わかさぎリベンジ 坊主編

まぁ、タイトルがすべてである(爆)。
順を追って話す。
朝 6 時頃起きた我々は、さっそく松原湖へと向かった。天気は午前中はちょっと曇っていたが、10 時頃にもなると雲もすっかりなくなった。松原湖に着いたのは 7:00 頃、ところが松原湖入り口にある駐車場は満車。そこでみんなを降ろし、ボクは近くの駐車場を捜す。
するとその入り口の駐車場の隣にも駐車場があったので入ってみたのだが、その駐車場を利用するには、当然その駐車場の持ち主である店を利用しなければならない。他にも駐車場があるかもと思い、この店をあとにしようとしたのだが、この店には湖畔から湖面近くまで降りるような構造になっていて、けっこうな坂になっている。これが、エスティマでは上れなかったのだ。最後の最後で凍結した部分が続いていて、そこを何度チャレンジしても乗り越えられなかった。
結局、このお店でいくつかのレンタル品を借り、駐車場を借りることになった。
 (MP4 / 720p / 24fps / 1Mbps / 2min59sec / 170MB / iPhone 4S)

先に降りた組と合流したのは 8:00。すでにテントが立てられていて、釣りの準備が進められていた。問題は氷の穴開け。必要な穴は 4 つ。とりあえず二つは前日で使われたであろう穴を使った。こちらはすぐに穴が開いた。しかし、0 から開けようとした穴は一向に開かず、結局貫通するのには 2 時間もかかった。

朝 10 時、本格的に釣りが始まる。実はこの時点で、秘書さんが 2 匹、ボクが 1 匹釣っていた。そして穴が 4 つ空き、本格的に釣りが始まってから、一匹も釣れないことになる。魚探を持っていない我々は、とにかくひたすら色んな人が開けた穴をつかって、釣り場を点々とする。
しかし、釣れない。本当に釣れないのだ。
だが、周りの客の様子を見ても釣れている気配はあまりない。

結果的に朝の 8 時から釣り始め、17:30 まで、釣れたの先の 3 匹だけだった。秘書さん 2 匹、ボク 1 匹、あとは坊主。30 匹は釣れると息巻いていたアレは、なんだったのか。また釣り経験が浅い我々は、どうして釣れなかったのかも解らない。
うーん……もうちょっと釣りに明るい人がいれば良かったのかなと言うか、そもそもボクは釣りに関しては全くのど素人だ。釣り堀にうじゃうじゃいるニジマスさえもまともに釣ったことがない。その辺に根本的なミスがあるような気がする。
まずは釣り堀に行って、釣りというものがどういうものなのかをちゃんと知る必要があるのではないか……。

その後、冷えた身体を癒やすために、この松原湖からちょっと山を登るとある「八峰の湯」に入った。でね、その時にお風呂の中でお客さんと話をしたんだけど、その人は 4 人で来て 1 匹しか釣れなかったらしい。アレー? 松原湖ってひょっとしてあんまり釣れない?
で、さらに驚愕の事実が。秀吉が地元の人と会話する機会があり、聞いたところによると、「え、なんで松原湖なんかに来たの?」とか「あそこは釣れないよ」っていう証言が続出。ええええ、どうなってんの!? 湖畔にはわかさぎの釣り具を貸すレンタル屋が 2 軒も連なっているのに!? それに昨日だって 200 匹釣った人がいるとか言ってたのに!?

そんなわけで、松原湖がクソなのか、ボクらがクソなのかよく解らなくなってしまった。
1402230513 1402230517 1402230523 1402230526

 

わかさぎリベンジ 下見編

14 時頃起きて、まずは温泉へ。そこでゆっくりとつかれと汚れを落とす。
ボクがよく行くのが「泉温泉健康センター」というところ。ここはお風呂の種類とかあまりないし、露店もないんだけど、なんと言ってもお湯がぬるぬる。お肌が本当につるつるになる。

それから遅い朝ご飯を車中でとりつつ、わかさぎ釣りの舞台となる湖へ。
場所は、松原湖。秘密基地から松原湖までは 31km。時間にして 1 時間をみていたが、さすが田舎道、1 時間もかからずに到着した。
とりあえず、下見ということで釣り道具をレンタルしているお店とかに聞き込み調査。また、ここでボクが忘れていたわかさぎの餌もゲット。餌はずっと我々の中では謎だったのだが、やっぱりウジ虫だった。
色がつけられているのか、ピンク色のウジ虫だった。
それから実際に、湖の上に出てみる。
思ったのが、松原湖はそんなに大きな湖ではないということ。で、ここでボクがミスをした。地図の縮尺を勘違いしていたのが原因なのだが、こんなに小さな湖ではないはずだ……と思ったのだ。そしてよく見ると、湖の入り口には「猪名湖」って書いてある。アレー、これは違う湖なのでは?
ということで、もうちょっと山の方に登ってみるも、他に湖はない。そしたら秀吉が別の看板で、「松原湖(猪名湖)」って書いてあったよ、と。うへ、ごめんなさい。

というわけで、改めて湖に降りる。

(MP4 / 720p / 24fps / 1Mbps / 17sec / 16.6MB / iPhone 4S)

人はそこそこまばらにいた。想像してたよりは賑わっていた。
釣りができるのは 6:30 ~ 17:00 まで。ボクらが湖に着いたのは、17:00(爆
釣り具レンタルの店員に聞いたところ、今日の最大の釣果は 200 匹とのこと。ほほう、俄然やる気が出てくる。以前は 3 時間かけて 10 匹、朝からやれば 30 匹以上いけるはず……!!

このあと、晩御飯を食べようと言うことで店を探す。しかし清里方面には夜遅くまでやっている店がないことを知っていたボクは、逆の小諸佐久方面に何かあるだろうということで、北上して佐久に向かう。その間、秘書さんがお店探し。秘書さんの iPhone 5S が大活躍である。
で、見つかったのが「磯すき亭 市」というところ。途中、ホームセンターを見付けたので、いくつか道具を購入。佐久へ……。

ご飯のレポートは、別記事で書きます。

それから秘密基地に帰還。
ニコ生放送で状況を報告し、就寝となった。下の写真はホームセンターのつらら。でかかった。
1402220454

 

わかさぎリベンジ 出発編

2/21 ~ 24 のあいだ、ウチのブランドのニコ生放送用ロケに出掛けた。今回も運転と宿の手配などをしたので、そちら側からの視点でレポートしたいと思う。ちなみに放送内容はこちらで見ることができる。
まずは、金曜日の夜から土曜日の昼までを記してみたいと思う。旅程はおおむね以下のような感じである。

  1. 23:00 頃、浅草橋出発
  2. 00:00 頃、たまきん宅に着替えなどを取りに行く
  3. 01:00 頃、ドンキホーテ(東八三鷹店)で買いだし
  4. 02:30 頃、談合坂 S.A.
  5. 03:30 頃、秘密基地到着
  6. 05:30 頃、雪かき終了
  7. 14:00 頃、起床

みんなで食事を取り、それからいったん、ボクの家へ。と言うのもボクは前々日くらいから泊まり込みで仕事をしていて(その時は泊まりになるとは想定していなかった)、着替えなどが会社になかったので、家に取りに行ったのだ。
それから中央道を目指すわけだが途中のドンキホーテで足りないものや遊び道具を調達。バットやフリスビーなどはここで入手した。
中央道は先週降り積もった雪が未だに残っており、ほとんどが一車線規制。速度が 50km/h ~ 80km/h とかなりスロースペースでの移動となってしまった。

目指すは山梨県は北杜市の清里である。そこに別荘があるので、今回はそこを基地とした。宿泊費、無料だしね。だがこの宿泊費が無料というのが、逆に「じゃぁ、いくらでもロケが延ばせるね」ということになってしまったので、以後の教訓としたい(爆)。

なんだかんだで清里に着いたのはいいのだが、駐車場が膝上くらいまでの雪で埋め尽くされていた。当然、車が入らない。別荘は道路から駐車場部分と庭がありその奥に建物がある。そこで、車一台分が入るところだけ雪かきすることになった。
が、シャベルなどはない。
というわけで、近くのコンビニに借りに行く。
それから 1 時間以上、雪かき。ついてそうそう雪かき(汗)。

そして 5:38、ようやく別荘の中に入ることができた。

それからちょっとビデオを回して、寝てしまった。本来ならば、土曜日の朝 6:30 に湖に着いている予定だったのだが、流石に雪かきなどで披露していたので、実際の釣りは日曜日と言うことにして、土曜日は下見ということになったのだった(ぁ
写真は左上から順に、「談合坂サービスエリア」「秘密基地から見た、朝の景色。6:30 頃」「ここから見えた富士山」「秘密基地に垂れ下がっていたつらら」である。動画はドンキホーテ東八三鷹店から談合坂 S.A. までを録画したもの。
1402228130 1402228146 1402228172
140221DSCF5904


(MP4 / 640x360 / 24fps / 1Mbps / 43min39sec / 344MB / iPhone 4S)

ワカサギ釣り

ボクが所属しているブランドで、ニコ生放送をしている(コミュニティはこちら)
この放送は広報の一環ではあるが、それとは別にブランドの中の人がどんな人かと言うのを包み隠さずさらけ出すという目的もある。ユーザさんとよりフランクにコミュニケーションが取れたらと思っている。で、その放送の中でユーザさんからの一言が始まりだったように思うが、記憶は定かではない。

とにかく、ワカサギ釣りに行き、そこでワカサギの魚拓をとるということに決まった。
実際の放送は、こちらで見ることができる。

TAMA Networks Lives ではこの時のディレクタの視点からレポートする。

まず、朝の 5 時に起きて関係者を拾いに行く。秘書さんところと Massan と、そして秀吉。全員が揃ったのが8:00。それから一路、東北へ。目指すは福島県にある檜原湖。元々は榛名湖に行く予定だったのだが、地元の観光協会に電話して確認したところ、榛名湖が凍結するのは 2 月で、氷上で釣りたいなら 2 月以降に来るように勧められたので、もう少し北にある檜原湖に決まったのだ。
1401180354

途中、那須高原サービスエリアで休憩し、11:30 に檜原湖に到着した。
とは言えどこで釣ればいいかとかはまったく調べていなかったので、道の駅へ。雪に埋もれていて、何が何だか解らない(笑)。
1401187827 1401187833 1401187841
1401187847 140118DSCF5841 140118DSCF5842

それからネットでアタリをつけて走っていると、ワカサギの釣り道具一式レンタルの看板を見付けたので、その店に入ってみる。話を聞くと、一人 4,000 円かかるという。えー、と、ネットで調べて見ると、檜原湖はどこもそれぐらいかかるらしい……orz
ぼったくりだ。
ただ氷の上とはいえ、暖房完備の釣り場である。檜原湖は全面凍結してるのだが、お店の人曰く、場所によっては足が取られる場所があるとのこと。じゃぁいきなりドボンと落ちるのかというと、そう言うワケではなく、ずぶっと行くのでその時点で下がれば大丈夫と説明された。
1401187913 1401187919 1401187896

ワカサギ釣りそのものは初めてで、お店の人(鬼軍曹と言うらしい)から教わる。ワカサギは動いているものに飛びつく修正があるらしく、色んなパターンで動かしながら、5 秒くらい止めて、また動かすをくり返す。
ただ「棚」がよく解らず、結局、どういうときにどう動かすかとか、糸の長さをどう変えるかとかがよく解らず、ただひたすら釣っていた。ボクの釣果は 3 時間で 10 匹だった。ただ、秘書とボクは電動の竿で、秀吉と Massan が手巻きというハンデはあった。また檜原湖は水深が 15m もあり、手巻きだと大変なのだ。

結果的に全員の釣果は 18 匹だった。
あと檜原湖はあんまり自由に氷上で遊べない。釣りが終わったあと、野球をしたり、羽根つきをしたりする予定だったのだが、氷上は常にスノーモービルが行き交い、また入っちゃダメなところもあり、まったく遊べなかった。

帰りは食事を取り(これは別記事で書きます)、郡山で温泉に入って帰路についた。
みんなを送って家に着いたのが 1 時過ぎと、日帰りにしてはいい成績だったと思う。この手の強行軍日帰り旅行は、日帰りと言いつつなんだかんだで朝方に帰ってきて、翌日はまったく仕事にならなかったりするのだが、今回はそのようなこともなく、釣果を除いては良い旅であったと思う。