ホテルニューオータニと東京ゲートブリッヂ

この土日に京都から出てきた人から「ホテル ニューオータニのランチに行きませんか」と誘われた。ちなみにこの方は関西遠征の時に『中村藤吉』を教えてくれた人である。
ホテル ニューオータニと言えばあの回転する展望レストランである。
かの戦艦大和の主砲塔を回転させるメカニズムと同じらしいことで有名な。
興味があったので、行ってみた。

ホテル ニューオータニは三つの棟で形成され、ウェブサイトによると駐車場はガーデンタワー棟の地下にあるとのことだったので、そこに入れた。がどうやら、ザ・メインにもあるらしい。
実際の展望レストランに入って知ったのだが、回転しているのはこの階全体ではなく、外周部のみであること。そしてその床の部分が回っているだけで、窓などは固定されていると言うこと。
考えてみれば、そもそも階全体を回すとなるとその重量は相当なものになるわけで。
と言うわけで回る様子を動画で撮ってみた。黒い床の方が回る部分、フローリングになっている部分は固定床で、この固定床に料理が置いてある。テーブル席は回転する部分にあるので、料理の位置が時間と共に変わっていくのだ(笑)。
最初は近くても、回転が進むと共にどんどんと遠くなっていく。しかも戻ってくる時も毎回位置が変わっているので、テーブルに振られている番号を便りに戻ってくる感じ(汗)。
一周 70 分で、ランチは二時間だった。のでまぁほぼ二週できるということか。
回転は一定のように見えて、実は時々カクッカクッと速度が変わることがある。まぁ、老朽化のせいだとは思うのだが。それが微妙な揺れとなっているので、酔う人もいるかもしれない。

肝心の料理であるが、ホテルということもありビュッフェ スタイルをとっている。時計回り順でローストビーフ、中華、天麩羅、グリル、和食、サラダ類、果物・デザートと並ぶ。抜けているものもあったら申し訳ない。
味は……うーん、期待したほどではなかった。もちろん美味しい。グリル料理も柔らかいし、中華も味がしっかりしているし、あと給仕の人たちはサービスが行き届いていて、飲み物とかもなくなるとすぐに注いでくれるし、まったく問題はないんだけど……。
一応日本の三大ホテルに数えられる料理がこれでいいのか!?
もう一工夫、二工夫できるんじゃないの? って思う味が多かった。
まぁボクの期待値が高すぎたのかも。
その後、日本庭園で一休み。静かでいいところでした。鯉がでかい!
あと猫がいた。なんか保護色かっていうくらい敷石とおなじような柄ww
しかも微動だにしないの。触って何しても、ここは俺の場所だ!と言わんばかりだった。

1510256674 1510256675 1510256687 1510256683 1510256694 1510256700 1510256695 1510256703 1510256705 1510256710 1510256715 1510256723 1510256725 1510256726

(MP4 / 1080p / 15Mbps / 30fps / 0'47" / 85.1MiB / iPhone 6)

(MP4 / 1080p / 15Mbps / 30fps / 0'30" / 54MiB / iPhone 6)

午後、せっかく京都の人がいるのだからどこかに……と思いつつ、あまりいいアイデアは浮かばなかった。ということでボクもまだ通ったことがない『東京ゲートブリッヂ』を見に行くことにした。
トラスが変な形の橋である。
行って初めて知ったのだが、風力発電の風車が三つもあった(二基は『東京風ぐるま』、一基が『若洲風力発電』らしい)。
へー、東京湾でもやってるんだなぁ。
あと一応人も渡れるのだが、渡って向こう側で降りることが出来ない(汗)。 行って、戻ってくるだけ。
橋には人が登って渡るための建物が両側にあるものの、若洲昇降口というところでしか出入りできず、渡った先の中防昇降口では降りられないとのことだった。管理が大変なのかなぁ??

1510256731 1510256740 1510256745 1510256751 1510256753 1510256761 1510256764 1510256765 1510256771

(MP4 / 1080p / 10Mbps / 30fps / 6'29" / 471MiB / Marcus 4)