ふるさと祭り 2019

今年もふるさと祭りの季節がやってきた。全国の名産品(主に食い物)が集まる催し物である。2015 年に初めて行った。それから毎年行っているかというと、実はそうでもなくて、二年間、気付いたら終わっていたといううっかり忘れをしてしまい、去年が 2 回目というw

今年も忘れずに行くことができた。

今年の目標は、「北海道を出る」である。
過去二回とも、基本的に北海道エリアにいるうちにお腹いっぱいになるという失態を犯している。今年こそは全国回るぞ!

まずは会場内の様子。といっても人出は去年とあまり変わらない印象。ちなみに入ったのは 16:30 頃だったと思う。すでに会場は熱気ムンムンといった様相で、通路を渡るのもめんどくささを感じるほどの人だ。
ただ食べる場所を探すのに苦労するということはなく、どこかしら食べる場所は空いていた。ここの店の混み具合は、これも店によって異なり、長蛇の列になっているところもあればすぐに買えるところもある。
北海道エリアではとにかくジャガバターを売ってた店がやばかった。凄い列で、列が引いたら買おうなんて思ってたんだけど、結局列がなくなることはなく、ジャガバターを買うことが出来なかった。

下の写真の二枚目と三枚目は iPhonex XS からついた光学二倍ズームの写真である。

まずは北海道。
味噌ラーメンと海鮮丼、海鮮唐揚げ、鹿の串焼き。
鹿は蝦夷鹿である。なんか去年より脂っこくてしつこくなってた(^^;
ラーメンはおいしいんだけど、かなりこってり系。脂も多し。
そして海鮮唐揚げが面白い。天ぷらじゃなくて唐揚げ。衣に味がしてあるのでそのままでも食べられる。内容はホタテ、イカ、エビ、鰯丸ごとなどなど。そしてしっかり上がっているので、エビも殻ごと全部食えるし、魚も頭から骨ごと全部行ける。骨とか殻とかはパリパリとスナック菓子みたいな食感。
そして最後の写真はザンギ。あまだれ醤油ネギ味。うまい、白いご飯欲しい(ぉ

まー、この段階でお腹はかなり来てるよね(笑い
すでに 5 品種だもの。
というわけで、沖縄方面に歩き出して、その途中途中欲しいものを見つけたら買おうという方針に変わる。
途中で見つけた和歌山のマグロの寿司と、どこか忘れたけどメンチカツ(ぁ
どっちもうまかった! マグロとかスゲー柔らかくて、脂もほどよく、するする胃に収まってしまった。炭水化物だっちゅーの! もうお腹いっぱいwww

さて、おデザの時間である。とっていも以下の写真は北海道エリアにいるときに食べたものもある。オレンジ色のが夕張メロンソフト、その隣が桜餡を使った桜ソフトクリーム。三番目がデザートに食べた栗ソフトとバウムショートケーキだったかなぁ。この二つはどこのお菓子か忘れたwww

そんなわけでざっと駆け足だったが、滞在時間は三時間だった。良い時間を過ごせたと思う。しかしやはり北海道メインになってしまった。次回は沖縄県から行くべきであろうか??

あとこの日記だと北海道以外に魅力は無いのかって思ってしまう人もいるかと思うんだけど、そもそも持ってくるの間違ってるだろ!っておもう府県も多かった。沖縄なんて三線のブースがそれなりに広くとられてたりしててさ、いや、それは沖縄のものかもしれないけど、みんな飯食いに来てるのにラフテーの一つも無いとかどうなの? とか、秋田県で稲庭うどん(乾麺は売ってたが、食べられる所はなし)やハタハタがないのはどうなの? とか。
北海道がすげーがんばっちゃってるというか、出展のチョイスが上手いというか。
この辺を他府県は洗練させれば、もっと他のエリアも行きたくなったかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。