中国火鍋 小肥羊

ラム肉が食べたいと言われたので、まるごと北海道に行った。が、日曜の夜は 22 時でラストオーダーだった(平日は朝までやっている)。お店に行ったのが、もう 22 時を回っていた。
仕方がないので諦めて、流浪の旅に出る。
ジンギスカンかー。
すると同乗者が羊肉の鍋の店があると言い出したので、行ってみた。
場所は新宿、店名は「小肥羊」で「シャオフェイヤン」と読むらしい(食べログ)。行ってみると、よくいく大阪うどんの店「つるとんたん」の上の階だった(笑)(つるとんたんの過去の日記)。

食べ方としては「しゃぶしゃぶ」に近い。
ただ鍋の中がすごい。
なんていうかね、もう漢方。なんか薬食べてるみたい。それくらい漢方の味が濃い。そしてそのせいかどうかは解らないのだが、全然臭みがない。そしてこの味に慣れると、やみつきになるうまさ。
あとお肉の出し方が面白い。こんな風に巻いて出てくるなんて、初めてかも。
で、色々なお肉の写真があるけど、これが全部羊ではないです。肉は二種類で、豚と羊。で、羊は部位があったはず……。でもどれがどれかはもう憶えてない(汗)。

1409073143 1409073144 1409073147
1409073152 1409073156 1409073157
1409073161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。