければならない。他にも駐車場があるかもと思い、この店をあとにしようとしたのだが、この店には湖畔から湖面近くまで降りるような構造になっていて、けっこうな坂になっている。これが、エスティマでは上れなかったのだ。最後の最後で凍結した部分が続いていて、そこを何度チャレンジしても乗り越えられなかった。
結局、このお店でいくつかのレンタル品を借り、駐車場を借りることになった。
 (MP4 / 720p / 24fps / 1Mbps / 2min59sec / 170MB / iPhone 4S)

先に降りた組と合流したのは 8:00。すでにテントが立てられていて、釣りの準備が進められていた。問題は氷の穴開け。必要な穴は 4 つ。とりあえず二つは前日で使われたであろう穴を使った。こちらはすぐに穴が開いた。しかし、0 から開けようとした穴は一向に開かず、結局貫通するのには 2 時間もかかった。

朝 10 時、本格的に釣りが始まる。実はこの時点で、秘書さんが 2 匹、ボクが 1 匹釣っていた。そして穴が 4 つ空き、本格的に釣りが始まってから、一匹も釣れないことになる。魚探を持っていない我々は、とにかくひたすら色んな人が開けた穴をつかって、釣り場を点々とする。
しかし、釣れない。本当に釣れないのだ。
だが、周りの客の様子を見ても釣れている気配はあまりない。

結果的に朝の 8 時から釣り始め、17:30 まで、釣れたの先の 3 匹だけだった。秘書さん 2 匹、ボク 1 匹、あとは坊主。30 匹は釣れると息巻いていたアレは、なんだったのか。また釣り経験が浅い我々は、どうして釣れなかったのかも解らない。
うーん……もうちょっと釣りに明るい人がいれば良かったのかなと言うか、そもそもボクは釣りに関しては全くのど素人だ。釣り堀にうじゃうじゃいるニジマスさえもまともに釣ったことがない。その辺に根本的なミスがあるような気がする。
まずは釣り堀に行って、釣りというものがどういうものなのかをちゃんと知る必要があるのではないか……。

その後、冷えた身体を癒やすために、この松原湖からちょっと山を登るとある「八峰の湯」に入った。でね、その時にお風呂の中でお客さんと話をしたんだけど、その人は 4 人で来て 1 匹しか釣れなかったらしい。アレー? 松原湖ってひょっとしてあんまり釣れない?
で、さらに驚愕の事実が。秀吉が地元の人と会話する機会があり、聞いたところによると、「え、なんで松原湖なんかに来たの?」とか「あそこは釣れないよ」っていう証言が続出。ええええ、どうなってんの!? 湖畔にはわかさぎの釣り具を貸すレンタル屋が 2 軒も連なっているのに!? それに昨日だって 200 匹釣った人がいるとか言ってたのに!?

そんなわけで、松原湖がクソなのか、ボクらがクソなのかよく解らなくなってしまった。
1402230513 1402230517 1402230523 1402230526

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。