発達すると理解を簡単にする必要がある?

bs_yuta01o
以前、音楽の多様性が失われていることに関して、コラムを書いた。様々なものが複雑化していく中で、どうして音楽が単純化していくのかということについて触れたものだ。しかしそれは音楽だけに限らないのではないかと、ふと思ったのだ。そのきっかけは、江戸時代の手品『手妻』というものを見たときだ。

なかなか示唆に富んでいて、これを一度見ただけで、最初の解説の通りのことを理解出来るかというと、ボクはその自信がない。そこでふと思い出したのが、ラヴェルのコンサートである。ラヴェルは和音の魔術師と言われ、今まで禁忌とされてきた不協和音を惜しげもなく取り入れた作曲家である。このラヴェルのなんのコンサートだったか忘れてしまったが、聴衆がそのラヴェルの曲を聴いたとき、不協和音の多さに不評だったという話を思い出したのだ。
はて、今の人たちは不協和音などをちゃんと理解して聞いているだろうか、と。

要するに何が言いたいかというと、昔のエンターテイメントってけっこう難しかったんじゃないかってこと。聞く方に教養が求められ、音楽であれば作曲家自身のこと、各楽器の演奏技法、そして楽典などの音楽的理論を理解しないと、その音楽のどこが素晴らしいのか理解するのは難しい。
それは文学にも言え、たとえば娯楽小説であるところの藤沢周平の時代劇とか、今読むとこれがなかなか行間に込められた情報量が多すぎて、難しい。もっと簡単な例で言うと、ヴァンパイアハンター Dキマイラなんかはボクの中では「ラノベ」なのだが、おそらく今のラノベを読んでいる人たちにとって、この二作品は「難しい」作品なのではないか、と。

そういう意味においてボクの書く文章というのも、もうすでに今の人には「難しい」のかな、と思い始めている。まぁそれはここ 10 年くらい感じ続けているのだけれど、売れている作品をみると「くどい」「同じことを何度も説明する」「譬喩や揶揄をさけ、直接説明する」「ストレートな話し言葉」というのを見て取れる。
逆にボクの文章は「本音を包み隠し」「会話やキャラには間があり」「表現を湾曲する」など、明らかに「わかりにくい」表現方法をとっている。さらにもう一つは「物事を明らかにしない」というのもボクのスタンスである。世の中の様々な物事というのは、様々なものが絡み合い、進んで行く。そこには「正解」はなく、「原因と結果」もそれこそ様々なものが絡み合っていて、本質を見極めるのは難しい。だから何かの物語を書いて何かの結果に至ったとしても、それが「○○だったから」という書き方は絶対にしない。「○○だったかもしれないし、○△だったかもしれないし、××だったかもしれない」というような、おそらく読み手に関してはスッキリしない終わり方をさせる。ボクはそれこそが面白いというか、自分であれこれ考えて自分の都合のいい原因をこじつけてくれて構わないのだが、どうにもそれはあまり許されないらしい。

さて、どうすべきか?
おそらくボクは古い人間だ。今のストレートな表現に改めるべきか?
それとも、今まで通り湾曲した表現を続けていくべきか?
今のオタクでも婉曲した表現が好きな人がいたら、嬉しいんだけどねぇ……<他力本願

まぁ、湾曲した表現は続けていこうと思う。それをエンターテイメントに求めている人は絶対にどこかにいると思っている。ストレートで明瞭快活な作品はこれからもどんどん出続けるだろう。だからうさんくさくて、パッと読んでもよく解らなくて、原因と結果が多すぎる少数の作品として生き残る場所を探していきたいと、今のところは思っている(ぁ

5 thoughts on “発達すると理解を簡単にする必要がある?”

  1. 一つ思うのは、「以前の部分でヒントとなる情報は提示したよね?」という前提で話が進んでしまうと、一気に理解が難しくなる一面があるということです。エロゲでは本のように任意の前の部分にぱっと戻って読むことができないので、運悪く当該の情報提示部分をさらっと流し読みしていたりすると完全に置いていかれてしまい、この時ばかりは普段は鬱陶しく思うしつこい繰り返しに助けられたりします。

    なので、湾曲orストレートとはちょっと違う評価の軸として、重要な情報が示される回数というのはポイントになると思います。しかしそれは、情報提示の回数が重要度を暗に示してしまうということと表裏一体であり、ある意味「立ち絵が存在するキャラ」と同様に、エロゲがその構造上「隠したまま」進めていくことに無理があるものと言えるのかもしれません。

    1. 確かにそうですね -> 情報開示
      そのへん、せっかくのデジタル・メディアですから、感覚的に見返したり情報収集できたりするといいのかもしれませんね。示唆の回数ですが、まーあんまりしつこければそこにユーザさんも勘ぐってくれるのかなと思いつつ。
      まずは同人で色々試してみようと思っています。

      1. 同人での作品、非常に楽しみにしています。

        > 感覚的に見返したり情報収集
        私はこれも、デジタルメディアだからこそ難しいと思います。まだ本のほうが「この辺のページ」で探せてしまうかと。デジタルメディアの「検索」だと、探したいものがはっきりしている場合は早いですが、そうでない場合はきっかけをつかむだけで苦労してしまうと思います。ましてや対象が「一作品の任意のシーン」となると膨大で、「シーンに含まれる特定の情報」となればなおさら。「作り手の恣意によって限定された見返し方」を提供するのがやっとのような気がします。

        大和さんのものを含むいくつかの作品で見た技法なのですが、主人公の回想という形で過去のシーンをもう一度見せる。そのワンシーンの中にいくつかのセリフがある訳ですが、回想直後の主人公はあるセリフAに対して考察をする。しかし実際に重要なのは、そのシーンに含まれる別のセリフB、というものがあります。これは、重要なセリフBの提示回数を、重要だと知らせずに1回増やすことに成功しています。このようなベクトルに持っていくほうが、「感覚的に任意の情報を収集できるようにする」のよりも、デジタルメディアとして分が良いように感じます。尤もこのベクトルでは何をやっても「受け手が積極的に楽しめない」と突っ込まれてしまうのでしょうが・・・

        1. そうそう、紙の本のいいところってそこだと思うのですが、逆にわざとこちらからセーブ・ポイントを用意し、重要なシーンを残しておくとか、何か重要なことが起きた時に、それに関連するシーンを呼び出せるようにしたりとか。勿論それを呼び出さなくてもいいですし。
          それにしてもなかなかしっかり観察されていて、お恥ずかしい(汗>回想の考察

          1. なるほど、「呼びださなくてもいい」というのはいい案かもしれないですね。必ず参照しなければ進めないのではなく、参照すればストーリーで明かされるより先に自分で色々と考えることができ、しなくても読んでいけば後々内容が分かるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。