収録と侍

ところで、高倉町珈琲で遅い昼飯をとったあと、立川で収録があるので、道連れを送ったあと立川に向かった。今回の収録は今まで経験したことない珍仕事なのでまずそこから説明したい。
時は 4 日前の火曜日、とあるエロゲ会社の社長から電話がかかってきた。

社長:「マスターアップが来週の月曜のプロジェクトがありまして…」

ほうほう、火事場案件か。となると、CG かプログラムかスクリプトかなー。インストーラーだけ作るってのもあるかもなー、などと心の中で次の社長のセリフをシミュレーションする。

社長:「まだ声が一ワードも録れてないんですよ」

は!?
来週の月曜マスターで、収録がまだだと!?

社長:「声優も決まってないんです」

えええええええ!?

社長:「スタジオも決まってなくて」

ほほう、そんなの間に合うわけないじゃないか。ただ幸いなのはセリフ数が全部合わせても 1400 しかないことだ。
とりあえずこの時は「期待しないで」、と告げて電話を切る。
で、事務所経由でやってたら時間がないので、禁じ手だがとりあえず知り合いの声優に片っ端から声をかける。
ナウ! 今すぐ収録出来る人!
と言うわけでなんとか、火曜日中に声優は工面する。

次はスタジオである。
前回で痛い目を見ているボクは単純に格安ってだけでは捜さずに、ちゃんとスタジオの写真が揃っているところにお願いした。だが流石に急すぎて一つのスタジオではムリだったので、声優ごとにスタジオを分けることにした。音が変わってしまうが、この際贅沢は言ってられない。あとで EQ で調整するしかない。

ここで難しいのが声優とスタジオのスケジュールである。この二つがちゃんと合致しなくちゃいけないのだけど、今回は先にスタジオのスケジュールを確認してから声優のスケジュールを抑えた。理由はフリーの声優がいたことと、イイスタジオはだいたい埋まっているので、スタジオのスケジュールを押さえる方がタイトだったからである。
現にスタジオにはわざわざ納品時間を早めてもらったりと、色々ムリをお願いした。と言うわけでスタジオは水曜日中に用意できた。
音声ディレクションと録り終わったあとの音切りはボクがやるというかそれしかないだろう。

なので今週は台本をボク自身も読み込んで、どんなキャラか把握したり、そのあと声優さんに台本を渡したりとけっこうバタバタしていた。

と言うわけで、今日一人目の収録だったのだ。
場所は立川で、本来は音楽用のスタジオ(これが後に痛い目に遭うのだがそれはまた後日)。
エロいことに使っていいんですか? って恐る恐る聞いたのは秘密だ! さらに道路が渋滞してたから 20 分くらい遅刻したのも秘密だ!<ヲイ
18:30 から始まり、わりと順調に進み、22:30 には終了。100 台詞 60 分と考えていたので、そうなると 6 時間はかかるなぁと思っていたのだが、一時間以上巻いて終了した。
よかったよかった。

収録後、みんなで『』に誘った。
食べやすい熊本ラーメン。おいしかったー

1509055867

  • 過去の侍の記事

2015.07.04

2015.06.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。