Twitter と縦長画像で戦う

縦長の画像に関して Twitter と格闘したって言うただそれだけの話。

以前、画像付きツイート Bot を作ろうとしたと書いたが、その画像というのはできれば全身のデータでツイートしたいと思っているものの、Twitter は正方形に勝手にトリミングして表示してしまう(そのトリミングされた画像をタップ(クリック)すると、画像全体が表示される)。
そのため、縦長の画像をツイートすると、以下の様に顔が表示されない。

上のツイートは左が全身のデータ、右が膝上のデータである。膝上だと、顔が表示される。
まぁ、セリフを言うだけの Bot だからそもそも表情さえ解ればいいっちゃいいんだけど、TPO に合わせて着ている服とかも全部変わるといいなと思ったのよ。自室でのツイートなら私服とかパジャマとか、お風呂でツイートしているとかだったら裸にしたいし。

もっと縦長のキャラだとこんな感じ。だけど、これ、直接 Twitter のサイトで見ると顔まで表示されてる(↓)。ちょっとだけだけど。う~ん、こっちのほうが縦横比的には縦長なのになぁ……。

まぁ結局は胸から上ぐらいが妥当なのだろう。やりたければ、せいぜい腰から上。
もしくは左右のスペースをめちゃめちゃとって、画像そのものは正方形にしてしまうとかねw

上のツイートは、縦と横のドット数を同じにして一対一の画面比にしてツイートしたもの。
やっぱりちゃんと全身表示された。ただ黒い部分の範囲が、キャラだけになっている。Twitter 本体で表示すると以下の様な感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。