千葉もいいな!

今日は出社日。
仕事はかなり忙しい……。ここ最近の一日のサイクルはこんな感じ。ほぼ夜型に移行してしまったが、ボク個人的にはこちらの方が楽だ。でも身体には良くないのかな。ボク自身は決して夜行性の遺伝子は持ってないと思う。というのも身体の調子は昼型の方が良いので。

お昼は丼物が食べたいと言うことで、カールス ジュニアではなく『金子半之助』へ。
ここのアナゴはいつも見事だ。こんな立派なアナゴが安定供給できるのはすごいなぁと思いつつ……最近、江戸前(東京湾)でもアナゴは大漁だと聞く。

もともと海の幸が苦手だったボクにとってはアナゴはクセが少なく、食べやすい魚なのだ。

クリスマスツリーの写真はダイバーシティ東京のオフィス棟ロビーに飾られていたもの。
なぜかダイバーシティのオフィス棟はクリスマスの飾り付けに熱心だ。去年もそうだった。
どれくらい熱心かというと、各オフィスの入り口にはクリスマス リースが取り付けられる。ロビーとかだけではないのだ。

それともオフィスビルってそういうもの? でも正月にはここまでやらないのよね。

いや、やるのかな……年が開けたらどうなっているかちょっと楽しみではある。

さて、夜は知人の誘いで千葉へと繰り出すことになった。
彼とはとても長い付き合いで、それこそ幼少の頃からだ。彼はエリート コースに乗っていて、ボクとはまったく異なる人生を歩んでいるので基本的にボクのようなゲーム業界とかオタクとはまったく縁がないのだが、時々声をかけてもらっている。

行き先も彼が決めたものだ。

場所は千葉県長生村にある太陽の里という温泉施設。
昭和の雰囲気が少しするので、わりと古くからある建物なのだろう。そしてとても広い。雰囲気は旅館のような、往年のホテルのようなそんな感じで、フロントなんかも昭和のハトヤとかそういうのを彷彿とさせる。宴会場の作りなんかも。

湯質は黒湯。色は薄茶色。ナトリウム分有り。
ぬるめで長く浸かれる。
二時間以上入ってたんじゃないかなぁ……。
とにかく作りが広い! 東京のスーパー銭湯よりも作りに余裕があっていいね。風呂そのものも大きいんだけど、各湯船との距離も空いているので、ごみごみしなくてよい。そしてお客さんはまばらだったw
コロナ禍だからかなぁ。

お風呂から上がったらちょっと九十九里の海岸に出てみたけど、真っ暗でなにも見えなかったw
そして寒いw<当たり前だ

いやー、しかし台場から一時間もかからずに行けてしまうなんて、九十九里、近いなぁ。

ちなみに帰りは下道で帰った。それでも 1:30 分くらいだったかなぁ。
なかなか快適なドライブでした。

残念なのは海の幸が食べられなかったこと。太陽の里でも食堂はやってたんだけど、海の幸が食べられる食堂はすでに閉店。唯一、イカのすり身を使った唐揚げがあったくらいだった(三枚目の写真)。昼間に来ればはまぐりや伊勢エビを食える店が海岸沿いにたくさんあるのよね。

脱埼玉を目指している今(詳しくはこちら記事の一番下)、千葉を開拓するのもいいのではないか?
そんなことを思わせる、良い一時だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。