羽根屋(出雲蕎麦

さて、今回の旅行一番最初のご飯である。出雲に来たからには、出雲蕎麦を食べたいと思っていた。とは言え、山陰に来るのは生まれて初めてで土地勘もあるわけじゃないし、元々東北に行こうと思っていたところを急遽山陰に変更したため、下調べをしているわけでもない。
と言うわけで、今回の旅は食べログに頼りっきりとなった。

食べログがオススメしてくれたのは「羽根屋」というお店。3.68(2015.03.23 当時)という高得点のお店。

行ったら、並んでた。
すげー。13:44 でこの混みっぷり、と思ったが、今日は土曜日だった(ぁ
駐車場はいくつかに分散されているようだが、運良くボクは店の前の駐車場に入れることが出来た。
並んでいる間にメニューを見て注文するものを決める。
なんと、うどんも有るではないか。と言うわけで、蕎麦とうどん両方頼むことにした。

出雲蕎麦の食べ方は独特である。割子という重箱に入って出てくる。まぁ、ボクが下手な解説をするよりも Wikipedia の方がちゃんとしているので、そちらを参照

出汁は東京並みにしょっぱい。甘みは東京よりも強く、出汁もおそらく違う。ただ東京と違い、割子の上に直接出汁をかけるので、濃いめに作られているような気がする。
蕎麦は蕎麦の風味がけっこう残っており、悪い言い方になってしまうがざらっとした感覚が残っている感じ。様々な薬味とともにいただく。

割子は段数を選べる。1 段~ 3 段まで。
常連客が多いのか、店の事情を知っている人が多く、さっさと食べてさっさと出て行く人が多かった。この割り切りが気持ちがいい。

と言うわけで、割子三段にうどんまで食って腹一杯。
満足満足。
あ、うどんのこと書くの忘れてた。
うどんはちょっとぬめっとした感じで、麺は柔らかめ。ぬめっというのは釜揚げ的な。水で絞めてない感じのうどんだった。

1411013682 1411013675 1411013676 1411013678 1411013680

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。