中華楼だけでは間が持たん

今日の日記を書こうとしたら、Twitter はとくにこれといった発言がない。しかし、写真は中華楼に食べに行った写真がある。ので日記にしないわけにはいかないのだが、かといって中華楼だけでそんなに語ることもないぞ……どうしよう。

まぁ、中華楼である。浅草橋には美味しい中華料理屋が二軒ある。馥香と『水新菜館』だ。この二つをおさえておけば浅草橋で中華には困らない。が、この二店は高い。普通の値段帯で美味しい中華料理屋はと言うと、この『中華楼』と『上海ブラッセリー』である。

今日も中華楼に行ったらほぼ満席だった。奥の方が空いていたので、そこに通して貰う。
人気だなぁ。
頼んだのは回鍋肉丼だ。味噌醤が効いていて(甜麺醤?)、ご飯がすすむ。うまい。日本人は甘しょっぱいが大好きだ(笑)。その辺がよく解っている味付けである。
あっと今に食べてしまった(汗)。

ほら。もう書くことなくなった……orz

やっぱ成果主義がいいな……

クイズに正解しないと有給休暇が取れない会社とかあるらしい。おもろい。いや、笑い事ではないか。しかしこうやってみているとゲーム業界はブラックな所も多いが、一般企業より全然ブラックじゃないかも……と思わんでもない。給料で男女差別もないしね。

とは言え、ゲーム業界は裁量労働制の所が多いから、そもそも残業代がない会社も多い。というのも時間で給料を計算してしまうと、センスや技術のレベルが低い人、お金目当てで残業する人が圧倒的に有利になってしまうからだ。

ゲーム業界で優れた人というのは、クオリティの高いものを他の人に較べて短時間で作る。
なので裁量労働制がマッチする。ダメな人は時間もかかるし上がってきたもののクオリティが低いことも珍しくない。
とはいえ成果主義はひたすら自分を磨き続けなければならないという苦しさがある。年功序列みたいに属していれば勝手に給料が上がるなんてことはないからだ。自分で努力してクオリティを高めたり仕事の速度を向上させたり、効率をよくしていったりすることをしていかないと給料は一生上がらない。

あと気をつけなければならないのは、クオリティだ。これは実に難しい。と言うのも前の会社では凄く評価が高かったのに、転職したら作ったものが全然評価されないってのはよくあること。それは評価する人の好みがどうしても出てしまうからだ。
ロリコンなディレクタに「切れ目で等身の高い絵」を見せたところで、「なんだこれ」って言われてしまうのと同じように、クオリティに関してはそれを評価する人の好みや評価する人が育ってきた環境に大きく左右されるので、こればかりはどうしようもない。

なのでその会社に自分が合う合わないも、どうしても出てきてしまうのよね……。

下の写真は超久しぶり、中華楼。なんと 5 年ぶり
ここ、美味しいのに全然来てなかった。まぁ、遠かったってのはあるんだけど、会社が引っ越して多少近くなった。

味はやっぱりしっかりしてて、コクもあってしょっぱくなくておいしい。
写真はきのこのラーメンと酸辣湯麺。おいしかったー

中華楼(浅草橋の中華料理屋

bs_tuba01c
会社から一番近いセブンイレブンに行く途中に見た目凄い高級そうな中華料理屋がある。名前を「中華楼」。セブンイレブンに行くたびにイミテーションの値段を見てるんだけど、だいたい 1.5 ~ 2 倍くらい高い。なのでずっと遠慮してたんだけど、ついに意を決して行ってみた。

食べログの点数があんまり振るってないので失敗したかなとも思ったのだが、食べてみたら入って大正解。薄味でいながら味がしっかりしていて美味い。しかも辛い料理も辛すぎず、辛いのが苦手な人でも食べられるバランス。下味(?)がしっかりしているので、辛いのが得意な人でも物足りなさを感じない。あと酢を惜しみなく使っているのも個人的に好き。どの料理にも酢が使われている。お酢は大事だよね。

と言うわけでもっと早くから入っていれば良かった。ただ、お値段は一人 2000 円くらいかかってしまいます。

1312040216 1312040218 1312040219
1312040222 1312040223 1312040226
1312040228 1312040231