本とラジオの話

とてもトートツな話なのだが、本を出した。といってもボク一人が書いた本ではないが(汗)。
しかも小説とかではなく、企画書のハウツー本。
「発想法」と「企画書の作り方」なので、それに準じた内容にしたと自分では自負している。ゲーム クリエイターというのは人生そのものがゲームのネタになるとボクは常々おもっていて、その辺を文章化したつもりである。あとコンピュータのことも知って欲しい。ディレクタやプランナでコンピュータのことを知らなすぎてトンチンカンなことを言う人が業界内でも多い。ので、是非、コンピュータのことを知って欲しい。
そして最後に、実際の企画書の書き方をまとめてある。

あとは下世話な話も忌憚なく書いてある。この部分は嫌われるというか、タブー視されている嫌いがあるが、敢て書いた。どういう内容かというと、クライアントや経営者ってのは「ゲーム性」だの「新規性」だのそんな企画のきれい事なんかに興味はなくて、「いくら儲かるんや!?」ってことしか頭にないところも多いので、企画書作る時は気をつけなね、的な話だ。

ソシャゲについても触れていて、企画の中でどうやってお金を稼ぐ場所を見付けるかということにも触れている。心理学の深いところにまでは踏み込めなかったが、どういう勉強をすればいいかについては最低限、記してある。
というわけけ興味が出たかたは手に取っていただければ幸いである。いちおうネットで検索して出てきた通販サイトをリスト化してみた。アフィリは張ってないので安心してリンクを踏んでいただければ…!

あとこの本の出版に伴い、なぜかラジオ出演までさせていただいた。FM きりしまの「2次元*みゅ~じっく」という番組でインタビュー形式で色々とゲーム業界のことと本のことを語っている。ゲーム業界のことはどちらかというとエロゲ業界の話がメインになってしまっているが(汗)。
まぁでもこのサイトに出入りしている人にとっては目新しいことは言ってないかもしれない(^^;
そもそも、こっちに書いてあることの方が詳しいし(ぁ

とはいえ、あまり経験できないことを経験させていただいて、発起人の方と出版社さん、そして FM きりしまの皆さんには本当に感謝である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。