ひつまぶしと浅草

今日は土用の丑を食べ損ねた人たちで浅草へ行ってきた。浅草にはお気に入りのうなぎ・ひつまぶし屋さんがあるからだ。上司に教えてもらった店である。是非とも、食べ損ねた人たちにこの店のうなぎを味わわせたかったのだ。
まぁ基本的にレビューすることはなくて、前回の通り
茶漬けにしたかったから、今日は塩を頼んだ。他の人は普通に鰻を注文。ボクはまだまだひつまぶし初心者だけど、今のところひつまぶしとして食べるならタレより塩が美味しいと感じている。

食べ終わった後は浅草をしばらく散策。
この街はグルメ関係でも色々開拓したい町なんだけど、なかなか行く機会が無いんだよねぇ。たしか日本での洋食発祥の町とも聞いたことがあるんだよね。上野~浅草は洋食屋が多いイメージ。いろいろ食べ歩きたいなぁ……。
写真は気になる店構えを撮ってみた。オシャレな店がけっこう多くてびっくり。しかも古い建物をそのまま利用してるんだよね。商店街もなんか独特。黒毛和牛カレーパンも美味しかったし、紫芋アイスもおいしかった! なんかほんとにボクの日記は食べ物の話題ばっかりだな(汗)。

最後のラーメンと生姜焼きの写真は、ニコ生後の朝ご飯。
今日のニコ生はゲストが二人も来てくれて、しかもそのうちの一人は朝までお付き合いくださったという、いやいや有難や~。しかも有名なシナリオ・ライターさんなのに……ほんとに朝まですみませんでした。
で、そのライターさんたちと食べた浅草のラーメン屋……なんだけど、なんつーか、おばあちゃん家みたいなお店だった(^^; 味は……まぁ、昭和? って言えば解りやすいかな<マテ
1408012511 1408012513 1408012515
1408012517 1408012519 1408012523
1408012505 1408012524 1408012530
1408012535 1408012536 1408012541
1408012545
1408012550 1408012553 1408012554

うな鐵(浅草の鰻屋さん

rural_ay00o
プロジェクトでお世話になっている原画家さんの接待ということで、鰻屋さんに連れて行ってもらった。鰻屋というよりは、どちらかというとひつまぶし屋と言った方がいいのかも知れないが。名前は「うな鐵」(食べログ)。
ボクは知らなかったのだが、鰻に「塩」って食べ方があるのね。あのとろみのあるタレで食べる方法しか知らなかったよ。
で、なんといっても塩が美味しいと思ったのは、茶漬けの時。ひつまぶしはまず普通に食べてそのあとお茶漬けにするという食べ方があるのだが、塩のひつまぶしをお茶漬けにすると最高にうまい。さらにその場でわさびをおろして、辛みを加減しながら食べる。いままでひつまぶしって「面倒くさい食べ物(お茶漬けにしなくてもいいよね、的な)」という印象があったんだけど、塩を知って考えが改まった。

130823DSCF5329
おてもと

130823DSCF5340
おひつの蓋

湯飲み
湯飲み

ひつまぶしセット
ひつまぶしセット

タレ
タレ(二人前)

塩(二人前)
塩(二人前)

鰻のにこごり
鰻のにこごり

蒲焼き
蒲焼き

タレ
タレ