はなまるうどんと、戦争への備え

今日のランチは、讃岐うどんにした。
はなまるうどん
讃岐うどんの中でも最底辺と言ってもいいだろう。
まぁでも、吉野家グループだし、吉野家応援してるし、いいかなと(変な理由

しかしここはいつも行っても並んでいる。
やっぱ讃岐うどんっていうのが魅力なのかねぇ? 外国人も並んでる。

讃岐うどん自体久しぶりに食べるので、大盛りを頼んでしまった。
さらに揚げ物をたくさんwww
磯辺揚げ好きなんだよね。海苔が入ってる奴。

ただコロッケは勢いで頼んでしまったが……失敗だった。
コロッケ蕎麦とかあるけど、ボクはあのそばのかえしやうどんの汁にコロッケが浸かったのでなぜかダメなのよね。天ぷらはぜんぜん OK なのに。同じ揚げ物なんだけどねぇ……謎だ(ぁ

またふと思った日韓関係の話
ボクはどちらかというと韓国と日本は本来は仲良く出来るならしておいた方がいいという考え方で、それは国際社会において韓国の果たす役割が、日本から見ていろいろあるからだ。北朝鮮情報のリークや韓国が共産圏との壁になってくれていることや、海洋資源の監視など、自由経済圏側としての韓国の役割というのは割とある。

このまま韓国が共産化することが本当にあり得るのかどうかはボクは解らないけど、もし韓国が完全に北朝鮮・中国側についた場合、自由経済圏の壁は我々日本が担うことになってしまう。はたしてその覚悟やメンタリティが今の日本人にあるのかというと……正直、厳しいというのが現時点でのボクの感想だ。

だから日本が普通の国になる=戦争できる国になるまで韓国には踏ん張って欲しいのだが、安倍さんはその気はないらしい。

で、思ったのが、安倍さん的には日本人に国防の意識を持ってもらうために韓国を挑発したり対話を断ったりしているのかなぁと。周囲が物騒になれば物騒になるほど改憲の意識は高まるだろう。だから韓国との罵り合いにわざわざ付き合っているのかもしれない。
しかし「軍」という言葉が出てきただけでヒステリーを起こす人がたくさんいるこの日本で、果たして国防の意識が持てるのかどうかなかなか難しい気がする。70 年もそういう時代が続いたのだから、これを変えるには同じ 70 年……とまでは言わないまでも、20 年 30 年はかかるのではないだろうか?

一番のショック療法は、おそらく北朝鮮に直接ミサイルを撃ち込まれるとか、韓国軍が実際に日本を攻撃して日本人がたくさん死ぬことだろう。そうしたら一気に日本人は国防に目醒めるかもしれないが、そのようなシチュエーションで目覚めた国防意識は質が低いだろう。戦争なら何をやってもいいというような思考に陥りかねない。
戦争とは経済活動の一つであり、外交手段の一つである。理性で実行しなければならないものなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。