あゝ練馬、懐かしの梅本

今日は 11/27 に予定されているコンサートの会場での事前打ち合わせがあったので、お昼休みを長めにとって行ってきた。といってもボクがなにか演じるわけではなく、ただ単に裏方。当日の録画だ。あとリアルタム配信もするかもしれないということで、現場の設備を見ておきたかったのだ。

会場は練馬文化センター練馬駅の北側のお向かいにあるホール。新築の時(こけら落とし)、学校の行事で行ったことがある。が、それ以来、入ったことはないので、20 年以上ぶりの来訪だ。結果的に知りたい情報はすべて得ることが出来た。

  1. ホール側に配信システムはない -> 携帯の電波を使って配信するしかない
  2. 音声はもらえる -> ホールに設置されたマイクの入力をもらえる
  3. それとは別途、録音もしてくれる

当日は XLR コネクタも接続出来る外部音源+ノート PC にカメラをカメラを繋いで、携帯の回線で生放送するという段取りは思い描けた。

さて、打ち合わせを終えて外に出る。
練馬かー。あんまり縁がない駅だ。
隣の桜台には毎週来てはいるんだけどね。あと門前仲町に通っていた頃、大江戸線を使って帰っていたときは毎日のように通っていたなんてことを思い出す。

そういえば 5/27 に都心からの帰りに寄ったラーメン屋が練馬だわ。

お昼休みを延長して来ているので、せっかくなので練馬でお昼を食べようと思い立つ。
練馬のグルメには詳しくないが、昔、パンコントマテというイタメシ屋に行ったことがあるなと思い出す。が、残念ながら閉店してしまったようだ。それからハタと、あるお店を思い出す。

そうだ、『梅もと』だ。

ボクの梅もとに対する思いは、この辺の記事に詳しい。箇条書きにすると以下の様な感じ。

  1. 15 年くらい前に池袋に勤めていた時に通ったつけ麺屋
  2. そのつけ麺屋は大学生に人気。
  3. 閉店したとき、大学生たちが復活させてしばらく池袋で店を出してた。
  4. その後、本家が再び復活。
  5. が、その本家も今は閉店

で、練馬にはその大学生の頃にお店をやっていたか、もしくは梅もとに通っていた人が開いたお店があるのだ。といっても梅もとという名前ではなく『じんべぇ』。今日行ったら、名前が変わっていて『神兵衛』になっていた。
ここは店主のラーメンがあって、それとは別に梅もとのつけ麺も出している。
本来なら店主のラーメンを頼むべきなのだが、懐かしさの方が先行してしまって、梅もとのつけ麺を頼んでしまった。

とても甘味のある胡麻味噌ダレのつけ麺。中にはほぐしたチャーシューが入っているのだけど、甚兵衛のは普通に刻んだチャーシューだった。でも味は懐かしい。もちろん記憶補正がかかっているので、この味がオリジナルのままかどうかはもうボクの脳では判別出来ないんだけどねw
麺は細麺ストレート。これに胡麻がよく絡む。

懐かし美味しゅうございました。今度はちゃんと店主のラーメンを食べに来ます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。