免許更新

rural_yn02j
とにかく先週末から忙しくて、体験版の公開や新作の公開が重なっていて、金曜日から泊まり込んでいた。で、免許の更新が全然できてないと言うことで、日曜日の朝、行くことにした。試験場は 8:30 から開いているらしい。ということは浅草橋からなら 1 時間 30 分みておけばいいかなと考えた。すべてした道で行く予定である。
靖国通りに出て、それから市ヶ谷で裏道を通って甲州街道へ。それから東八道路のなれの果ての方に別れて、あとはひたすらそれを真っ直ぐ行くだけ。
アレね、車がいないと下道でも府中試験場まで 1 時間かからないのね……。8 時ちょっと前に府中試験場の前を通り過ぎる’(下り車線側なので、そっちからは直に府中試験場には入れない)。ところがどっこい、既に試験場の駐車場は満車であるばかりか、さらに行列ができてる。
うへぇ、日曜日は混んでるかなと予想したが、まさか朝一番から混んでるとは思わなかった。
で、通り過ぎるときに確かめたんだけど、どうやら中ももう開いてるらしい。というわけで、府中試験場の隣のコインパーキングに車を止める(笑)。そして、試験場へ。

ところが中も大行列。4 列の行列が受付をぐるっと取り囲んでいた。うひー。

今回、一つの目的があった。それは「眼鏡等」の表示を外してもらうこと。前回は眼鏡をかけないと通らなかったのだ。とは言え眼鏡をかけずに車に乗る気はさらさらない。ボクの視力は 0.6 なのだが、昼間は特に問題ないのだが、夜はやっぱり怖いのだ。眼鏡がないとかなり厳しいと感じている。
が、年に数回は自分が車で来ていないときに運転を頼まれることがある。ボクは眼鏡は車の中に置いてある(運転するときしか眼鏡を使わないため)ので、眼鏡なしで運転することになってしまう。そこで念のため、あくまでも非常事態用として免許証の「眼鏡等」の表示は消しておきたかったのだ。

受付に 1 時間かかり、ようやっと視力試験。
まず「裸眼でやらせてもらっていいでしょうか?」とお願いして、裸眼で挑戦。左目はすんなりクリアしたのだが、右目が解らないものがいくつか。両目では OK をもらった。担当の人曰く「眼鏡等の表示はとりますが、なるべく眼鏡をかけた方がいいでしょう」と言われた。まぁ、眼鏡をかけずに運転するのは非常事態の時のみなので、基本的には大丈夫であろう。

そのあと、2 時間講習。2 年前、クライアントさんの駐車場の前の道路が居住者以外進入禁止の道路で、ボクはてっきりクライアントの許可をもらっているから大丈夫だろうと思ったら、切られてしまったと言うことがあり、それで 2 時間講習に……。金って絶対無理な気がする。

そんなこんなで終わったのが 12 時。なんだかんだで 4 時間かかった。正直、免許更新ってそんな頻繁に必要かなぁ……。パスポートみたいに 10 年とかでいいような気がするんだけどなぁ……。まぁ、一回 4000 円っておいしいんだろうな、警察にとっては。免停講習も凄い売上げだって中の人が言ってたからなぁ。うーむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。