ゆず庵がない!

最近、気に入っている飲み物をご紹介。
午後ティーマンゴーラッシーティー。紅茶とね、マンゴーラッシーがボク的にはイイ感じのブレンドなのよ。甘すぎず、かといって紅茶が勝ってるわけでもない。マンゴーラッシーが勝ち気味ではあるけど。

甘いんだけど、わりと後味はスッキリ。

でもねー、なかなか売ってないんだよねー。仲良くなったスーパーに置いてあるので、今の所はそこで入手できるんだけど、あそでも売らなくなったらどうしよう……。

そしてもう一つが、お気に入りって言うか、びっくりしたお菓子。
森永キャラメルのガレットサンド
もうね、やばいwwww
甘さとクドさがwww
舌にも喉にもからみついて、さらにもさもさ。あのキャラメルの味で口内をパンチされまくる。口の中がパンチドランカー状態になる。一枚のカロリーが 140kcal。おにぎり一個にも迫るカロリーですよ!

さて、今日はホタルを見に行ったメンバーのウチ、関東に住んでいる人たちでしゃぶしゃぶを食べに行こうということで、ゆず庵 多摩境店に向かった。なぜそんな場所なのかというと、横浜町田に住んでいる人たちだからだ。

ところが! 先に着いたメンバーから「多摩境店は改装工事で閉店してます」という連絡がwww
ちょ、マジかwww
さてどうしようと思いながらボクが八王子インターから降りてまさに多摩境店まであと数 km というところで目の前に燦然と現れたのが、しゃぶ葉 橋本相原店であった! 他のメンバーもしゃぶ葉には行ったことがないということなので、そこにいくことにする。

まぁ内容はしゃぶ葉の過去の記事を当たって貰うとして、ショックなことが一つ。なんとこの橋本相原店にはベルギーワッフルを焼く機械が無かった! なんということだ、今日もベルギーワッフルにソフトクリームをかけて食べることに専念しようと思ったのに。
あと店員が無愛想! 国立富士見台店ではすごく丁寧にいろんな対応をしていただいたのに……

この辺は同じ系列の店でも違うもんだなぁ……。

SMTP Gateway、まさかの Diskfull

知人から、「メール送ったんだけど、はじかれるん」って Twitter で言われた。
なにそれ?
と思って、サーバの様子をみるも、どれもちゃんと動いてるっぽい。
ん~? とおもって、サーバとインターネットとの境界(Gateway)をになうサーバにログオンしてみると、ディスク容量がなかったwwww

いやん。

ということで、ディスク容量を確保し直す。
amatsukami.jp の SMTP Gateway(つまりメールの出入り口)は仮想サーバなのでディスク容量を増やすのは簡単だ。しかし……やってから気づいた、「そもそも余計なデータがあるんじゃね?」と。
SMTP Gateway は他に外向け DNSRedmine が動いてるくらいなもので、ディスクなんてたいして使ってないだろう。というわけで、メールサーバのキャッシュやら Windows の Temp ファイルだのを消したらスッカスカになった。

くそー、ディスク容量なんか増やすんじゃなかった(元々 256GB だったのを 512GB にした)。

下の写真は串竹の日替わりランチ。今日はロースカツと豚テキ。味噌ダレの豚テキが白いご飯によくあう。そしてロースカツはソースがいらない、それこそ塩もなくても楽しめる。サイコーのお店である。

新卒がなくなる方向になっていくのか?

なかなか興味深い記事をみつけた。

新卒を廃止するというものだが、よくよく読んでみると、新卒という概念がなくなるわけではないようだ。とはいえ、これは大きな一歩のような気がする。
何が大きな一歩か?

ボクは企業の採用は中途採用しか存在しなくて良いと考えているからだ。
そもそも仕事とは自分がやりたいこと、もしくは自分に向いている(と少なくとも自分は思い込んでいる)仕事に就くべきであって、仕方なくやる仕事はその人の人生をいろいろと蝕む。仕事は仕方なくやるものと考えて仕事をされると、クオリティは落ちるし、不正もしやすい。
また仕事に対する将来の展望がないと、学生時代、遊ぶことしかしない。一番肉体的にも頭脳的にもノリにノっているときに勉強しないなんて!

いやもちろん、遊びも本気の遊びならいいと思うけどね。それが仕事になるから。

まぁそんなわけで終身雇用も崩れてきて、欧米型になっていくのであれば、中途採用をやめ、さらに大学なんかも入りやすく出にくい構造にしていく必要があると思う。給与形態だけ終身雇用を辞められても困る! 新卒や大学に入りにくく出やすいという構造は終身雇用が前提になっているはずだ。

やきそば弁当とびっくりドンキー

近くのスーパー行ったら見慣れないカップやきそばを売っていた。でもメーカーは東洋水産(マルちゃん)。一緒に来ていた同僚が、北海道でしか売ってないヤツだと言うではありませんか。

大人買いしますた!<バーカ

なぜ「やきそば弁当」なのか?
それはスープが付いているから。
お椀ないよ?
110 ℃まで耐えられる使い捨てコップがあったのでそれでスープを作った。
味は……ごめん、よくわからない。
フツー?
液体ソースがあんまり好きじゃないのよね。どうしてかというと、お湯って切っても多少残るじゃない? そこに粉末ソースだと、カラッとやきそばができあがるんだけど、液体ソースだと余計にベチャッてしちゃうんだよねぇ……だから液体ソースの時は念入りにお湯を切る(^^;
ちなみにこの切ったお湯でスープを作る。でも普通にお湯で作った方があっさりかもなー。
あと、けっこうお腹いっぱいになった。
1506223422 1506223425 1506223430 1506223434

んで、夜はびっくりドンキーで晩御飯。
なんか珍しく、びっくりドンキーにステーキが!(季節メニューだけど)
でもボクは安定のカリーバーグディッシュ(ヲイ
カリーバーグディッシュしか頼んだことないかも、っていうくらいカリーバーグディッシュ。
美味しいよ、カリーバーグディッシュ。ハンバーグなのにカレーにも挽肉が入ってるんだよ(キーマほどドライではない)! もう挽肉づくしなんだよ、カリーバーグディッシュ(しつこい)。
1506223436 1506223438

お笑いの世界の給料ってすごいな

ボクはバイトを除くとゲーム業界でしか仕事したことがない。ので他の業界の事というのはよくわからないのだけれど、いわゆる「自分がやりたい仕事だから、給料なんて安くていい」という部類の仕事だとは思っている。この手の仕事は、アニメ業界、漫画業界、芸能界なんかが上げられるんじゃないだろうか?
で、以下の動画はお笑い業界の話。

週休一日で働いて月給 15 万円。
そればかりか舞台が週 5 日、TV が週 1 本、営業が週 2 本入っていて、月給が 12,000 円。しかもその舞台、チケットが買い取りで、買い取った分を自分で売らないといけない。
他にも 5 時間のラジオ番組の MC で交通費込みで 2000 円。

凄い世界だ! 金額も凄いが、そうまでしてお笑いの世界で頑張りたいという人がいることがすごい。お笑いの人ってこういった修羅の場所を通ってトップに登っていくんだなぁ。
そう考えるとゲーム業界にはここまでガッツのある人は見たことはない。

だが、だからといって上のような給料でいいのかというと、決してそんなことはない。別に給料が低いから新人が育つわけでもないしね。ただ上の給料を聞いてもお笑い業界に入ってくる人が止まらないというのがすごく羨ましい。
それだけ裾野が広いということ。
裾野が広ければ広いほど、天才も入ってくる確率はあがるし、天才だけでなく、努力も必要になるからトップのレベルってのはどんどん上がっていく。

ところで動画には「自分の舞台のチケットを自分で売る」という話が出てくる。ボクの周囲は音楽家が多いのだが、実は音楽家も同じで、自分でチケットを売る(もちろん全部ではないが)。
こういうのがエロゲ業界にはない。たとえば、ゲームがマスターアップしたあと、上司からゲームのパッケージ 20 本渡されて、「これ売ってこい」とは言われない(笑)。なんか別に言われてもいいような気もする(爆)。
ほら、保険屋もさ、就職したらまず家族から入れるって言うじゃない?
それと同じようなことなのかもwww

ちなみにアミューズメント(ゲーセン)の世界では、会社から大量の百円玉を渡され、色んなゲーセンで自社のゲームをプレイしてこいとか言われたりする。それでランキングや稼働率を稼ぐのだ。こちらは自腹を切る必要は無いが、なかなか生々しい話である。

おまけ。ネットで以下の動画が話題となり、白バイ隊員に批判が集まっていた。
が、やはり悪いのはタクシーだと思う。
どんな状態でも止まれなければならないわけだから。だってこれが白バイに限らず、子供が飛び出してきたなんてこともあるわけで。ちゃんと前を見ましょう、車間距離をとりましょうということ。
事故をおこさなかった上で、白バイ警官に「あぶねえだろ、中途半端な動きするんじゃねぇ」の一言くらいは言っていいと思うけどね。ボクもよく、パトカーで道ふさいで職質している警官には、どけろって文句を言うよ(笑)。

今度はあじさいです

(あじさいの写真データのダウンロードはこちら
もう 6 月も下旬。頭に薔薇の写真を撮りに行ったが、6 月と言えばあじさいである。是非とも色の濃いあじさいの写真を撮りたい。ということで箱根か、鎌倉か……と思いを巡らす。
箱根は電車に乗らないと見られない。
鎌倉のあじさい寺はきっと凄い人だろう。
ということで、群馬は渋川にある『小野池あじさい公園』に行ってきた
実は渋川を選んだ理由がもう一つある。それはボクがお気に入りの洋食屋月夜野にあるからだ。そこで晩御飯を食べるために、渋川を選んだ(汗)。

小野池あじさい公園は駐車場が最初どこにあるかわからず、ムリヤリ公園の入り口に車の鼻を突っ込んで、初めて駐車場の場所を知る(汗)。
行くとそこそこ人がいた。
ぶっちゃけてしまうと、県外からわざわざ来るような場所ではない(^^;
わりとこぢんまりした公園。
まぁでも色の濃い写真がいくつか撮れた。
1506203326 1506203392 1506203386 1506203375 1506203372 1506203368 1506203365 1506203362 1506203357 1506203346 1506203339 1506203337

役に立つかわからないけど、資料用に元サイズのあじさいの写真を置いておきます(iPhone / 210MiB / ZIP / 73 枚)。
途中フッ素が発見されたので立ち入り禁止っていう場所が合った(汗)。フッ素ってそんなに怖いもんだっけ? 歯磨きに入ってる奴じゃなかったっけ?

そのあと榛名山をくるっとまわって、お気に入りの洋食屋「あすか」へ。天気よくなかったので、渋川の温泉街がもやもやになってしまった(汗)。動画は伊香保温泉の町並みから榛名山、そして寂れた榛名湖畔を流したもの。
1506203396 1506203402 1506203404 1506203405

(MP4 / 720p / 60fps / 5Mbps / 12’57” / 492MiB / HPf310 / 4 倍速)

あすかでファミレスよりも安い値段で、おいしく洋食をいただき帰ってきた。
ボクはオーソドックスにミックスグリルを注文。ソースがしょっぱすぎなくて、ちょうどいいんだ。不思議だったのが前菜の野菜のスープ。最初、野菜の出汁だけの薄味のスープなんだけど、クリーム チーズを入れたとたん、すっごい濃厚な味に。
この味の変わり様はびっくりした。
1506203408 1506203409 1506203415 1506203416 1506203421

久々に気に入ったフォントを見つける

rural_ay00k
Windows Vista が出てからと言うもの、ボクは「メイリオ」というフォントが気に入っている。Vista をインストールした時から、TAMA Networks のデフォルト・フォントにもつかっていた(もちろんメイリオがない環境では表示されないが)。端的に言ってしまうと丸ゴシックなワケだが、小さい文字でも比較的読みやすかった。
ただどうしても濁点と半濁点の区別がつかないこともあった。「ぺ」「べ」「パ」「バ」とか。
で、最近 Migu というフォントを知った。

これは濁点が少し誇張するように配置されていて、なかなか読みやすい!
というわけで、今、メイリオに代わり、自分の PC では主にこちらをつかっている。あと 0 に斜線が入るのも懐かしいなぁ。「0」と「O」を区別するために数字の 0 には斜線を入れるというのがその昔あったのだ。
で、このフォントのことをつぶやいていると、別のフォントを教えてくださった方がいた。

ところがこちらは TTF ファイルとしては配っておらず、フォントを生成しなければならなかった。しかも UNIX 環境。Cygwin かー。フォントのためだけに Cygwin 入れるのもなぁ……。しかもクソ忙しいし。なんて思っていたのだが、ずっと心の片隅で気になっていた。
というわけで、Linux 環境を持っている人間に生成してもらった。
うん、こちらも綺麗。だけど、Migu に較べてちょっと面積取るなぁ。というわけで、今のところ Migu を愛用中。

MeiryoUI
Meiryo

migu1c
Migu 1C

ricty
Ricty