串カツ田中で陽キャのトーク スキルを見た

お料理は、美味しいだけではダメですよね…

今日は用事があって、立川の串カツン田中に行った。
ここに来るのは二回目
用事ってのはボクが用事があるわけではなく、ボクの知人が別のボクの知人に用事があってまぁそれで出掛けたみたいなそんな感じ(ボクは仲介者)。

知人の片方は串カツ田中初体験。
もう片方は一回目の時にボクと一緒に来ている。

串カツ田中、楽しい。ただ今回は遊びなし。ひたすら串カツだけ食う感じになった。
〆のうどんだが、ボクは肉すいを頼んだのだが、写真に撮るのを忘れてしまった。
あとどの串がどれなのかはもう解らないwww

最後の写真の串カツはデザートだ(だから〆のうどんの後ろにある)。
クッキー&クリームとバナナ。クッキーが油を吸うと、食感が全然変わるのね。クッキーを無理矢理スポンジ ケーキにしたような、誤解を恐れずに言うと、電子レンジでやりすぎになってゴムみたいになったようなそんな不思議な食感。もちろん不味くはない。
バナナは、甘さ倍増トロトロだった。

さて、そんな串カツに舌鼓を打っていたボクだが、実は心穏やかではなかった。
というのも隣の席の男性二人組の陽キャっぷりがすごかたのだ。チラッと見たら、確かにいわゆるチャラ男ではあるがビジュアルはよい。そして店員さんがキレイな女の人だったんだけど、まー、その二人が店員さんに話しかける話しかける。お勧めを聞くに留まらず、ちょっとした雑談やメニューの話なんかも振りまくる。
ただプライベートの話は一切出ていなかった。
店員さんが嫌がっていたのか、まんざらでもなかったのかはボクには解らなかったが、これが陽キャというものか……。そしてこの二人はそのあとも個人的にちんちろりんで酒を掛けたりしてて終始楽しそうだった(そもそも串カツ田中にはちんちろりんで酒の量を賭けるシステムがある)。
ボクはブサメンなので「そもそも女性に話しかけたら女性に迷惑」という心構えができてしまっているので、ああやって女性と自然に話せるとまた人生、いろいろ違ったんだろうななどと思ったりもした(ぁ

ボクの知人にも、一緒に飯食ってたり喫茶店いったりすると普通に告白されたりするイケメンがいるが、彼らの屈託なく自然に女性に接することが出来るあの感覚はボクでは無理だなぁ……と羨望の眼差しを送らざるを得ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。