出向先で小説を入力してみる

以前 iPhone で小説を書くという記事を書いたが、あの時は辞書がどうしてもボク用にカスタマイズされていないためにストレスがたまるばかりだという結論だった。もちろん書けないことはなくて、単文節変換でちまちまと入力していけば、まぁなんとかならないこともなかった。
とはいえ効率が悪すぎる。そこで、普段持ち歩いている Windows タブレット機で、しかも出向先で小説を書こうということを試してみることにする。とはいえ就業時間中は当然ムリなので、休み時間にすることにした。用意したのは折りたたみ式の Bluetooth キーボードである。以下の二つを試してみた。

リュウドの方はけっこう有名になったキーボードで作りがしっかりしているのが触ってすぐに解る。一方のミヨシの方は全体的に安普請である(汗)。まぁ、価格も倍以上違うのだから仕方ない。では何故この二つを試したかというと、実はボクは右側の SHIFT キーをよく使うのだが、リュウドのでは小さすぎて押し間違えることが多かったため、比較的右 SHIFT の大きいものも買ってみたしだいである。

キータッチはやはりリュウドの方が圧倒的に良く、キーの取りこぼしも少ない。
一方のミヨシはだだだーっと一気に入力すると取りこぼしをすることがよくあった。もちろんこの違いはボクの入力の仕方にも問題はある(クセのようなものだろう)ため、どちらがイイとは言えない。ボクの手にはリュウドの方がミスが少ないという話である。

ただ他の部分はミヨシのほうがいいのよねぇ。まずバッテリ。リュウドは単四乾電池だがミヨシは充電池が内蔵されている。充電池の寿命を心配するよりも乾電池を持ち歩くことの方がボクは億劫である。つぎに今どのモードなのかとかが LED でちゃんとお知らせしてくれる。リュウドの方はその辺はわりと省いてある(通向けと言うことか?)。

リュウドにはスマフォスタンドが内蔵されているのだが、タブレットでは使えないので、そもそもボクにとってはアドバンテージではないし……う~ん、困ったもんだ。

あと凄く些細なことなんだけど、ミヨシの方は左側に余白があるのね。まぁべつにいいんだけど、ボクはキーボードをぱっと見たとき、キーボードの全体の大きさを無意識に判断してホームポジションであろう場所に指を於いてしまうクセがあると言うことが解った。
つまりミヨシみたいにキーボードに余白があると、その余白とか関係なくキーボード全体からして F と J はこの辺だろうと手を置いてしまうため、ミヨシのキーボードの場合、2 キーくらい左に手を置いてしまうのだ。で、打ち始めて画面に出てくる文字が全く違うことに気付いて慌てて手の位置を直すという……(汗)。その辺、リュウドは左右の余白は同じなので特にホームポジションがずれるということはなかった。いままで気にしてなかった現象である。

出もこれを書いてて思ったのだけど、テンキー付きのキーボードの場合でも、特に問題なくホームポジションに手を置ける。なんだろうか? 左側の余白しか見てないって事なんだろうか?(ぉ

右側の写真は京王井の頭線の壁紙。桜(?)の花柄だったので、思わす撮ってしまった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。