「発売」の誤用

以前「絶賛発売中」についてのコラムを書いた。
しかし今頃になって、そもそも「発売中」という言葉そのものが間違っていることに気付いたので、ここに記しておきたい。

そもそも「発売中」という言葉は、おかしいのである。
なぜなら「発売」という言葉は「売り出すまさにその時」のことを表すのであって、継続するものではないからだ。つまり発売中ではなく、「販売中」としなければいけないのだ(汗)。

いやー、ホント物書きのくせに日本語、なってねぇな(爆)。

8 thoughts on “「発売」の誤用”

  1. 絶賛の意味を調べたいのに、どうしてエロゲーのサイトに導かれたの?ちらっとみたら、とんでもないことを見そうな感じ、日本語を教えていただきたい!

    1. 日本語勉強中ですか? 暗黙の了解が多くてめんどうな言語ですが、がんばってください。

      1. はい、大丈夫です、まだ続けられそうな感じ、絶賛勉強中。

        1. なるほどです。是非、絶賛されるほどの日本語使いになってください!

          1. 一生到達できない次元かも。ちなみに、自動的にアイコンを変換する機能、おもしろいですね。次に何が現れるかを思いながら、わくわくして気づいたら、コメントの送信完了しちゃいました。

            1. メアドから生成しているみたいですので、一度入力した後は、全部同じになります(汗)。メアドを入れてないと、こちらも全て同じになります。

              1. あっ、確かにその通りです、賢いやり方ですね。通常もう慣れていたことの不合理な点に気が付いて、実に素晴らしい考え方だと思います。勉強になりました、ありがとうございます。お邪魔しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。