探偵部室とかケテルとかのアレ

1/2 summer という作品で、裏の世界は結局なんだったのかとか聞かれたり推察をみたりする。アレと同じ仕組みなのが、翼をくださいの探偵部室(とその奥につながる歯車の空間)である。前者はクロハが作り、後者は熾永が作った。どちらも天使なのでやっていることは同じというわけである。

これをどのように実現しているのかというと、これがまた難しい。というのもボクよりも彼女たちの方が頭が良いので、ボクには解らないというわけである<ヲイ

ただ、裏の世界は無数に存在する世界の一つで、クロハによってその世界に飛ばされている(多世界解釈)のではなくて、アレは確実にクロハによって作られた世界であると言うことに間違いは無い。なのでこの仕組みを使うと、例えば高速道路が混んでいるとき、混んでいる区間の空間(世界?)をいくつも作って渋滞を解消するなんてことも可能だ。
この時、合流視点はどうなっているのかというと、作られた世界と現実の世界が次第に織り混ざっていき、作られた世界はフェードアウトしていく。つまり現実世界からは、作られた世界にいた車が徐々に現実の世界にフェードインしてくるように見える。なので渋滞解決することにこの仕組みを使う場合、現実世界との合流地点に何らかの仕掛け(仮想世界用のレーンとか?)がないと、事故が多発してしまうであろう(笑

1/2 summer の場合、現実の神坐湖町(仙北市田沢湖)を元に 5 つに複製され、その町境にいくにしたがって空間は薄くなっていって、消えている。複製された世界にいる人がその範囲を超えて進むと現実世界に戻ってしまうか、もしくは永遠に出られないことになる(ここは黒翼がどうするかによる)。また、1/2 summer の方は時間の操作も入っているはずである。
翼をくださいの場合は、探偵部室は複製だが、その奥の歯車の部屋は別の空間(宇宙のどこか?)とつながっているといったような感じである。

ここで問題になってくるのが、エネルギー収支と生命の取り扱いである。おそらく複製するとき何を複製するのかは細かく設定できるはずである。そこには住んでいる人も複製するかどうかが決められる。そしてこれもおそらくだが、その世界が不要になったとき、複製されたものは消滅(デストラクト)するのだが、となると複製された人も消滅することになる。
また複製したまま放置していると中にいる人は餓死してしまうだろうし、川や海などはどうなるのかとか、整合性がとれなくなる要素はたくさんある(笑
例えば空間の分かれ目に複製する仕掛けがあって、現実世界を流れてきた川の水は複製されて、同じく複製された世界にも流れ込むとか。ってことはクロネコヤマトの車が境目にきたらそれも複製される?? でもそのクロネコヤマトは現実世界のが Amazon で何か買ったから来たんであって、複製された世界の汐は特に何も頼んでない場合、どうなるんだとか……。
考えれば考えるほど、ワケわからんことになるwww

きっと天使だから、なんか考えてるんだよ、角度とか。ってのがボクの頭脳の限界(ヲイ
この辺、最新の物理学とかに詳しい人がいたらもっとよい解決方法を思いつくことだろう。

話かわって、通勤に使っているバスの話。バスの車内ってなんか臭いするよねって前から思ってはいて、でも何の臭いだっけなぁとなるだけで思い出せなかった。けど、はたと思い出した。そうだ、ホームセンターの臭いだ。油の臭いと材木置き場の臭いがうっすらとするのだ。でも、油の臭いは解るけど、なぜ材木置き場なのかはちょっと解らないでいた。
ただよくよく考えてみると、材木置き場の香りはおそらくだが過去の記憶によるものかも知れないと思った。ボクは公共交通機関に乗ることが、たぶん他の人よりも比較的少なかった。そのためバスというと少々の頃乗っていた、木が床のバスの記憶が強い。油か何かが塗られたあの黒い木の床だ。それはまさに材木置き場の臭いだったのだ。
なので、バスの中の油の臭いとかがボクの記憶を刺激して、材木の臭いも勝手に連想してしまうのだろう。これはちょうど、車酔い体験をした人が、車内の臭いを嗅いだだけで気持ち悪くなってしまうという現象と同じなんじゃないかと思う。

ミョウガの季節。素麺やお蕎麦、そしてうどんにもミョウガを使っているのだけど、そういえばミョウガっていつから食べるようになったんだろうって調べてたら出てきた話。ミョウガに物忘れをさせる効果があるなんて迷信があったんだなぁ。って親にちょっと聞いてみたら親は知っていた。そうかぁ。

こういう動物や植物の迷信はファンタジーの作品を作る時に利用できるので、メモっておこう。

このツイートは 1/2 summer の話。イイネをつけてくれた人はそうと気付いてくれたのかな。まぁ、上の世界を複製する説明を読めば、その正体もわかると思う。

西武池袋線が止まる影響

朝、西武池袋線が止まっていると言うことはスマフォの通知で知っていた。朝っぱらから、ビコンビコンとうるさかったからだ。ただ、ボクはバスだから関係ないかくらいにしか思ってなかった。

ところがである。バス停で待っていても、バスがなかなか来ない。
なんだ、どうした!?
10 分ぐらい遅れて、ようやく来た。そして、すでに満員状態。

そうか、西武池袋線が動かないから西武新宿線や中央線・総武線に迂回しに来たのか……!
と、今頃のように悟ったのだった。これをスマフォの通知を受け取った段階で推理できてないとは、ダメすぎる……orz
推理できていれば、今日は吉祥寺まで車で行った方がよいと判断できたのに。

しかも西武柳沢ではほとんど人が降りなかった。つまりみんな吉祥寺駅まで行くのだ。
満員状態だと客の乗降にも時間がかかるわけで、大幅に遅刻してしまった。

ところで個人的に解せなかったのは、出向先の勤怠掲示板に西武池袋線が遅延のため遅刻という書き込みはボクだけだった。つまりこの会社には西武線沿線に住んでる人はボクだけなのだった……orz
くそー、渋谷にあるからって、なんだ!? みんな金持ちか!? そうなのか!?
沿線地価上位に住んでる人ばっかりか!?<ただのひがみ

理想の通勤タイミング

ボクは公共交通機関を使う場合、時間ピッタリが好きだ。
どういうことかというと、たとえば 12:34 発の電車に乗る場合、12:33 頃にホームに降り立つのが理想なのだ。要するに、待ちたくないのである。ホームに降り立ったら、そこにドアの開いた電車がいる。それが理想なのである。

コレを実現するのはそんなに難しいことではない。幸い日本の公共交通機関は時間に正確である。だから時刻表を元に行動すれば、ボクの理想の移動が可能となるのだ。また、通勤タイマーなんて便利なツールもある。

しかし、残念ながらこの行動はできないことが多い。
理由は簡単で、通勤時間帯は人が並んでいるからである。
特に座りたい場合は、時間ピッタリの行動をすることは不可能である。となると結局、予め並んでおくという行動を取らねばならず、そのためトータルの移動時間が長くなることになる……orz

ボクが公共交通機関を使わない理由の一つである。
そんなことするなら、車で行く、ってなってしまうのだ。

もちろんボクが移動に車を使う理由はそれだけではなくて、時間に囚われずに移動できるという利点を重視しているのだが、残念ながらこれも完璧な利点ではない。確かに普段はそうだし、終電が終わったあとも移動できる利点はあるが、通勤時間帯は渋滞が発生して、移動時間は短くならないし、災害が起きた場合は道路が使えない事が多く、こちらも車で来ている利点というのはまったくなかったりする(^^;

ところで系統番号吉63』の保谷駅行きバスの場合、長蛇の列になり、出発時点ではほぼ満員になるのだが、青梅街道に出る頃には立ち客はほとんどいなくなるばかりか、ちらほら空いている席も出る。つまり客のほとんどが吉祥寺通りを通っている間に降りてしまうのだ。なのでこのバスに関して言えば、別に立っても良いんだけどね<ヲイ

ゆっくりしていってね!

ボクは吉祥寺まで毎朝バスに乗って通勤しているわけだけれど、この路線バスの運転手って決まってるのかと思ったらそうでもなく、毎日違う運転士さんであることは解っていた。ただ、どうもサイクルはあるらしく、ある一定期間ごとに同じ運転士さんになる。
で、別に運転の個性を調べているわけではないのだが、ものすごくゆっくり運転する人がいて、まーとにかくこの人が担当すると遅刻するんだ(汗)。

通常、吉祥寺駅へは 30 分ほどでつく。道路状況が悪かったりバスが混雑していると、それよりもかかることがあり、これはもう運任せ。ところがこの運転士さん担当の時は、道路が空いていても、客が少なくても時間がかかる。
だって制限速度 -10km/h くらいで走るんだもの……。

「あ、今日は遅い運転士だな」って解る兆候があったりする。それは道路が渋滞してないのにバスの到着が予定より遅いとき(笑)。道路事情が悪い日は、ボクが乗るバス停のある道路も渋滞している。だからそれはもう最初から諦めが付くというもの。
ところがどうろがスッカスカなのにバスが来ないときがあるのだ(爆)。
んで、しばらくすると向こうの方からのったくったとバスがやってくるんだ……
あー、もうダメだ。今日はもう遅刻だ。

まー、何とか今日は間に合ったけど(笑い
バスの運転手で一喜一憂するハメになるとは、今まで生きてきて想像もしてなかったよw

なんつーか、ただの思いつきなんだけど、可能なら面白そうだなって思ってピックアップした。とはいえこの食品、実現できたとしても、医者の処方箋がないと食べてはいけない気がする。と言うのもモデル体型になりたいとか思ってる女性は過度の食事制限をして命に関わったりしてしまうらしいのだ。
こんな(彼女たちにとっては)夢の食品が出たら、際限なく食べてしまうだろう。

だがしかし、開発して欲しい。やっぱねー、デブは食うことに生き甲斐を感じちゃってるから、食っちゃうんだよねー<ヲイ

吉祥寺から出社してみる 2

さて、昨日は吉 66 系統というバスに乗って出社したものの、遅刻した。
今回は吉 63 系統での出社にチャレンジした。吉 63 と吉 66 のルートの違いを地図に書き込んでみた。

緑が吉 63 で赤が吉 66 だ。青はどちらも同じルートとなり、この青い線の先に吉祥寺駅がある。ボクの出勤時間帯は吉 63 は一時間に三本(20 分に一本)、吉 66 は一時間に二本(30 分に一本)で、吉 63 の方がメジャーなルートだと言うことが解る。
そして西武池袋線でいく時とほぼ変わらない時刻に家を出ても、吉 63 だと会社に間に合うことが解った。でもけっこうギリギリ。会社に着くのは 09:58 とかそれくらい(汗)。しかも大きな会社なのでエレベータ前で行列ができていることはしばしば。タイミングが悪いと 10 時を超えてしまうことも……。
しかしその前のバスに乗ろうとすると 20 分も前に家を出なくちゃいけない。

そんなのはいやだ!<ヲイ

というわけで、これからはしばらくバスで出社してみようと思う。

吉祥寺から出社してみる

1 月 2 月と西武池袋線で渋谷まで通勤してきた。
この通勤方法は電車の時間 30 分に対して、徒歩が 40 分というもので、自宅→駅/駅→出向先の徒歩に非常に時間がかかる行き方だった。さらに 10 時までに出社するため、電車の中は 8 時台には敵わないものの、お互いの身体が触れ合うくらいに混んでいる。

というわけで、他に行き方はないものかということを思案した結果、吉祥寺までバスで行き、そこから井の頭線で渋谷(正確には神泉)に出るというのを試してみることにした。

我が家から吉祥寺に行くバスは吉 63 と吉 66 の二系統がある。吉 63 は西武柳沢を経由し青梅街道を通るルートで、吉 66 は東伏見に寄ってから新青梅街道を通るルート。経験的に吉 66 の方が人気が無いことを知っていたボクは、吉 66 の通るバス停から乗ることにした。

結果的にこの行き方では 5 分程度間に合わないことが判明する。
しかしメリットもあった。まず歩かなくて良い。そして空いていて座れる。
バスは座れるだろうと思ってたが、なんと井の頭線も空いていたのだ。各停だと余裕で座れる。急行はムリしないと(列の先頭の方に並ばないと)座れない。

何よりも歩く歩数が半分以下となったのには驚いた。
所要時間はどちらもそんなに変わらなかった。また、バスは道路事情に左右されるため、場合によっては西武池袋線でいくよりも時間がかかるかもしれない。

ちなみに以下のツイートは、同じルートで帰ったときの感想である。
通勤時間が長いとつぶやいてはいるが、差は 5 ~ 10 分程度である。