流山の角ふじ

5/30 に小麦粉を食べたばかりだというのに、また小麦粉を食べたくなった。今度は雅狼に行こうと思っていた。今回も 5/30 のときと同じ知人を誘う。本来は夜の 0 時に仕事を上がる予定だったのだが、なんだかんだで AM2:00。あっれっ、雅狼って何時までだっけ? AM2:00 までだった。うっほ!
でも確か、角ふじ系って夜遅くまでやってるはず!
と、記憶にある角ふじの時間を調べてみると……。

よし、南流山だ! 今ならまだ間に合う。ということで車をぶっ飛ばして、浅草橋から南流山に 2:24 に到着。
奇跡は起きた!

この流山店、入るのは初めて。この流山店のある道路はお世話になった会社さんの所に行くとき通るので、何度もその前を通っているのだが、お腹が空いているときに通ったことがなく、ずっと行けずじまいだった。
で、南流山店。味、けっこう違うんだね。こちらは最初からスープにニンニクの味が溶け込んでいた。
上に載っている醤油漬けのニンニクは、スープにつかってないモヤシと一緒に食べつつ、徐々にスープに溶かしながら食べた。相変わらずコクとか出汁とかそう言うのとは無縁の味だったけど、小麦粉は堪能出来た。こちら、大盛りの値段が無料だった。しかもグラムで指定出来る。
お客さんの中には 550g を頼んでいる人がいた。すごいなぁ……。
ボクらは 300g にしておいた(ぁ
1305030638

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。