博多行きを考える

博多にはご飯を食べに行きたいと、もう 10 年以上前から言い続けている。名古屋大阪には、ご飯を食べるだけに行った。他にも北海道にもご飯を食べるためだけに行きたい。また、最近、博多に知り合いが出来たというのもある。
なのでせっかく四国にいるのだから、博多にまで行けないだろうかとちょっと色々調べて見た。

方法としては、全陸路とフェリーを使う二つがある。全陸路とは今治からしまなみ海道で本州に渡り、そこから山陽道→中国道で関門海峡を渡る方法である。一方フェリーを使う方法はいろいろあって、これがなかなか面白い。

いろいろ検討した結果、金額的にも時間的にも安いのは防予フェリーで柳井港に上陸してそこから山陽道に乗るというものだ。ただこれでも片道 18,000 円くらいかかる。往復で 36,000 円だ。これは下手したら東京⇔博多の飛行機代より高い(汗)。

というわけで、今回は諦めた……。しかしいつかご飯食べるためだけに博多に行きたい……!

さて、今日は吉野屋に行った(ヲイ
というのも、西日本では吉野家の味も違うからだ。
さっそく豚丼を注文。
ところが!
味、同じだった! たぶんだけど。東京で食べた時と同じ。同じにしたのかなぁ? それとも豚丼だから同じだったのかなぁ?

夜は媛彦温泉というところに行ってきた。愛媛と言えば道後温泉が有名なのだが、実は湯質は……ごにょごにょ。あれも日本書紀から出てきて有名なだけで、中身は……ごにょごにょ。権現温泉の方がまだ……ごにょごにょ。
媛彦温泉は単純泉だけど、けっこうぬるぬる。長い時間はいれるのがいいね。

1605139829 1605139832

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。