プロバイダと回線


11/25 に amatsukami.jp サーバのプロバイダを OCN から WAKWAK に切り替えた(その時の日記)。一週間が経ち、回線の違いが見えてきたので何となく公開してみようと思う。今回使われている図は知人のサーバからボクのサーバを監視してもらった結果である。
まず、24 時間の ping の反応グラフ。見ると解るように、だいたい 21 時頃から反応が鈍くなっているのが解る。これはつまりこの WAKWAK 回線のユーザが企業ではなく個人が多いことを示していると思う。会社から戻ってきて、食事も終わり、寝るまでの時間であると予測できる。それは週のグラフを見ると、より鮮明になる。

週のグラフで見ると、土日も同じように夜、反応が遅くなっているが、土日に関してはさらに昼間もいくつか反応が遅くなっている。これはつまり、WAKWAK ユーザが土日の場合、昼間も活発であることを示している。

最後に 1 ヶ月のグラフを示す。グラフが途中なくなっている部分がプロバイダを切り替えた部分で左側が WAKWAK、右側が OCN である。OCN の 24 時間グラフはもう過ぎ去ってしまって保存していないのだが、OCN では WAKWAK と違い、平日の昼間の反応が遅くなっていることが解る。そして土曜日もそこそこビジーだ。これはつまり OCN のユーザが企業が多いことを示していると思う。
最初はウチのサーバにアクセスに来る人たちがこういう行動を示しているのかなと思っていたのだが、こうしてプロバイダを変えてみると、回線のクセであると言うことがよく解る。

WAKWAK に変えて、今のところこれといった不具合というか不満は起きてない。ただボクのサーバの使い方も、実は変わりつつある。と言うのも今までボクが抱えていたプロダクトはすべてこの amatsukami.jp がインフラを担ってきた。FTP、SVN などなど大容量のファイルをやりとりするサービスをずっと提供してきた。しかしここに来て、自分の事務所で新しいサーバが立ち、大容量なやりとりはそちらで行われるようになった。今後、増々 amatsukami.jp サーバの役割は、新サーバへと移行していくことだろう。なので、個人ユーザの多い WAKWAK へ移行したのもなんとなく良いタイミングなのかも知れないと思っている。

下に貼り付けた曲は Terry Callier という人の Dancing Girl。1972 年の曲だけれども、ただのダンスっていうわけじゃなくて何となくもの悲しいメロディがすごく気に入っている。冬の夜に、心落ち着かせながら聞いて見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。