VR のリソース食いに泣かされる

ちょっとだけ VR 案件に関わっているんだけど、いやー、すごいね!
何が凄いって、そのリソースの膨大さというかなんというか。要するに天地左右 360 ℃をすべて映像化しなければいけないじゃない? となると画素数が 8K(8192×4096 ドット)でも足りないのよ! いやまぁ、たりなきゃないけどさ。でも映像は美しい方がいいじゃない?

で、今日、VR マシンで生成された 8K のスクリーンショットを一本の動画に編集するって言うのをやったんだけど、H.265 の 1 パスのけっこう画質に振った設定でエンコードしようとしたら、7 分しかない動画なのに、24 時間もかかるって出た……orz

ぐはー!

結局その後、4K(4096×2048 ドット)の H.264 にしてみたんだけど、それでも一時間とか出るから、最終的には 2048×1024 というしょぼい画素に(汗)。これだと数分でエンコードできる。

まぁ、VR メガネがわりと滲んでくれるので 2048×1024 でも別にそんなに文句はないんだけどね。
あと景色が全部 2048×1024 のクオリティになると、脳がその世界を勝手に受け入れるので、違和感とか現実とは異なるとかそういう気持ちがなくなるんだよね。VR ってスゲーって思った。
なので勝手にその世界に没頭しちゃう。
とはいえそれはボクの脳だけなのかもしれないけど(^^;
他の人はどうなんだろ……。

そんなわけで、今、いろいろ VR 関係で格闘中である。
たとえば選択肢とか文字とか、UI はどう表示すべきなのかとか、移動とかどう実現すべきかとか、わりと 2D ディスプレイのゲームで簡単に実現できることが、色々と難しいのだ。この辺はまた進んだら報告できると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。