横浜にデブになりに行く

今日は仕事が終わったあと(正確には忙しくて、戻ったらまた仕事するけど)、横浜へご飯を食べに行った。
目指すはダイナー料理を出すというそのままズバリな名前の『アメリカン ハウス ダイナー港山下店』。
ダイナー、ボクの中ではアメリカ料理と定義づけているが、日本ではなかなか食べられる店がない。
というか日本ではダイナーというとハンバーガーばっかり!
違うんだよ。身体に悪い料理はハンバーガーだけじゃないんだよ! 
ドーナツもそうだが、他にもベーコン・卵・ケチャップ・マヨネーズ、そして油。これらを使ったこれでもかっていうデブ製造メニューがアメリカでは目白押しだ。

というわけで、胸を膨らませつつ、横浜へ!
ちなみにすでに東京・神奈川では夜 22 時以降の営業自粛が呼びかけられていたが、ボクは行くことに躊躇はなかった。なぜなら、ドンキホーテの中にあることが地図によって確認されたからだ。ドンキホーテに店を出していると言うことは、店主のモラルもまぁ大したことないだろう。ということは営業自粛勧告なんて無視しているだろうという大いなる偏見のもと、出発したのだった(ぁ

結果、うまい、うまいよ。うますぎるよ。
やっぱりデブは太るものが好きなんだなぁ。
今回は一緒に行った人間がボクよりもダイナーに詳しいので注文は全て彼にまかせた。
特に気に入ったのが二枚目の写真にあるオニオン ブロッサム。タマネギのフライだが、フライドチキンの衣にけっこう近い(ので衣に味がついている)。そしてうまい。サクっと行ったかと思うと中はジューシー。手でもぎ取るようにして食べる。
フライドチキンはかなり衣が固かったw
サンドウィッチはステーキとローストビーフ。この肉のボリュームやすごし!
デザートはチェリーのパイ。
いやもう、お腹いっぱい。サンドウィッチのポテトはいらなかったかもしれない。

タバスコの写真は、片方がスモークなタバスコで、とても香ばしくて美味しかったので撮っておいた。普通に買えるっぽいので今度買ってみようと思う。

というわけで、アメリカン ハウス ダイナー、イイお店でした。ウェイトレスさんもかわいかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。